妊活中の女性は、いつから禁酒すべきなのでしょうか?

妊娠超初期や妊娠中のアルコール摂取が、胎児に与える影響やデメリットは?

飲酒習慣のある酒好きな女性が知っておくべき、妊活中の禁酒について解説します。

妊活中は、いつから禁酒すべきなのか?

妊娠して妊婦になったら、飲酒がダメだということを知っている人は多いでしょうか、妊活中なら、いつまで飲酒OKなのか、どれくらいなら飲んでも良いのか?

詳細を調べてみても、医師でも見解が異なり、実際にどう考えるのが良いのかが、わからないことがあります。

なぜ、妊活中の女性に対する飲酒の明確な指針がないのか?

それは、「飲酒が赤ちゃんに与える影響の全てが、現時点では明確になっていないから。

だから基本的には、飲酒が良くないということがわかっているものの、その判断は現場の医師によって異なってしまう状態だからなんです。

でも明らかになっていることは、妊婦の飲酒は明らかに胎児の健康状態や発育状態に、悪影響を与えることが明確になっていること。

だから、妊娠中の飲酒やアルコールの摂取は禁忌。

でも実際にどんな影響が出るのかと言えば・・・

妊婦の飲酒習慣により胎児が受ける先天性疾患

妊婦の飲酒習慣によって起こる胎児の先天性疾患には、幾つかの身体的な影響と、神経的な影響などに分類して考える事ができます。

妊婦の飲酒習慣により胎児が受ける先天性疾患は、「胎児性アルコール症候群」と呼ばれ、アルコール依存症の母親から生まれる子供の30%が発症しているとも言われるほど。

アルコールの摂取量に比例して、胎児性アルコール症候群のリスクは向上しますので、妊娠中の飲酒は出来る限り止めましょう。

胎児性アルコール症候群の原因と治療法は?

胎児性アルコール症候群の原因は、妊娠中の女性の飲酒によるもの。

妊娠中の女性が食べたり飲んだりして、摂取した栄養は胎盤を通じて赤ちゃんに送られます。

胎盤には、風邪などのウイルスを排除する仕組みはありますが、アルコールに対する防御反応はありませんので、そのまま赤ちゃんに届けてしまいます。

成長過程の胎児では、肝臓が十分に機能していないので、胎盤を通じて摂取したアルコール分を分解することが出来ずに、体内に長時間滞在します。

一般的には、母親の2倍以上の時間、赤ちゃんの身体にはアルコールが残っており、酔っ払ったような状態に。

体内にアルコールが滞在する時間が長いことで、胎児の発育や健康状態に様々な影響が出てきます。

しかも胎児性アルコール症候群には、治療方法がありません。

でも予防方法はありますので、妊娠したら、飲酒を含めたアルコールの摂取を止めること。

そうすれば、胎児性アルコール症候群を発症することはありませんので、必ず実施するようにしましょう。

胎児性アルコール症候群の症状とは?

胎児性アルコール症候群は、どのような症状が出るのか?

一般的には、

  • 顔面に形成不全が現れる
  • 中枢神経に障害が起こる
  • 妊娠中や出産後の成長が遅れる

顔面に形成不全が現れる

胎児性アルコール症候群を発症すると、特徴的な顔つきになります。顔つきには、個人差がありますが、主に下記のいずれかや複数の特徴があります。

  • 全体的に平たい顔つきをしている
  • 頭が小さくなる
  • 顎が小さくなる
  • 目が小さくなる
  • 上唇が薄くなる
  • 鼻が小さく低くなる
  • 鼻と上唇の間隔が狭く、縦溝(人中)が浅くなる
  • 耳が小さく、下の方に付いていて反りが目立つ

中枢神経に障害が起こる

精神発達の遅れ、ADHAなど、中枢神経の発達に障害が起こります。生後すぐに症状が出る場合と、成長につれて症状が強くなる場合があります。

  • 小脳低形成
  • 知的障害
  • 運動障害
  • 直線歩行困難
  • 難聴
  • 斜視

妊娠中や出産後の成長が遅れる

妊娠中のアルコール摂取が多い母親から生まれた赤ちゃんは、明らかに低身長や低体重の傾向が高く、出産後の成長も遅れがちになることがわかっています。

アルコール摂取量が1日60g(ビール1.5リットル)以上を妊娠初期に摂取していた場合には、低体重や小頭症を発症することがほとんどです。

  • 低身長・低体重の子供が生まれる
  • 栄養を摂取しても、体重が増えにくい
  • 栄養障害が起こり、低体重になりがち
  • 心臓に奇形が発症しやすい
  • 女の子の場合、鳩胸になりやすい

妊娠中の飲酒量はどのくらいで胎児に影響が出るのか?

胎児性アルコール症候群を胎児が発症することで、様々なリスクがあることがわかったと思います。

では妊娠中の全ての女性が完全に禁酒して、妊娠期間を過ごし、元気な赤ちゃんを出産しているのか?と言えば、それもイコールではありません。

妊娠中の飲酒量の安全性に関する目安は、現時点では世界的にも安全な水準や基準が明確になっていません。

日本人女性は、元々飲酒量、飲酒機会も少なかったために、そういった研究が進んでいないのも事実。

だから、妊娠中のアルコール摂取は、完全にダメだと言われてきたのです。

でも、妊娠期間の10ヶ月を完全に禁酒できない人がいるのも事実です。そこで安全だと言われている妊婦の飲酒量や飲酒習慣を紹介します。

妊婦が飲酒する際に摂取量の目安とは?

  • 1杯未満:胎児への影響はほぼない
  • 6杯以上:胎児の奇形リスクが上昇
  • 8杯以上:胎児性アルコール症候群の発症率が30〜50%

ここでいうアルコール1杯とは、ワイングラス1杯もしくは、ビール350mlか、日本酒コップ半分です。

妊婦が飲酒する際に摂取頻度の目安とは?

確かに摂取量が増えることで、胎児性アルコール症候群を発症するリスクが増えるので、なんとなく理解できますが、飲む頻度についてはどうなのか?

少量でも毎日飲酒すると、胎児の中枢神経の発育に影響が出る可能性が。

さらに毎晩ビールを大瓶で3本以上(1.8リットル)飲むと、胎児性アルコール症候群や発育不良のリスクが大幅に高まります。

少量の飲酒でも毎日続くことで、胎児への影響が出ますし、1度に大量に飲むのも胎児性アルコール症候群のリスクが上がる。

コップ1杯の晩酌だから・・・妊婦さんの場合は、安易に考えない方が良いという事。

やはりできるだけ、妊娠中の飲酒は控えるようにしましょう。

妊娠超初期のアルコール摂取の胎児への影響は?

妊娠超初期とは、妊娠0週〜4週までのこと。

この間のアルコール摂取は、実はまだ胎児への影響が少ないと考えられています。

その理由は、まだ胎盤が形成されていないから。

だから母親が食べた栄養成分が、胎児に届けられることはないので、影響が少ないんです。

実際に多くの女性がこの時期にアルコールを摂取していても、健康で元気な赤ちゃんを出産していますが、やはり泥酔するほど飲むのは別の話です。

妊活中ということであれば、妊娠力の低下にもつながりかねないので、程々の飲酒にしましょう。

妊娠初期のアルコール摂取の胎児への影響は?

妊娠超初期とは、妊娠4週〜15週までのこと。

この時期は胎盤で母体と赤ちゃんがつながり、脳や臓器などの体が作られる時期なので、飲酒やアルコールの摂取は禁止です。

胎児性アルコール症候群のリスクを考えると、どれだけ危険なことなのかがよくわかると思いますので、お酒のお誘いは徹底排除しましょう。

妊娠16週以降の妊娠中期や妊娠後期になると、体調が安定してくることもあり、少しなら・・・と気が緩むこともありますが、赤ちゃんにとってはアルコールは不要なもの。

成長を遅らせないためにも、しっかり禁酒を継続しましょう。

それと出産後でも授乳中にアルコールを摂取すると、母乳に影響が出ますので、断乳するまでは禁酒し続けることは基本です。

妊活中の飲酒は卵子の老化や質の低下のリスクが!

妊活中のストレスは、お酒を飲んで発散する。

たまに少量なら、そういうことも良いかもしれませんが、暴飲暴食レベルでアルコールを摂取すると卵子の老化や質の低下が起こる原因に。

お酒を飲んだ際に摂取したアルコールは、肝臓で分解され、無害化されて体外に排出されます。

実はアルコールの分解時に、大量の活性酸素を発生させます。

活性酸素が増えすぎることで、酸化ストレスに変化し、酸化ストレスが、卵子の成長に影響を及ぼし、卵子の質の低下や老化の原因になります。

卵子の質の低下は明らかな妊娠力の低下。

妊活中の女性にとっては、避けるべきことですよね?だから今日から完全に禁酒といっても難しいでしょう。

妊活中の飲酒は計画的にコントロールしよう!

ここまで妊活中や妊娠中の飲酒やアルコール摂取のリスクを紹介してきましたので、そのリスクは十分にご理解いただいたと思います。

では、今日から禁酒してください。

なんてお伝えしても、嗜好品であるアルコール摂取を急にやめるのは難しいでしょう。

だからもし、妊娠したいと考えていたり、妊活しようかな?と思っているなら、そのタイミングで、アルコールの摂取量と摂取機会を減らし始めるのが良いでしょう。

妊活中に急に禁酒することは、ストレスを溜めることになり、これも妊娠力の低下の原因のひとつ。

週末に1〜2杯の飲酒なら、妊活中でもそこまで影響がないですし、ストレス発散に繋がるなら、その方が妊娠できる確率が高まるでしょう。

妊活中はお酒とうまく付き合う事を意識して、程よい飲酒習慣を実践するようにしましょう。

最近は、ノンアルコールも販売されていますし、ビールよりも赤ワインなら、ポリフェノールの抗酸化作用を実感することも可能。

急に完全に禁酒ではなく、あなたの現状に合わせた飲酒習慣を実践しながら、徐々に禁酒に移行する。

そうすることで、妊活もうまくいくでしょうし、お酒の量も減るでしょう。

妊娠したら禁酒が基本。それを理解した計画的な行動が最も良いと思いますよ。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

妊活アプリおすすめランキング、排卵日が予測でき妊娠に役立つ!

最近の妊活では、無料で排卵日を予測してくれる妊活アプリが人気。 特におすすめな妊活アプリをランキング形式で紹介。 排卵日が予測で…

妊活離婚の現実。夫婦の温度差や認識の違いを埋める方法とは?

妊活が原因で起こる妊活離婚という現実が増えているのを知っていますか? 妊活に対する夫婦の温度差や認識の違い、旦那さんの非協力的な状況が…

葉酸サプリメントの選び方と効果。妊娠初期の摂取でリスク軽減!

妊娠中や妊活中の女性には、葉酸サプリメントの摂取が基本だと言われる理由は? 葉酸サプリメントを妊娠初期に摂取することで、どのような効果…

不妊整体や鍼灸の効果で、目指せ子宝!不育症も改善できるの?

不妊整体や不妊鍼灸に通うことで、身体の内側から妊娠しやすい状態に改善できるんです。 でも実際にどんな効果があるのか?費用の目安は?不妊…

妊活中の花粉症対策はどうすれば良いのか?薬は服用可能なの?

妊活中や妊娠の花粉症対策はどうすれば良いのでしょうか? 市販薬や処方薬は服用可能なのか、それともアレルギー症状を我慢すべきなのか。 …

バランスボールで妊活。妊娠力が高まる運動方法を紹介します!

バランスボールを使ったストレッチや骨盤矯正が、妊活に役立つ効果があるのを知っていますか? 妊娠力が高まると話題のバランスボールエクササ…