妊娠中や妊活中の女性には、葉酸サプリメントの摂取が基本だと言われる理由は?

葉酸サプリメントを妊娠初期に摂取することで、どのような効果や効能があるのでしょうか?

葉酸サプリメントの摂取で副作用やデメリットは起こらないのか?

最新版人気の葉酸サプリメントランキングや効果的な商品の選び方、妊婦に役立つ葉酸の情報を紹介します。

目次

アメリカは妊娠可能な全ての女性に葉酸サプリメントを推奨!

2017年1月10日、アメリカの米国予防医学専門委員会(USPSTF)が、出産が可能か、妊娠を考えている全ての女性に葉酸サプリメントの摂取を推奨。

これは、胎児の先天性異常リスクを軽減させる目的です。

最初からビックリするような話題ですいません。でも新証拠を再調査した上での、アメリカでの発表事項なので、日本でもこれが標準化されるかもしれません。

米国予防医学専門委員会では、妊娠が可能な全ての女性に対して、葉酸400~800μgを含むサプリメントを毎日摂取することを推奨しています。

葉酸を妊娠可能な女性が摂取する理由は、胎児の脊椎や脳に対して、発達異常が生じるリスクを低減できることが複数の研究で証明されているから。

さらに報告書では、「サプリ摂取の効果が最もよく現れる時期は、受胎の1ヵ月前に始まり、妊娠の初期の2~3ヶ月を通して続く。」と記載されています。

厚生労働省も妊娠可能な女性に葉酸の摂取を推奨!

欧米で葉酸サプリメントの摂取が推奨されているのは、胎児の二分脊椎と無脳症の発症リスクを軽減するため。

しかし厚生労働省の場合には、神経管閉鎖障害の発症リスク低減のために、葉酸の積極的な摂取を推奨しています。

その報告書では、「妊娠可能な年齢の女性が自らの判断に基づき、神経管閉鎖障害の発症リスクの軽減のために葉酸を摂取すべき」と記載。

神経管閉鎖障害とは、先天性の脳や脊椎の癒合不全のことで、二分脊椎も無脳症も定義上含まれているようです。

葉酸はどのタイミングで摂取すべきなのか?

厚生労働省の通達では、葉酸を摂取するタイミングは、妊娠1ヶ月前~妊娠3ヶ月の間。

摂取期間という点では、米国予防医学専門委員会と同じ期間を推奨しています。

妊娠初期のタイミングで、葉酸不足になると、流産や死産のリスクも上昇し、先天性障害を持って生まれるリスクが上昇します。

でも問題になるのが、妊娠1ヶ月前のタイミング?

どんなに計画的に妊活を行なっても、妊娠や受精、着床のタイミングを知ることは出来ません。

妊娠1ヶ月前ではなく、妊活中だったり、妊娠を考えている場合には、葉酸の積極的な摂取は必須というわけです。

妊娠初期の母体では、葉酸の消費量が倍になる

妊娠前や妊娠初期の母体では、赤ちゃんを作るために細胞分裂が活発に行われます。

その結果、妊婦さんの体内では、通常の2倍近い量の葉酸がどんどん消費されます。

特に妊娠0〜7週目にかけての「 細胞分裂期」には、脳や脊椎、内臓などの非常に大切な部分が作られるので、その時期に葉酸が不足すると先天性障害の原因に。

だからこそ、そのタイミングで母体の葉酸が不足しないように、葉酸サプリメントなどで毎日摂取し続ける必要があります。

葉酸は水溶性のビタミンなんで、体内に蓄積することが出来ず、摂取し続けないと不足状態に陥ります。

妊娠初期に葉酸サプリメントが欠かせない理由は、

  • 通常時に比べ、葉酸の消費量が大量になるため
  • 赤ちゃんの脳や脊椎、内臓を作るのに必要だから

元気な赤ちゃんを出産する為にも、葉酸サプリメントでの葉酸の摂取を厚生労働省も推奨しているというわけです。

摂取時期による葉酸が妊婦や胎児に作用する効果とは?

厚生労働省の考える葉酸の摂取推奨量と、そのタイミングごとの作用や効果を紹介します。

この表をチェックすることで、葉酸が妊婦や胎児にどのような影響を与えるのかが、よく理解できると思います。

妊娠してから葉酸サプリメントを摂取しよう、と考えているのでは遅いんです。

着床率や妊娠力のアップにも、葉酸の作用が効果的。

妊娠を考えているなら、妊活中なら迷わずに葉酸サプリメントを摂取するようにしましょう。

葉酸の摂取期間 葉酸サプリメントでの推奨摂取量 この時期の葉酸の効果や作用は?
妊娠前・妊活中(妊娠計画時期) 1日400μg 子宮内膜を厚くすること(強化)による着床率の向上や受精卵保護による妊娠力の向上
妊娠の1ヶ月前~妊娠3ヶ月(妊娠0週~11週) 1日400μg 出生児の神経管閉鎖障害のリスクを70%低減させる他、自閉症のリスクの低減、流産リスクの低減等
妊娠初期:4ヶ月(妊娠12週~15週) 1日400μg 自閉症のリスクの低減・流産リスクの低下・子宮内胎児発育遅延予防・貧血予防
妊娠中期:5ヶ月~7ヶ月(妊娠16週~27週) 1日240μg 血中のホモシステインを抑制し流産のリスク低減・早産予防・妊娠高血圧症候群予防・貧血予防
妊娠後期:8ヶ月~10ヶ月(妊娠28週~43週) 1日240μg 貧血予防・免疫機能や消化管機能の向上
授乳期(授乳婦) 1日100μg 造血効果による母乳の出の向上・産後の子宮回復力の向上

妊活中の葉酸不足で起こる神経管閉鎖障害とは?

妊活中や妊娠を考えている女性に厚生労働省が、葉酸の摂取を推奨している理由が、神経管閉鎖障害のリスク軽減

そもそも、神経管閉鎖障害とはどんな症状なのでしょうか。

神経管閉鎖障害には、2種類の症状があります。

  • 脳の形成不全である無脳症。

無脳症とは、胎児の脳が形成されていない状態、もしくは欠損している状態のこと。ほとんどが死産となりますが、まれに出産できる場合もあります。

しかし無脳症の子供は、生後1週間程度で死亡することがほとんど。

  • 脊椎の障害である二分脊椎。

二分脊椎には、潜在性と顕在性の症状がありますが、胎児の場合は、顕在性の二分脊椎がほとんどで、胎児の脊髄が形成されない場合や欠損している状態。

水頭症(頭囲のサイズが大きくなる)や脊柱の変形、腫瘤などの状態になるので、外部からも確認できます。

胎児の神経管閉鎖障害は、どのタイミングでわかるのか?

胎児の神経管閉鎖障害が発見されるタイミングは、主に妊娠検診の際のエコー検査です。

無脳症は、妊娠11〜14週頃のエコー検査で判明。

このタイミングで頭部がハッキリ写らなかったり、欠けている疑いがある場合には、母体の血液検査と羊水検査で胎児の神経管閉鎖障害の状態を確認します。

二分脊椎は、妊娠16〜20週の頃のエコー検査や血液検査、羊水検査で判明。

胎児の神経管閉鎖障害が発覚した場合には、無脳症の場合にはほとんどが死産、二分脊椎の場合には、後遺症を考え堕胎を選択することがほとんど。

日本の胎児の神経管閉鎖障害の発症率は?

日本では10,000人に6人の確率で、神経管閉鎖障害が発症。

年間、673人の胎児が神経管閉鎖障害を発症していますので、見逃せない発症率です。

その原因は、やはり葉酸不足だと考えられています。

妊婦が妊娠前から葉酸を積極的に摂取していた場合、神経管閉鎖障害のリスクを60〜75%低下させることができる。というのが欧米での研究結果。

だから厚生労働省も妊娠可能な女性には、自主的に葉酸の摂取を推奨し、神経管閉鎖障害の胎児が生まれるリスクを回避したいわけです。

葉酸不足以外の神経管閉鎖障害の原因は、遺伝・妊娠中の環境(糖尿病・肥満・喫煙・ビタミンAの過剰摂取・坑てんかん薬の服用・放射線等)であると考えられています。

葉酸は食品と葉酸サプリメントのどちらが良いか?

妊娠を考えていたり、妊活中の人が葉酸を摂取した方が良いことが、なんとなくわかったと思います。

でも葉酸は・・・

  • 食品から摂取した方が良いのか?
  • それとも葉酸サプリメントの方が良いのか?

実際にどちらが効果的な摂取方法なのかと、悩んでしまう人もいると思います。

そこで葉酸をどのように摂取するのが良いのかを紹介。

葉酸を摂取できる食品とは?

葉酸は天然のビタミンなので、生野菜やレバーなどに含まれています。

アスパラガスや枝豆、ブロッコリーやモロヘイヤ、アボカドなどの野菜類以外にも、うなぎやイクラ、豚レバーや鶏レバー、うにや牡蠣などに豊富。

実際にどんな食材に葉酸が豊富なのかがわかるように、葉酸を摂取できる食品ベスト10を紹介します。

第1位  枝豆(400μgの目安量:3人前)
第2位  モロヘイヤ(400μgの目安量:1袋半)
第3位  ブロッコリー(400μgの目安量:8個)
第4位  芽キャベツ(400μgの目安量:18個)
第5位  ほうれん草(400μgの目安量:2束)
第6位  菜の花(400μgの目安量:1/2束)
第7位  水菜(400μgの目安量:3束)
第8位  アスパラガス(400μgの目安量:11本)
第9位  いちご(400μgの目安量:2パック)
第10位 納豆(400μgの目安量:6個)

食品から葉酸を摂取しようと考えた場合、かなり大量に摂取しないと難しいですね。

葉酸を消失しない調理方法は、蒸し料理や電子レンジを使ったもの。

さらに、ビタミンCとビタミンB6、ビタミンB12と同時摂取で葉酸の吸収率が高まりますので、合わせて摂取するようにしましょう。

食品の葉酸は、調理の際に失われやすいことと、摂取量の50%しか体内に吸収されない特徴があるので、厚生労働省は天然葉酸を推奨していません。

そうなんです。

実は厚生労働省も産婦人科医も、葉酸は葉酸サプリメントでの摂取を推奨しています。

葉酸サプリメントでの摂取が推奨される理由とは?

でもなぜ厚生労働省や産婦人科医は、葉酸の摂取を天然の食品ではなく、葉酸サプリメントを推奨しているのか?

それはすごく簡単な話で、神経管閉鎖障害の予防効果を実証したのが、葉酸サプリメントだったから。

という話。

そうなんです。葉酸サプリメントを摂取することで、実際に神経管閉鎖障害に対する効果を確認したから、食品よりも葉酸サプリメントを推奨しています。

さらに、葉酸の吸収率にも大きな違いがあったんです。

葉酸サプリメントと食品の葉酸は吸収率が大きく違う

葉酸葉酸と言っていますが、葉酸にも幾つかの種類があります。

  • 天然食品の葉酸は、ポリグルタミン酸型葉酸。
  • 合成成分の葉酸は、モノグルタミン酸型葉酸。

実は人間が葉酸を摂取した際に、ポリグルタミン酸型葉酸は、腸内でモノグルタミン酸型葉酸に変換して、吸収されるという仕組みがあります。

その際に、ポリグルタミン酸型葉酸は約半分も消失してしまうので、吸収率が非常に低いんです。

わざわざ吸収率の低いポリグルタミン酸型葉酸を摂取するよりも、最初から吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を摂取した方が、効率が良いですよね?

ポリグルタミン酸型葉酸の場合は2倍必要!

このことを言い換えると、ポリグルタミン酸型葉酸の場合には、モノグルタミン酸型葉酸よりも2倍摂取しないと同じ量にならないともいえます。

ポリグルタミン酸型葉酸の吸収率は、僅か50%です。

しかも現代の20〜30代の女性が普段の食事で摂取できている葉酸は、1日平均230μg。

厚生労働省が推奨しているのは、妊娠1ヶ月前から400μg。

今の食事量を2倍にしないと摂取できないという現実に直面します。

妊娠やつわりで体調が不安定な時に、単純に食事量が2倍になったらどうしますか?

私なら、食べきれる自信はありませんし、考えただけで気持ち悪くなります。

一応、女性なので、体重とかも気になりますし・・・。

そういう意味でも手軽に確実に摂取できる、葉酸サプリメントのモノグルタミン酸型葉酸がおすすめというわけです。

葉酸サプリメントで摂取が基本とわかっても、様々な商品が販売されているので、実際に何を基準に選ぶと良いのか?

効果の高い葉酸サプリメントの選び方を、次の項目で紹介します。

葉酸サプリメントの選び方、このポイントをチェック!

葉酸サプリメントを妊娠、妊活中に選ぶ際に、実際にどのポイントに注意して選べばよいのか最初はわからないですよね。

そこでより安全で、効果的な葉酸サプリメントを選ぶポイントを紹介。

この選び方を基準にすれば、はじめての葉酸サプリメント選びでも悩まずに、決定する事ができますよ。

葉酸サプリメントをチェックすべきポイントは7つ!

  1. 摂取量が400μg以上か?
  2. 天然由来のモノグルタミン酸型葉酸サプリメントか?
  3. 食品添加物は無添加のものか?
  4. ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCが配合されているか?
  5. 放射能チェックを行っているのか?
  6. ニオイや味は大丈夫か?
  7. コスパは良いか?

摂取量が400μg以上か?

厚生労働省が推奨しているのは、葉酸サプリメントで1日400μgの葉酸です。

だから、400μg以下の含有量では意味がありません。

最近の妊婦や妊活中の女性向け葉酸サプリメントの多くが、1日あたり400μgを摂取できるようになっていますが、必ずチェックしてください。

もし大量に摂取しないと400μg/日にならないのであれば、そのような葉酸サプリメントは選ばないことが基本。

天然由来のモノグルタミン酸型葉酸サプリメントか?

厚生労働省が推奨している葉酸サプリメントは、モノグルタミン酸型葉酸です。

モノグルタミン酸型葉酸にも、実は2種類あります。

  • 野菜や果物や酵母から抽出した葉酸を、モノグルタミン酸型に変化させた葉酸サプリメント
  • 化学成分で合成したモノグルタミン酸型葉酸を使用した、葉酸サプリメント

確実に天然由来のモノグルタミン酸型葉酸の方が、安全性が高いでしょう。

消化吸収の際に、肝臓や腎臓への負担にもならない点を踏まえても、天然由来のモノグルタミン酸型葉酸を使用したものを選びましょう。

食品添加物は無添加のものか?

妊娠初期や妊活中にあえて、食品添加物を摂取する必要はありません。

でも葉酸サプリメントの中には、無添加ではない商品も存在します。

合成保存料や合成着色料、甘味料などが含まれている葉酸サプリメントは、継続的に摂取することで、体へのデメリットも考えられます。

そういった意味でも、無添加のものを選ぶのは基本。

ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCが配合されているか?

葉酸の吸収率や効果を高める成分である、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCを同時摂取できる葉酸サプリメントは特におすすめ。

ビタミンB6は、つわりを軽減してくれる働きがあり、アメリカではつわりの治療に使われる成分なので、妊娠初期の摂取は非常に大切。

ビタミンB12は、葉酸とともに妊娠初期の赤ちゃんに大切なDNAの合成や細胞分裂をサポートする作用がありますし、妊娠中の貧血予防・防止にも必要な成分です。

さらに、妊娠で乱れがちな自律神経のバランスも整える作用があるので、つわりの軽減やつわりの抑制にも効果が期待できます。

ビタミンCは、体内に吸収された葉酸を活性型に変換する作用があるので、葉酸の効果を高める作用が期待できます。

放射能チェックを行っているのか?

東日本大震災以降、食品(野菜や果物)からセシウム(放射能)汚染が確認されることもあり、放射能チェックの重要性が高まっています。

セシウムは胎児の奇形や障害リスクを高める危険な成分なので、放射能チェックを行なって未検出の葉酸サプリメントなら、安心して摂取することが出来ます。

原材料に対する放射能チェック、出来上がった商品に対する放射能チェックのふたつが基本。

ニオイや味は大丈夫か?

妊娠初期のつわりで、ニオイや味に敏感に反応するようになります。

そのため、ニオイが強かったり、味に特徴があるサプリメントの場合には、飲めなくなってしまうことも。

無理して飲み続けることがストレス。

ストレスは、妊娠初期の赤ちゃんの成長や母体の健康にも良くないことなので、無理なく摂取できるニオイも味も少ないものにしましょう。

コスパは良いか?

ここもすごく大事なことです。

葉酸サプリメントは、妊娠前1ヶ月〜妊娠後3ヶ月の摂取が推奨されています。

ある程度の期間、飲み続けなければならないという話。

だから効果が高くても、値段が高くて続けられないような商品だと意味が無いんです。

最低でも4ヶ月、妊活の期間によっては、数年飲むわけです。

上記6つのポイント+続けられる価格帯であることも葉酸サプリメントを選ぶ際の大切なポイント。

おすすめ葉酸サプリメント人気ランキング

上記の選び方をして、販売されている葉酸サプリメントを比較した際に、実際にどの葉酸サプリメントが良いのか?

実際に私が飲んでいた葉酸サプリメントは、どれなのか?

ということも気になる人もいらっしゃると思いますので、「 おすすめ葉酸サプリメント人気ランキング」として、特におすすめ度の高い3つの葉酸サプリメントを紹介します。

ベルタ葉酸サプリ

おすすめ葉酸サプリメント人気ランキングの第3位は、「 ベルタ葉酸サプリ」です。

ベルタシリーズなので、酵素ドリンクやプエラリアサプリを飲んだことがある人も、いらっしゃるかもしれません。

ベルタ葉酸サプリの特徴は、

  • 葉酸摂取量:400μg
  • 葉酸の種類:天然由来のモノグルタミン酸型葉酸
  • 食品添加物:無添加無配合
  • その他の栄養素:27種類配合
  • 放射能チェック:実施済み
  • ニオイと味:粒小さめでニオイなし
  • コスパ:悪くはない

みんなが一押しにすることが多い、ベルタ葉酸ですが、私は3位です。

なぜか、「 モンドセレクション金賞受賞」だから。

モンドセレクションって、日本人が出品者の8割以上を占める、1100ユーロで買える賞なんです。

だから、ベルタ葉酸のモンドセレクション金賞受賞もお金で買ったようなもの。という個人的なイメージの悪さが・・・。

それと栄養機能食品とは、トクホと違って、企業が国が定めた成分の範囲内に収めることで使える表現だから、効果効能を実証するものではないという点。

しかし豊富な栄養を摂取できるので、人気が高い葉酸サプリメントであることには、違いがありません。

葉酸サプリメントを売るために、知識のある人が作った感が払拭できないので、3位にしました。

愛され葉酸サプリ

おすすめ葉酸サプリメント人気ランキングの第2位は、「 愛され葉酸サプリ」です。

ゴマキが妊活に使っていたことでも話題の葉酸サプリメントが、愛され葉酸サプリ。しかも第二子まで妊娠している信頼性の高い商品。

愛され葉酸サプリの特徴は、

  • 葉酸摂取量:400μg
  • 葉酸の種類:天然由来のモノグルタミン酸型葉酸
  • 食品添加物:無添加無配合
  • その他の栄養素:乳酸菌とDHAが特徴的
  • 放射能チェック:実施済み
  • ニオイと味:粒小さめでフレッシュレモン風味
  • コスパ:悪くはない

愛され葉酸サプリの特徴やメリットは?

愛され葉酸サプリと他の葉酸サプリメントとの大きな違いは、乳酸菌とDHAが配合されている部分でしょう。

乳酸菌で腸内環境を改善し、妊娠中に陥りがちな便秘の解消に役立ちます。

便秘がひどいと、有害成分や有毒ガスなどが発生し、血液に混ざり赤ちゃんの発育にも良くない影響が・・・。

DHAが配合されていることで、赤ちゃんの脳の発達にも役立ちます。

何よりもフレッシュレモン風味なので、つわりのタイミングでも飲みやすい味付けだし、粒も小さくて飲みやすい。

当然、天然由来のモノグルタミン酸型葉酸配合なので、葉酸不足にもならずに妊娠初期の赤ちゃんの発育にも効果が期待できます。

愛され葉酸サプリの注意点は?

愛され葉酸サプリを購入する際に、お得なのが 定期購入特別割引を利用する購入方法。

通常7,980円の愛され葉酸サプリが、37%オフの4,980円まで安くなります。

でもこの定期購入コースには、ひとつだけデメリットが。

それが、6回の受け取りが必須という部分。

妊活中だったり、妊娠初期に葉酸が必要なので、6回の受け取りを採用する会社が多いですが、途中解約できないというのは、理解しておきましょう。

でも、妊娠中期になったり、合わない時には電話1本で解約できるので、その部分はすごく安心。

後藤真希さんの第二子妊娠で、私の周りのママにも愛用者が急増している愛され葉酸サプリ。


愛され葉酸サプリの公式サイトで詳細をチェックする

はぐくみ葉酸

おすすめ葉酸サプリメント人気ランキングの第1位は、「 はぐくみ葉酸」です。

実際に私も妹も妊活の時に使っていたのが、このはぐくみ葉酸ですので、その効果も実証済ですし、妹も私も元気なベビちゃんを出産しています。

はぐくみ葉酸の特徴は、

  • 葉酸摂取量:400μg
  • 葉酸の種類:天然由来のモノグルタミン酸型葉酸
  • 食品添加物:無添加無配合
  • その他の栄養素:20種類以上も配合
  • 放射能チェック:実施済み
  • ニオイと味:粒小さめでレモン風味
  • コスパ:最も良い

はぐくみ葉酸の特徴やメリットは?

はぐくみ葉酸を作っているのは、「はぐくみプラス」という会社で妊活・妊婦・育児中の方向けのサプリメント専門。

だから、徹底的に原材料や配合成分にこだわっています。

アセロラ・オオバゲッキツエキス・レモン皮エキス・ケイヒエキス・グアバエキス・ホーリーバジルエキス・セスバニアエキス・アムラエキス・ベニノキ種子エキス・サンゴカルシウム、どれも自然のもの。

自然由来の天然素材が特徴的な、はぐくみ葉酸。

葉酸摂取量が500μgと他の葉酸サプリメントよりも多めなんです。

ポリグルタミン酸型葉酸(天然葉酸)100μgと、モノグルタミン酸型の葉酸(合成葉酸)400μgを配合した、 ハイブリッド型葉酸サプリメント

葉酸も1種類よりも2種類配合されている方が、体への作用もアップします。

しかも2016年8月に商品が大幅リニューアル。

他の葉酸サプリメントと比較して含有量の少なかった鉄分やカルシウムが大幅に増量。

葉酸と相性の良い、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCもしっかり吸収できます。

天然葉酸も合成葉酸も摂取できる唯一のハイブリット型葉酸サプリメントなのに、値段が安いというのもうれしいポイント。

毎月お届けコースで、初回は1,980円で2回目以降は3,980円と他の葉酸サプリメントよりも安いだけじゃありません。

10日間の返金保証、継続の縛りがないので、万が一合わなかったり、必要じゃなくなればいつでも解約できます。

ハーブの香りがして、飲んだ後の後味もレモン風味でフルーティーな感じ。

ベルタ葉酸サプリに比べると、後味が残らないのも葉酸サプリメントとして、大切なポイントです。

飲みやすい味付けで、つわりがひどくても、これなら安心。

唯一のハイブリッド葉酸サプリメント、はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

葉酸サプリメントの正しい飲み方を解説します。

どんなに効果的な葉酸サプリメントを選んだとしても、正しい飲み方を知らないと、せっかくの葉酸サプリメントの効果を実感することができません。

そこで、葉酸サプリメントを摂取する際に注意すべき3つのポイントを紹介します。

葉酸サプリメントを飲む際の3つのポイント

  1. 摂取量に注意し、過剰摂取にならないようにする
  2. 食後にコップ1杯の常温の水かぬるま湯で飲む
  3. 薬と葉酸サプリメントの飲み合わせに注意する

これを参考に葉酸サプリメントの正しい飲み方を理解して、元気な赤ちゃんを出産しましょう。

摂取量に注意し、過剰摂取にならないようにする

葉酸サプリメントには、葉酸以外にもカルシウムや鉄分、ビタミン類など妊娠中に必要な栄養素が総合的に配合されているものも多いんです。

葉酸サプリメントは、1粒あたりに豊富な栄養素を含んでいるものも多いので、知らぬ間に過剰摂取してしまうことも。

その為に複数のサプリメントを摂取する際には、合計でどうなのかも考えましょう。

妊娠中に過剰摂取することで、胎児の成長や健康に悪影響が出る栄養素もあるので、注意が必要です。

食後にコップ1杯の常温の水かぬるま湯で飲む

葉酸サプリメントは、基本的にどの時間に飲んでも変わらないと考えられています。

しかし、食後で胃の動きが活発なタイミングに飲むのがベスト。

コップ1杯の常温の水か、ぬるま湯で飲むのが基本です。

カフェインの入ったコーヒーや紅茶、お茶などと一緒に飲むのは控えましょう。

薬と葉酸サプリメントの飲み合わせに注意する

葉酸サプリメントを飲んでいても、薬の種類によっては、葉酸の吸収率を低下させたり、血中濃度を低下させるものも。

特に抗てんかん薬は、葉酸の吸収率に大きな影響が出て、葉酸不足で胎児の奇形を併発する要因になります。

その他にも注意すべき薬を紹介します。

  • アスピリン、インドメタシン(消炎鎮痛剤)
  • メトトレキサート(抗ガン剤、抗リウマチ薬)
  • クロラムフェニコール(抗生物質)
  • バルビツール(睡眠薬)
  • ピル(経口避妊薬)

しかし、疾患等の治療で同じ時期に、葉酸サプリメントと薬を併用しなければならないこともあるでしょう。

その際には、4時間以上間隔が空くと薬の成分が吸収・排出されると言われていますので、間隔を空けることもひとつ。

でもまずは、かかりつけの医師に相談して、葉酸サプリメントの摂取方法を決定しましょう。

葉酸サプリメントは、本当に神経管欠損症を予防できるのか?

葉酸サプリメントが妊娠初期や妊活中の女性に重要な成分だということは、よくおわかりになられたと思います。

でも実際にどうなの?

と葉酸サプリメントの効果が気になる人もいらっしゃるでしょう。

そこで、葉酸サプリメントで神経管欠損症をどれだけ回避出来ているのか、アメリカの統計データで紹介します。

米疾病対策センター(CDC)の報告によると、先天性奇形症の中で最も多い疾患の神経管欠損症は、米国の生児出生10万件につき約6.5件で発症しています。

葉酸サプリメントを摂取することで、「毎年約1300件の出生で、神経管欠損症の発症が回避される」という予測データがあります。

そして、葉酸サプリメントを摂取することで起こるリスクは、「低リスクの域を超えない」と判断されています。

米医学誌「JAMA小児科学(JAMA Pediatrics)」に掲載された解説記事でも、神経管欠損症を予防する最良の方法は、早期の葉酸サプリメントの摂取。

神経管欠損症は、妊娠初期の2~3週以内に発生するので、女性が妊娠する前から推奨量の葉酸を摂取していることが重要です。

葉酸サプリメントの重要性とリスクの少なさが、アメリカの最新研究結果からもわかっていますので、妊娠予定、妊活中の女性は葉酸サプリメントを摂取しましょう。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

アロマや精油の効果が妊活にオススメ、不妊の原因を改善するの?

精油オイルを使ったアロマテラピーやの効果で、不妊の原因を改善して妊娠力のアップに役立つ効果が期待できます。 実際にどのような効果がアロ…

妊活は低温期の過ごし方で妊娠確率が変化、注意点やポイントは?

妊活中の女性の多くが、低温期よりも高温期が重要だと考えているようですが、実際には低温期の方が大切なんです。 低温期の過ごし方で妊娠力や…

妊活に疲れた。生理後のストレス解消は妊娠力の向上に役立つ?

妊活を頑張れば頑張るほど、生理が来たりすると、妊活に疲れたと感じることがありますよね? 実は多くの女性が妊活疲れを経験し、それを乗り越…

パイナップルを高温期に食べ着床力がアップ、妊娠妊活に効果的!

妊活中の女性が、高温期にパイナップルを食べると着床力がアップして、妊娠しやすくなると言われています。 実際にパイナップルには、そのよう…

きのこは妊活に効果的な食材。菌活で女性の妊娠力が高まる!

きのこは妊活に効果的な食材だということを知っていますか。 単にカロリーが少なく、食物繊維が多いだけがきのこの特徴ではありません。 …

骨盤矯正で不妊の原因が改善でき、妊娠出来る体質に変化するの?

骨盤矯正は不妊の原因を改善し、妊娠出来る体質に変化させる効果が期待できると言われています。 でも実際に、骨盤矯正で妊娠出来るようになる…