40歳からの妊活は、個人差もありますが、妊娠力が低下していることもあり、自然妊娠と不妊治療の両方を考える必要があります。

実際にどのくらいの確率で妊娠できるのか?不妊治療も考えるべき理由とは?

40歳からの妊活は時間との勝負なので、成功する為にも情報収集や計画性の高さが重要です。

40歳の妊活は高齢妊娠&高齢出産だと理解しよう!

日本では35歳以上の初妊婦を高齢出産と定義付けていることもあり、40歳で妊娠するなら、高齢妊娠&高齢出産になることは間違いありません。

これは言葉の定義として重要なことではなく、母体にも胎児にも様々なリスクが伴うので、用心する必要があることだと考えるべきです。

特に初妊婦で40歳以上だと、かなりの難産やリスクが伴うことが考えられますので、安易に妊活をするのではなく、残された時間と出産後の計画などもしっかり考えましょう。

40歳で無事妊娠したら、子供が成人する時には、60歳を超えていることになりますので、年齢的な部分での体力の衰えも出てきます。

それ以上に注意しなければいけないのは、ダウン症などの先天性異常の話。

40歳からの妊活で起こりうる事、事前に知っておいた方が良いことなどをこの記事にまとめていますので、参考にどうぞ。

40歳以上で自然妊娠できる確率はどのくらい?

ここは最初に知っておいて欲しいところです。

自然妊娠する確率が25〜30%というのは若い時の話で、女性の場合は特に35歳を境に急激に自然妊娠率が低下します。

実際にどのような感じで自然妊娠率が推移するかというと・・・

  • 25歳→25〜30%
  • 30歳→25〜30%
  • 35歳→18%
  • 40歳→5%
  • 45歳→1%

これが現実の話です。高齢出産と呼ばれる35歳と40歳を比較すると、3分の1近くまで低下しますので、自然妊娠がどれだけ難しいか分かるでしょう。

5%もあると考えるか、5%しかないと考えるのかは人それぞれですが、いずれにしても自然妊娠できる確率は非常に少ない。

そして時間の経過とともに、どんどん妊娠力が低下し、自然妊娠が難しい年齢になっていきます。

でも難しくなるのは、自然妊娠だけではなく、不妊治療も同様なんです。

40歳は不妊治療での妊娠率も低下する

40歳になると、自然妊娠だけではなく、不妊治療を行った際の受精率や妊娠率も著しく低下します。

もしあなたが不妊治療を受ければ、誰でも妊娠できると思っているのであれば、それは大きな誤解です。

実際にどのような形で妊娠率が推移するかというと・・・

  • 25歳→40%前後
  • 30歳→38〜39%前後
  • 35歳→33〜34%前後
  • 40歳→10%前後
  • 45歳→6〜7%前後

これが現実です、40歳ではすでに10%を切っている様な状態なので、体外受精のような不妊治療を受けても、かなり低い確率でしか妊娠できません。

だからこそ、この現状を理解した上で、自然妊娠と不妊治療を計画的に進めていくことや、妊娠力を高めるような行動を行うことが大切なんです。

40歳は妊娠できても、胎児のリスクが増える。

ここも最初に知っておいてもらいたい点です。

40歳になって妊活をして、みごと成功して妊娠できた。でもそれはゴールではありません。

しっかり元気な赤ちゃんを産むことも通過点のひとつ。

40代の妊娠&出産で特に意識すべきなのは、先天性異常や流産のリスクなどの出産までに起こる様々な問題です。

年齢別、ダウン症の発生確率

  • 20歳→1/1677
  • 25歳→1/1250
  • 30歳→1/952
  • 35歳→1/385
  • 40歳→1/106
  • 45歳→1/30

年齢別、染色体異常の発生確率

  • 20歳→1/526
  • 25歳→1/476
  • 30歳→1/384
  • 35歳→1/192
  • 40歳→1/66
  • 45歳→1/21

年齢別、流産率

  • 25歳→10%
  • 30歳→15%
  • 35歳→20%
  • 40歳→40%
  • 45歳→50%

こういった染色体異常やダウン症、流産のリスクを高めてしまうのが、血中ホモスシテイン濃度の上昇。

葉酸を積極的に摂取することで、血中ホモスシテイン濃度を抑制させる作用も期待できるので、厚生労働省では妊婦や妊娠を考える女性に積極的に摂取するように指導しているんです。

葉酸には、赤ちゃんの自閉症リスクを低下させるという研究データもあるので、妊娠を考えているのであれば、40歳の女性だけではなく、積極的に葉酸サプリメントを活したいところ。

40歳の妊娠力が低下するのは、原始卵胞の減少による卵子の質の低下

少し前のNHKの特集で、卵子の老化や卵子の質の低下が話題になりましたが、まさに40歳の女性の卵子はかなり老化して質が低下しています。

これが受精力や妊娠力を低下させる大きな原因。

毎月定期的に排卵をしている女性の場合、40歳になる頃には、実は残された原始卵胞の数が数十万個だと言われています。

女性が生まれた時に持っている原始卵胞の数は、700万個とも言われていますが、40歳になると本当に僅かな数しか残っておらず、残数が5万個を切ると閉経します。

卵子の質が低下し始めるのは、32歳が一般的。

それまでは毎月の排卵に300個の原始卵胞を使用しますが、35歳で100個に減り、40歳になる頃には50個まで減少。

排卵の際に使うことができる原始卵胞の数が、卵子の質を高めることになるので、ピーク時の6分の1しか使えない40歳は卵子の質が自然と低下します。

だから不妊治療を行っても、うまく妊娠できなかったり、妊娠率が非常に低い状態になるもの納得。

40歳からの妊活 妊娠力を高めるポイントは?

ここまで紹介したように、40歳の女性の妊娠力は非常に低下していますが、全く妊娠できないということはありません。

妊娠力が低下しているという現実を知るからこそ、より積極的な妊活を行うことができますし、妊娠力を高めるための努力もできます。

卵子の老化を遅らせ、少しでも質の高い卵子を作るために、普段の生活や妊活を行う上で注意すべきポイントを紹介しますので、ぜひ実践してください。

40歳の妊活は、バランス良い規則正しい食事が基本

まず真っ先に改善すべきは、食習慣です。

もしあなたがインスタント食品や加工食品、冷凍食品やジャンクフード、スナック菓子やスイーツばかり食べているのであれば、それは間違った食生活。

食事はできれば材料を買って、自宅で調理し、栄養バランスにも注意することが大切です。

タンパク質、ビタミン類、ミネラル類、糖質、脂質の5大栄養素をバランスよく摂取し、濃くなりすぎない味付けに注意しましょう。

1日3食を基本に、同じ時間に食べるようにすることで、体のリズムを整えます。

お酒を飲むのは極力控え、身体を温めるノンカフェインのお茶を飲むようにしましょう。

40歳の妊活は、規則正しい生活習慣が基本

食事の時間だけではなく、生活習慣も早寝早起きのリズムに変更し、毎日しっかり熟睡するようにしましょう。

起床後は朝陽を浴びて、体内時計をリセットすることで、メラトニンやセロトニンの分泌量も促進され、妊娠しやすい体質に変わっていきます。

体内時計が整うことは、生殖能力を保つ効果もあるので、卵子の老化を予防することにも繋がり、妊娠力を高めることに。

早寝早起きで規則正しい生活習慣を送っていると、自律神経やホルモンバランスも整いますので、肉体的にも精神的にも妊活向きに変化します。

40歳の妊活は、適度な運動で血流アップが基本

40歳になるとプレ更年期になっていたり、冷え性がひどくなっている人も増えてきます。

末端冷え性だから、妊活に関係ないということはなく、冷えは妊娠の大敵。

足先の冷えた血液は心臓に戻る際に、骨盤付近を通過し、その際に子宮や卵巣に流れる血液の温度を奪っていきます。

その結果、子宮や卵巣への血流量が低下し、子宮内膜が十分に厚くならなかったり、卵子の成熟が阻害されることも。

そうならないためにも、血流量を維持&改善できる運動は非常に効果的。

激しい運動は必要ないので、週に2〜3回、30分ほどのウォーキングで十分なので、しっかり継続するようにしましょう。

ウォーキングの際の服装も季節に合わせ、冬な冷え対策、夏は日焼け対策をしっかり行って冷えや活性酸素の増加を予防しましょう。

40歳の妊活は、ストレスを溜めないことが基本

ストレスというと、仕事や家庭、人間関係で溜まるものだと考えている人が多いですが、妊活の妨げになるストレスは、それだけではありません。

喫煙や飲酒、過度のダイエットや紫外線の浴びすぎ・・・これらは活性酸素を増やすことに繋がり、身体を錆びさせ老化を促進します。

特に子宮や卵巣は老化しやすい臓器だと言われていますので、活性酸素の増加には十分な注意が必要。

運動や睡眠などでもストレス耐性を高め、活性酸素を除去することも出来ますが、抗酸化作用がある食品を食べるのも効果的です。

ビタミンC、ビタミンE、カテキン、ポリフェノール・・・様々な食品に抗酸化作用がふくまれていますので、しっかり摂取して活性酸素による老化を予防しましょう。

40歳の妊活は、体を冷やさずに冷え予防が基本

運動にも通じる部分がありますが、とにかく冷え予防を意識しましょう。

冬場ならホッカイロや靴下の重ね履き、夏でもクーラーで身体を冷やさないように羽織るものを持ち歩いたり、風向きを意識したりすることが大切。

冷えは妊娠の大敵です。

全身の血流を維持することは、妊娠力を高め、着床力を高め、胎児への栄養もしっかり送ることに。

だからこそ、妊活を始めるなら温活も同時進行する。

シャワーで過ごしていた人でも、しっかり湯船に浸かるようにすることで、血流の維持や改善に務める。

仲良しした後も裸で寝るのではなく、ちゃんとパジャマを着て冷え対策を行うなど、小さなことを積みあげていきましょう。

そうすることが、妊娠力を高めることに繋がります。

40代からの妊活は本当に時間との勝負なので、日々できることをしっかり実践する。

そして少しでも良いと思うことを、どんどん取り入れていくというポジティブな姿勢で取り組んでください。

それが妊活を成功させる一番の方法です。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

妊活中の病院デビューのタイミングは?妊娠希望なら早めが基本!

妊活中に病院デビューをすべきタイミングは、いつ頃なのでしょうか。 不妊に悩んでいるなら、2年が目途と言いますが、本当にそうなのでしょう…

ポテトチップスは不妊の原因、妊活中なら間食で避けたいポテチ!

妊活中なら男性も女性もスナック菓子のポテトチップスを間食に食べると、不妊の原因になるのを知っていますか? ポテチが問題なのは、単にハイ…

妊活に疲れた。生理後のストレス解消は妊娠力の向上に役立つ?

妊活を頑張れば頑張るほど、生理が来たりすると、妊活に疲れたと感じることがありますよね? 実は多くの女性が妊活疲れを経験し、それを乗り越…

にんにくは妊活向きの食材、女性も男性も妊娠力アップに役立つ!

にんにくが妊活向きの食材だと言われている理由を知っていますか? 女性にも男性にも妊娠力アップに役立つ効果があるので、夫婦でにんにくを食…

体外受精のETやBTとはどんな意味?妊活の専門用語と妊娠率は?

妊活初心者がわかりにくい専門用語の意味や、実際の可能性を知ることも大切。 体外受精のETやBTとはどんな意味なのでしょうか?また実際の…

善玉菌を菌活で摂取して腸内環境を改善すると妊活にも役立つの?

菌活で善玉菌を摂取して、腸内環境を改善すると妊活にも良い効果があるって本当でしょうか。 妊娠と腸内環境の関係がなぜ大切なのかを、体質改…