5本指ソックスや靴下の重ね履きで行う温活が、妊活中の女性の冷え性や冷え取りに効果的と人気です。

5本指ソックスを冷え取りに活用することで、実際にどのような効果が期待できるのか。

どんな順番でどの靴下を履くと、冷え取りに効果的なのかなど、5本指ソックス温活の基本情報を紹介します。

妊活中の冷え取りに5本指ソックスが効果的だと人気!

5本指ソックスや五本指靴下と言えば、少し前まではおじさんの水虫対策などに愛用されていた靴下ですが、最近は妊活中の女性がこぞって愛用しています。

その理由が優れた冷え取り効果があり、温活が基本の妊活に役立つ効果が期待できるから。

妊活中の冷え取りに活用する5本指ソックスとは、実は1枚で終わりではなく、5本指ソックス+その他の靴下を4〜5枚重ね履きする必要があるんです。

実際にどんな順番で靴下を重ね履きするかと言えば、

  • 1枚目は、排毒効果の高い絹の5本指ソックス
  • 2枚目は、吸収力が強い綿の5本指ソックス
  • 3枚目は、再び絹の先の丸い靴下
  • 4枚目は、綿の先の丸い靴下

この順番と組み合わせが、5本指ソックス温活で推奨される基本的な履き方です。

靴下を4枚も重ね履きするのに違和感がある人もいると思います、そんな時は、5本指ソックスを2枚重ね履きすることからはじめてみてください。

1枚目の絹の5本指ソックスは、指の間の汗をしっかり吸収し、2枚目の綿の5本指ソックスは指の動きを制限せずに、しっかり動かせるようにしてくれます。

5本指ソックス温活を推奨したのは誰?

元々、靴下の重ね履きを推奨したのは、進藤義晴さんと進藤幸恵さんの共同著書である、これが本当の「冷え取り」の手引書という本です。

冷え取りをすることで、慢性的な体調不良からさまざまな病気まで、幅広く効果があり、特に足は毒がよく出る場所なので、靴下の重ね履きが重要なのだとか。

その際に、化繊の靴下を避けて、絹・綿・毛などの天然素材の靴下を重ねるのが良いことから、どんどん認知されるようになりました。

頭寒足熱の考え方にも合致している部分があるので、先人の知恵をより活用する方法のひとつというわけです。

冷えとり靴下を妊活に取り入れるメリットは?

5本指ソックス温活(冷えとり靴下)を行うことで期待できる効果には、

  • 体温が高くなり免疫力が向上する
  • 基礎代謝が上がり肌ツヤが良くなる
  • 子宮や卵巣機能が正常に作用し、生理痛が減る
  • 基礎代謝が上がり太りにくい体質になる

そもそも冷え性になる原因は、手足の末端の血管が収縮して血液が流れにくくなること。

冷え性による血流の悪化は、女性なら子宮や卵巣、男性なら精巣や精子に大きな影響を与え不妊の原因になります。

卵巣の冷えが妊活に与える悪影響とは?

冷え性の人の体内では、生命維持に重要な役割を果たす臓器に優先的に血液を送る仕組みがあります。

卵巣は生命維持とは関係のない臓器なので、冷え性の人の場合は、血流が悪化して卵巣が冷え始めます。

卵巣が冷えることは、卵巣機能が低下し、健康な卵子を育てることが出来ずに、受精力の弱い卵子を生み出すことになります。

せっかく精子に出会っても、受精力が弱い卵子だと受精卵として成長することがありません。

子宮の冷えが妊活に与える悪影響とは?

子宮も卵巣同様に生命維持には関係のない臓器、だから子宮も冷えの影響を強く受ける臓器。

妊娠する為には、子宮に大量の血液が流れ込み、子宮内膜を厚くすることが必要ですが、冷え性の人の体内では、子宮に十分な血液が流れません。

その結果、子宮内膜が十分に厚くならずに、受精卵が子宮内膜の到達しても着床しにくい状態になってしまいますので、妊娠力を低下させる原因に。

子宮や卵巣は妊娠には重要な臓器ですが、生命維持に関係のないから、冷え性や冷えの影響を受けやすい臓器だと言われていますので、冷え予防が非常に大切です。

男性の血流悪化が妊活に与える影響とは?

男性の体でも特に精巣は冷やす必要があり、体外に位置しているということもありますが、冷えすぎることは、それはそれでデメリット。

血液による酸素や栄養の運搬がうまくいかなくなることで、精子の質が悪化したり、精子の劣化の原因に。

さらにED(男性機能不全)を引き起こすことも考えられるので、男性の身体でも冷え性を放置することは良くないんです。

女性の様に冷え性と自覚している男性も少ないですし、5本指ソックスを履いてくれる人も少ないと思いますので、普段の食事や生活習慣を気をつけるようにしましょう。

体温低下は免疫力の低下の原因にもなる

妊活を続けていくためには、夫婦ともに健康であることが大切です。

しかし体温が1度下がると、免疫力が30%下がり、基礎代謝が12%下がると言われています。

免疫力の低下は、風邪やインフルエンザなどの体調不良の原因になり、基礎代謝の低下は太りやすくなり、体重コントロールに影響します。

肥満は妊活にとってデメリット。

そこに冷えまで追加されると自ら妊娠力を低下させているようなものです。

そんなことにならないように、まずは五本指ソックス温活を実践して、冷え取りを行って夫婦共に妊娠力を高めていきましょう。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

栄養ドリンクは妊活に効果的ではなく不妊の原因になるって本当?

妊活中に栄養ドリンクを飲むと、元気が出て妊活に効果的ではなく、不妊の原因になる可能性があるんです。 実際に栄養ドリンクを飲むことで起こ…

よもぎ蒸しで妊活、タイミングと効果。不妊が改善し妊娠できる?

よもぎ蒸しは、いつ行うのが妊活に効果的なのでしょうか? 妊活中のよもぎ蒸しのタイミングと期待できる効果を徹底検証。 不妊が改善し…

男性の禁欲が不妊の原因?妊活は精子を出す回数で妊娠率が変化?

男性は禁欲すると精液が濃くなり、妊娠率が上昇すると思われていますが、実は男性の禁欲が不妊の原因になる可能性があることを知っていますか? …

さばは妊娠力アップに役立つ食材、妊活するなら食生活に必要!

青魚のさばを食べることで、男性も女性も妊娠力がアップし、妊活に役立つ食材だということに気づいていますか? 普段の食生活で積極的にさばを…

きなこの大豆イソフラボンが妊活&妊娠に役立つ効果があるの?

妊活中の女性がきなこを食べて、大豆イソフラボンを摂取すると良い効果があるのを知っていますか? 大豆イソフラボンの女性ホルモンに似た作用…

ヘアカラーは妊活に悪影響?注意点や成分、医学的に大丈夫なの?

ヘアカラーやパーマを妊娠中にしない方が良いという話聞きますが、妊活中でも悪影響を及ぼしたりしないのでしょうか? 妊活中や不妊治療中にヘ…