アラフォー世代の妊活や出産には、夫婦の協力がすごく重要なことだということを理解していますか。

アラフォーになると自然妊娠できる確率もかなり低下し、最初から不妊治療を積極的に行った方が良い場合も。

実際の妊娠率やアラフォーの女性が置かれている状況など、妊活に必要な情報をまとめて紹介しますので、参考にしてください。

アラフォー夫婦の自然妊娠を知って、まずは現状を理解しよう。

夫婦のどちらかがアラフォー世代に突入していると、やはり自然妊娠を目指す上ではデメリットになることも。

特に女性がアラフォーの場合は、残された時間との勝負なので、本当に計画的に妊活を行わないと、後悔することになることもあるので、注意が必要です。

女性の世代別の自然妊娠を最初に説明すると・・

  • 30歳までの女性は、25~30%
  • 35歳までの女性は、18%
  • 40歳までの女性は、5%
  • 45歳までの女性は、1%

アラフォー世代だということを考えると、18%以下で1歳増える毎に2.6%ほど低下する計算。

もしあなたが38歳であれば、自然妊娠率は、10.2%くらいしかないという計算になりますので、非常に確率は低くなります。

あくまでも単純に等分した計算ですので、実際にはもっと急激に低下することが予想され、本当に残された時間が少ないことを自覚すべきかも。

そのことがまず、アラフォー世代が妊活を始める際に、最も最初に理解すべきこと。

一般的な不妊の定義は、1年間避妊をせずに妊娠できないことですが、アラフォー世代の場合は、1年も待つことなく、不妊治療をしたり、不妊外来を受診することが推奨されます。

アラフォーの妊活や出産は、年齢とともにリスクが上昇する

これも最初に理解しておきたいことですが、アラフォー世代の妊娠や出産にはダウン症や先天性異常などの様々なリスクが上昇しますし、流産も起こりやすい特徴が。

年齢別、ダウン症の発症率の変化状況は・・・

  • 20歳→1/1677
  • 25歳→1/1250
  • 30歳→1/952
  • 35歳→1/385
  • 40歳→1/106
  • 45歳→1/30

年齢別、染色体異常の発症率の変化状況は・・・

  • 20歳→1/526
  • 25歳→1/476
  • 30歳→1/384
  • 35歳→1/192
  • 40歳→1/66
  • 45歳→1/21

年齢別、流産のリスクの変化状況は・・・

  • 25歳→10%
  • 30歳→15%
  • 35歳→20%
  • 40歳→40%
  • 45歳→50%

これらの原因になるのが、血中ホモスシステインの濃度が加齢とともに上昇するから。

だからその血中ホモスシステインの濃度を抑制する作用が期待できる葉酸の積極摂取を厚生労働省も推奨し、妊娠希望の女性には年齢に関係なく摂取すべきと指導しているんです。

アラフォー女性は不妊治療での妊娠率も低下する

アラフォー世代になると、女性の妊娠率は自然妊娠だけではなく、不妊治療を行った場合でも著しく低下することがわかっています。

不妊治療をすれば誰もが妊娠できると思っているかもしれませんが、不妊治療にも年齢による限界があることを理解しましょう。

実際の年齢別の不妊治療での妊娠率の変化を紹介すると・・・

  • 25歳→40%前後
  • 30歳→38〜39%前後
  • 35歳→33〜34%前後
  • 40歳→10%前後
  • 45歳→6〜7%前後

アラフォー世代になると、ここでも急激に妊娠率が低下することがわかりますよね?

本当にいつどのタイミングで不妊治療に切り替えるのかは、凄く大切なことで、実は最初から不妊外来を受信しつつ、自然妊娠を数回チャレンジして不妊治療に移るのがベターかもしれません。

このあたりはあなた自身の妊娠力や旦那さんの妊娠力が非常に重要な影響を与えますので、専門医の診察を受けて、妊活の方向性を決定していくのが良いでしょう。

アラフォー女性の妊娠力が低いのは原始卵胞の減少やプレ更年期の影響かも

一般的な不妊の原因のひとつとして、卵子の質が悪いということがあげられると思います。

女性の体内には、原始卵胞と呼ばれる卵子の元になるものが沢山ありますが、これが加齢と共にどんどん消費され減少していきます。

胎児の段階だと700万個もの原始卵胞がありますが、初潮が始まる頃には30万個ほどになり、生理周期に合わせて、年間5000個ずつ消費することに。

1回の生理で300個ほどの原始卵胞の中から、最も成長した主席卵胞が残りの300個の卵子卵胞を栄養源にし、妊娠できる卵子に成長していきます。

原始卵胞の数の減少に合わせて、毎回の生理に必要になる数が変化し、32歳を境に生理に使われる原始卵胞の数が変化。

35歳になると100個ほどになり、40歳では50個ほどに。

元々の3分の1や6分の1しか栄養補給ができないわけですから、妊娠できる力を備えた質の良い卵子に成長させることが難しくなるのもよくわかると思います。

このように毎年というよりも、毎月妊娠力が低下していきますので、アラフォー世代の妊活は本当に時間との戦いですし、最初の段階で質のよい卵子を冷凍保存しておくことも大切。

そうすれば、後々の不妊治療の際に、少しでも妊娠力の高い卵子を使用することができ、より元気で健康な赤ちゃんを妊娠できることに繋がります。

また女性の場合は、40代前後で更年期障害が始まってしまうプレ更年期というのも妊娠力を低下させる要因のひとつ。

プレ更年期になると、冷え性がひどくなり全身の血流が悪化、血流の悪化は子宮内膜の厚みや卵子の成長にも悪影響を及ぼすことに。

子宮や卵巣に流れる血流量が低下した状態だと、妊娠力がさらに低下することは容易に想像できると思いますので、プレ更年期も注意したいところ。

プレ更年期で末端冷え性などが気になる場合には、30分前後のウォーキングを週に2〜3回行うなど、足元から戻ってくる血流量を増やしたり、促進するようにしましょう。

30分以上のウォーキングは、セロトニンの分泌にも良い影響を与えてくれますので、2〜3ヶ月は継続することが基本。

そうすることで、妊娠力にも良い影響を与えてくれますし、ストレス発散やストレス解消にも役立ちますので、非常におすすめです。

アラフォー世代の妊活は男性にも原因があることも理解しましょう。

これは特にアラフォー世代に限ったことではありませんが、妊活するためには男女共に妊娠に適している状態であることが基本。

女性ほど急激に妊娠力が低下しない男性も、やはり40歳を過ぎると徐々に妊娠力が低下することに。

だから男性不妊が原因で、妊活がうまくいかないこともあります。

この点に関しては、実際にWHOも警鐘しており、不妊カップルの原因は男性にも半分ほどあると報告しているのが実情。

  • 女性のみに原因がある・・・41%
  • 男女両方に原因がある・・・24%
  • 男性のみに原因がある・・・24%
  • 原因不明・・・11%

だからこそ、夫婦で協力して妊活に取り組むことが大切。

ちなみに女性が35〜39歳のアラフォー世代で、男性が5歳以上年上のカップルの場合、妊娠率が他の年代のカップルに比べて、1割ほど低下することもわかっています。

ただでさえ妊娠力の低下しているアラフォー世代の女性の妊娠率が低下しますので、男性も協力して妊活に取り組むことが大切だという意味がわかったと思います。

妊娠とは、元々、夫婦で協力した結果で妊娠できるものですので、女性だけでも男性だけでも妊活に励んでも仕方がないこと。

特にアラフォー世代の妊活は、夫婦の連携と時間との勝負だということを理解して、積極的に医療機関も利用して、進めていきましょう。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

ミロは妊娠力が回復し妊活に役立つ飲み物?意外な効果とは?

ココア味のミロが、妊娠力が回復して妊活に役立つ飲み物だと言われていますが、本当なのでしょうか? 麦芽飲料のミロを妊活中の女性が飲むこと…

甘酒が妊活に効果的、飲む点滴は女性の妊娠力のアップに役立つ!

飲む点滴と言われる甘酒を妊活に役立てると、本当に効果的に妊娠力がアップします。 実際にどんな甘酒が良いのか、酒粕と米麹のノンアルコール…

男性用妊活サプリメントのおすすめ成分と夫婦一緒が良い理由は?

男性用妊活サプリメントのおすすめ成分は、どのようなものが良いのでしょうか。 旦那さんの精力や元気な精子を作る為に必要な栄養素や、不妊リ…

NKキラー細胞の活性が不妊の原因?免疫力が妊娠を阻害するの?

NKキラー細胞(NK細胞)の活性高いことで、病気になりにくいという特徴がありますが、実はそれが原因で妊娠できない可能性もあるんです。 …

ボクサーパンツは妊活に不向きな下着?トランクスとブリーフは?

男性の下着の中で着用者の多いボクサーパンツは、妊活に不向きな下着だという噂がありますが本当なのでしょうか? 男性の下着なら、ボクサーパ…

かぼちゃの抗酸化作用で卵子も精子も老化予防できるって本当?

かぼちゃを食べることで、非常に優れた抗酸化作用を実感することができ、卵子や精子の老化予防に役立ち妊娠力がアップするって本当でしょうか。 …