妊活中の暴飲暴食は、妊娠力が低下する原因になってしまいます。

ストレスを発散することは、妊娠する際に必要なことですが、暴飲暴食ではない方法で行うべきです。

確かに生理がくるとまたダメだったか・・と自暴自棄になることもありますが、妊娠する為にも暴飲暴食だけは避けましょう。

妊活中の暴飲暴食で内臓が疲弊し、エネルギー不足に

 

妊活中は、非常にストレスが溜まりやすい状態になりますよね?

特に不妊治療を始めたり、なかなか妊娠できなかったり、また生理がきたりと・・・ストレスを感じてしまう状況が続くことが多いんです。

でもそのストレスを暴飲暴食で発散すること。

妊活中のストレス発散方法で、最もやるべきではないもの。

もし慢性的に暴飲暴食を繰り返しているなら、自分で妊娠力を低下させ、妊活が成功しないように邪魔をしてしまっています。

そんな生活の繰り返しだと、妊娠できるわけはないですよね。

暴飲暴食は、胃や腸などの消化器官は常に活動状態になり、胃腸が疲弊する原因のひとつ。

胃腸が活動する際には、食べ物の消化や吸収に非常に多くのエネルギーが必要になります。

そこでエネルギーを消費しすぎてしまうと、細胞の修復や回復まで行うことが出来ませんので、妊娠力が上昇しない原因に。

さらに体内に水分が溜まり、むくみの原因になったり、老廃物の排出の際に妨げになることもありますので、妊活に一切メリットがないんです。

妊活中に控えた方が良い食べ物や食品とは?

暴飲暴食を行うだけでも、妊活中の女性にとっては一切のメリットはありません。

さらに、これから紹介する食べ物を食べてしまうことで、より状況が悪化します。

妊娠力を低下させるもの、妊娠から遠ざかるものなど、色々ありますので、特に注意すべきものをいくつかピックアップして紹介します。

トランス脂肪酸が排卵に悪影響を与える

トランス脂肪酸という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

トランス脂肪酸とは、食用の油を加工する過程で発生する脂肪酸のことで、 マーガリン、ピーナッツバター、お菓子やチョコレート、ジャンクフード等に含まれています。

妊活中の女性がトランス脂肪酸を摂取することで、受ける影響が排卵に関するもの。

摂取しているエネルギーの中で、トランス脂肪酸の割合が増加すると、排卵性の不妊症になるリスクが向上することがわかっています。

排卵障害は、自然妊娠できなくなる主原因のひとつ。

それを避けるためにも、ジャンクフードやスナック菓子などの摂取量は、少なめにしましょう。

トランス脂肪酸で精子の量が減少する

これはトランス脂肪酸の男性に対する影響です。

女性の排卵に影響が出るだけではなく、トランス脂肪酸の過剰摂取は精子の量にも影響。

実際にハーバード公衆衛生大学院がその事実について、研究発表していますので、非常に信憑性の高い話です。

WHOやFAOでも、1日のエネルギー摂取量の1%未満にすることが推奨されています。

トランス脂肪酸は妊活中の男女に影響を与えるだけではなく、過剰摂取で心筋梗塞や狭心症などの生活習慣病のリスクが高まることもわかっていますので、注意しましょう。

スイーツが妊娠力を大幅に低下させる

ストレス発散にスイーツ食べ放題とか、すごく魅力的ですよね。

でもスイーツって何で出来ているか考えたことがありますか?あの甘さは、ほとんど白砂糖です。

白砂糖は元々、サトウキビとビートから作られます。

そのままの状態で摂取する分には、そこまで妊娠力に影響しませんが、白砂糖に加工する過程で、化学薬品を使って徹底的に精製されます。

その結果、ビタミンやミネラルが消失することも問題ですが、それ以上に妊娠力を低下させます。

それが身体の冷えの原因になるという点。

沖縄などの暖かい地方で採取されるサトウキビ。サトウキビには、体温を低下させる作用があります。

元々、女性の身体は子宮や卵巣が複雑な形状をしていることもあり、非常に冷えやすい状態です。

さらに子宮や卵巣は冷えに弱い器官で、冷えは妊娠の大敵。

妊娠力が大幅に低下するのも頷けますし、糖質の過剰摂取は肥満の原因ですので、体重をコントロールする意味でも、大切なこと。

妊娠力だけではなく、白砂糖は健康にも悪影響

  • カルシウムが排出され、骨がもろくなる
  • カルシウム不足からイライラしやすくなる
  • ビタミンB1欠乏症を発症する
  • 細胞を緩め、身体の不調の原因になる
  • 血糖値を急上昇させる
  • 中毒性があるので、また食べたくなる

身体を冷やす食品は妊娠力を低下させる

身体を冷やす食品は、白砂糖だけではありません。

身体を冷やす作用があると言われている食べ物は、意外と多いんです。

  • 野菜類・・・トマト、レタス、キャベツ、きゅうり、ナス
  • いも類・・・こんにゃく
  • 果物・・・梨、スイカ、柿、バナナ、オレンジ、りんご
  • 魚介類・・・あさり、しじみ、たこ、カニ
  • 穀類・・・そば、小麦

知らぬ間に口にしている食べ物はありませんか?

当然ですが、アイスクリームや冷たい飲み物なども極力控える方が良いでしょう。

冷えは妊娠の大敵ですので、本当に注意しましょう。

妊活中の肥満は排卵障害の原因になり、妊娠力が低下する

妊活中にストレス解消法として、暴飲暴食を選んでしまい、それが癖になるとデブまっしぐら。

まさに、肥満への一歩を踏み出してしまいます。

特に気をつけなければならないのは、肥満による排卵障害。

妊活中に肥満体型になることで、内臓脂肪が増え、脂肪細胞から出るタンパク質の量が減少することで、卵巣が影響を受けて、排卵が起きにくくなってしまいます。

これは、本当に注意しなければならない話で妊娠力の大幅な低下を意味します。

肥満体型が原因で生理不順になることもありますし、肥満体型を生み出す食生活は血液循環の悪化をまねく要因になることも。

妊活中の安易なダイエットが妊娠力を低下させる

この記事を読んで、暴飲暴食で肥満体型になっているので、ダイエットしなければ・・・と何も考えずにダイエットをすることも問題。

食事制限を軸にするダイエットをしてしまうと、妊娠に必要な栄養までも摂取できなくなるので、ダイエット方法はしっかり選ぶ必要があります。

美容と健康を考えて野菜中心の食生活にする。

それ自体は悪いことではありません。でも、野菜だけにして、タンパク質や脂肪分を全く摂取しないのは、大きな問題です。

お肉のタンパク質は、精神の安定や体力維持、脳の活性化などの作用がありますし、様々なホルモンの原料にもなる大事な栄養素。

コレステロールも細胞膜の構成やホルモン分泌には必要な栄養素なので、適度に摂取することが必要です。

食事はバランス良く摂取すること、運動や食事の質を変えることで行うダイエット方法など、妊活中のダイエットは十分に注意しましょう。

妊娠中の暴飲暴食も胎児や妊婦に悪影響

無事に妊娠出来たから、もう暴飲暴食をしても大丈夫だと考えないでください。

妊娠中に慢性的に暴飲暴食を繰り返すことで、低体重児や発育不良、流産・早産等のリスクが増加。

糖分や塩分過多になると、妊娠高血圧や糖尿病等のきっかけになり、早産や流産のリスク要因に。

妊娠中期や後期の暴飲暴食は、肥満を助長するので、さらにおすすめできません。

肥満になると経膣分娩が難しくなり、帝王切開での出産を選ぶ可能性も高まりますので、十分に注意しましょう。

この様に、妊活中や妊娠中の暴飲暴食は妊婦にも、赤ちゃんにも一切のメリットがありません。

特に高温期後半の生理前には、情緒不安定になり、それを落ち着かせるために食欲が増えて暴飲暴食になりがち。

さらに、高温期は便秘やむくみ、排泄機能の低下など、体重増加の原因になるような体内の変化も起こります。

そんなタイミングで暴飲暴食をすれば、確実に肥満体型になるきっかけに。

どのようなものを食べるのかも大事ですが、まずは暴飲暴食をしない。他の方法でストレス発散するという意識も大事です。

妊娠力を大きく低下させる原因を自ら作ることはありませんので、妊活中の食べ物の種類や量は十分に注意しましょう。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

妊娠しやすいセックス回数や体位を知って、妊活の希望を高めよう!

妊活中の女性が疑問に思うことに、妊娠しやすいセックスがあるのか?という点があります。 回数や体位、頻度によって、一般的に妊娠する確率が…

35歳からの高齢出産、妊活や妊娠リスクは?妊娠力アップで自然妊娠

35歳以上の女性の妊娠や出産には、幾つかのリスクが伴います。 一番はダウン症の確率が高くなることですが、妊娠力も低下し、妊活も難しくな…

たばこや喫煙が妊活や妊娠に与える影響は、明らかに不妊の原因!

たばこや喫煙が妊活や妊娠に与える影響について、しっかり考えたことがありますか。 喫煙習慣があると、男性も女性も明らかに不妊の要因が増え…

妊活に必要な食べ物や食事の基本。妊娠力向上は栄養素が大切な要素!

妊活に必要な食べ物や食事、食生活に関する基本的な考え方とは? 妊娠力を向上させるために、男性と女性が摂取すべき食品や栄養素について徹底…

きなこの大豆イソフラボンが妊活&妊娠に役立つ効果があるの?

妊活中の女性がきなこを食べて、大豆イソフラボンを摂取すると良い効果があるのを知っていますか? 大豆イソフラボンの女性ホルモンに似た作用…

妊活をもうやめたい!ストレスが原因で妊娠できない時の対処は?

妊活をもうやめたいと感じたなら、ストレスが原因で妊娠できない状態になっているのかもしれません。 そんな時には、どうすれば良いのか?実際…