妊活中のカフェイン摂取は、女性だけはなく男性にとっても良くない影響が出ることがあるようです。

実際にどのような関係性があるのか?特に気になる流産や不妊治療との関係は?

実際に行われた研究結果も踏まえて、妊活中のカフェインに関する情報と要注意点を紹介します。

妊活中の女性にカフェインがダメだと言われる理由は?

妊活中の女性は、カフェインの入ったコーヒーや紅茶、玉露などのお茶を飲むのは控えた方が良いと言われています。

それはなぜか?

多くの人が知っていると思いますが、カフェインには身体を冷やす効果があるから。

ホットコーヒーでもホット紅茶でも、カフェインの摂取自体が身体の冷えの原因になり、それが不妊の原因になってしまうというのが定説です。

でもカフェインの摂取が妊活中の女性に及ぼす影響は、冷えの原因というだけではないです。

胃液の分泌を促進し、胃腸が荒れる

カフェインを摂取すると、胃液の分泌を促進して食べすぎた時には、消化を助けてくれる効果も期待できますが、過剰摂取になると、胃液も大量に分泌されることに。

その結果、大量の胃液が胃の粘膜を傷つけてしまい、下痢や嘔吐の原因になったり、食欲不振のきっかけになることもあります。

最悪の場合には、急性胃炎になるようなこともありますので、短時間の大量摂取には注意が必要です。

食欲不振のタイミングで、カフェインの過剰摂取が続くとより胃の中も腸も荒れることになりますので、十分に注意しましょう。

不眠や睡眠障害の原因になる

カフェインは睡眠にも非常に強い影響を与えます。

実際にカフェイン摂取で起こる睡眠への影響は、

  • 脳が覚醒して入眠しづらい状態になる
  • 睡眠中も眠りが浅くなる
  • 睡眠中に目覚める(中途覚醒)する回数が増える

カフェインは、摂取後も4時間ほどその影響が残ることがわかっていますので、寝る前に妊活中の女性がカフェインを飲むことは、避けた方が良さそうです。

睡眠は身体を休めたり、ホルモン分泌に必要だったり、様々な部分に影響が出てきます。

特に精神面にも影響が出ますので、妊活中のストレスをより悪化させるきっかけになりますので、出来る限り不眠や睡眠障害の原因になるものは避けるべきでしょう。

鉄分の吸収を阻害し、貧血や鉄分不足のきっかけに

妊活中の女性にとって、鉄分不足は死活問題。

ただでさえ女性には生理があり、毎月の出血で鉄分不足になって貧血気味の女性が多いんです。

鉄分不足だと、貧血や手足の冷え、頭痛や肩こり・・・などの症状を招く原因にもなりますが、もっと恐ろしい問題も起こります。

それが、子宮内膜に対する影響です。

実は子宮内膜の粘膜を作る際に鉄分が使われています。子宮内膜が厚くならなければ、着床に影響が出て、妊娠率が大きく変わります。

実際に妊娠した後も、胎児に栄養を届ける意味でも鉄分は通常の2倍は必要。

だから鉄分不足になる可能性があるカフェインの過剰摂取は、本当に注意すべき事柄なんです。

利尿作用があり、ビタミンやミネラルを排出する

カフェインには利尿作用があります。

その利尿作用で、ビタミン類やミネラル類まで体外に排出してしまうことで、妊活にとってデメリットが起こるんです。

カフェインは、カルシウムの吸収を妨げて体外に排出します。

カルシウムには、骨や歯を作る以外にも、自律神経を調整する働きがありますので、妊活中にカルシウム不足になるとちょっとしたことで、イライラすることに。

妊活中のストレスは妊娠力の低下を招きますので、非常に厄介です。

さらに鉄分の吸収も阻害し、体外に排出してしまいます。その結果、子宮内膜が厚くならなかったり、貧血になることも妊活にはデメリット。

血圧上昇、血管収縮により血行不良になる

妊活女性の9割が実は、自分が冷え性だと思っています。

その冷え性の原因こそが、血行不良。

全身の血管が収縮してしまえば、どれだけ体温を上げても、どれだけ血液をサラサラにしても、流れる血液量が低下します。

血行不良は冷え性の原因のひとつ。

冷え性は不妊の原因の最たるものですので、出来る限り冷え性を改善したり、冷え性にならないようにしなければならない時期です。

それなのに逆効果になることをしては、妊活がうまくいかなくなるのも当然です。

カフェイン摂取が実際に妊活や妊娠に与える影響とは?

先ほどまでに説明した部分でも、十分に妊活中のカフェイン摂取は注意しなければならないと実感したと思いますが、さらに衝撃的なことを紹介します。

これから紹介するのは、カフェイン摂取と妊娠や妊活の関係

実際に治験や大規模アンケートなどで実証されたカフェインの影響です。

これらも参考に妊活中のカフェインの過剰摂取について、本気で考えてください。

オランダで行われたカフェインと妊娠率の関係とは?

これは2008年にバルセロナで行われた学会で、オランダの大学が行った発表です。

不妊治療として、体外受精を実際に行った9000人の女性にアンケートを取ったところ、カフェインと妊娠率に関係性があることが分かりました。

  • 1日4杯以上のコーヒーを飲むと、妊娠率が26%低下。
  • 1日20杯以上のコーヒーを飲むと、妊娠率がさらに大幅に低下。

これはコーヒーのカフェインが、副腎髄質を刺激し、カテコールアミンを増加。

カテコールアミンの影響で、子宮から胎盤に流れる血管が収縮し、胎盤に酸素が届かずに着床障害や不育症などの原因に

さらに血管が細くなり血圧が上昇することで、排卵障害や着床障害を招く結果になります。

男性のカフェイン摂取と不妊との関係とは?

アメリカ国立衛生研究所の最新研究では、女性だけではなく男性のカフェイン摂取と不妊の関係性についても、問題視されています。

これは妊娠を望む501組の夫婦に対して行われたもので、避妊をしないだけで、生活習慣は従来と同じように過ごしてもらった研究の結果です。

1日2杯のカフェイン入った飲み物を飲むことで、

  • 女性は流産のリスクが74%上昇
  • 男性は流産のリスクが73%上昇

実際に妊娠した344組のうち98組が流産を経験し、35歳以上にあるとそのリスクが35歳未満の夫婦よりも2倍に。

高齢妊活に挑戦する際には、男性も女性も出来る限りカフェインの入った飲み物の摂取は、できるだけ控えた方が良さそうです。

カフェイン摂取による健康効果やメリットとは?

 

ここまで妊活にとって、どれだけカフェインが有害なのか?デメリットしかないのか?という話をしてきました。

でもカフェインには、メリットがまったくないわけではありません。

カフェインの代表と言えば、コーヒーではないでしょうか?実際にコーヒーを飲むことでどのような効果があるのかを紹介すると・・・

  • 血糖値の上昇を緩やかにできる
  • 便通を改善する
  • 覚醒作用で目が覚め、集中力が上昇する
  • 女性ホルモンが増えて美肌効果が期待できる
  • ポリフェノールの抗酸化・抗がん作用

1日3杯のコーヒーを飲むことで、コーヒーを全く飲まない女性と比較すると、子宮体がんになるリスクが6割も低下すると厚生労働省も発表しています。

だから、全くメリットや効果がないというわけではないのです。

カフェインを含んだ飲み物は程々にするのが一番。

食後のコーヒーでリラックスできたり、目覚めに使っていたりとカフェインを口にする機会は非常に多いもの。

それを全てやめましょうと言えば、それ自体が妊活にとって良くないストレスを感じる原因のひとつになることもあるでしょう。

だから完全にカフェインを排除するよりも、妊活中は程よく付き合っていくのがベターです。

コーヒーでも1日1〜2杯では、妊活にそこまで影響が出ることはないと言われていますので、そのあたりを目安にすると良いと思います。

でも、朝はお茶、昼はコーヒー、3時に紅茶、夜もお茶・・・などとカフェインの入ったものを組み合わせて飲むのはご法度。

それではトータルで、かなりのカフェインを摂取していることになります。

妊活中には、たんぽぽ茶やルイボスティー、ゆず茶や黒豆茶などノンカフェインで、妊活に役立つ栄養素を摂取できる飲み物が沢山ありますので、そういった飲み物と組み合わせましょう。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

妊活のウォーキング時間は?妊娠に効果的な有酸素運動を紹介!

夫婦で妊活を成功させる為に、効果的なウォーキングの時間はどのくらいなのか知っていますか? 妊活や不妊治療の際に、ウォーキングのような手…

きのこは妊活に効果的な食材。菌活で女性の妊娠力が高まる!

きのこは妊活に効果的な食材だということを知っていますか。 単にカロリーが少なく、食物繊維が多いだけがきのこの特徴ではありません。 …

お風呂が妊活中の妊娠力を高め、不妊症の改善に役立ち効果的!

妊活中にお風呂にしっかり入浴することで、妊娠力を高め、不妊症の改善に役立つ効果があります。 しかし入浴法を間違えると、妊娠力が低下し妊…

不妊整体や鍼灸の効果で、目指せ子宝!不育症も改善できるの?

不妊整体や不妊鍼灸に通うことで、身体の内側から妊娠しやすい状態に改善できるんです。 でも実際にどんな効果があるのか?費用の目安は?不妊…

温経湯が不妊改善に効果的な漢方薬って本当?効果や効能は?

漢方薬の温経湯を服用すると、不妊を改善できたり、不妊治療に役立つ効果や効能があるとい和れていますが、実際どうなのでしょうか。 温経湯の…

ホットヨガが妊活に効果的、不妊の原因を改善し妊娠力が向上する

妊活中の女性がホットヨガに通ったら妊娠できたと話題ですが、ホットヨガには妊娠に役立つ効果があるのでしょうか。 実はホットヨガの別名は、…