妊活中に妊娠体質を目指しているのなら、コレステロールの摂取も必要だということを理解していますか。

悪玉コレステロールと言えば、健康に悪影響しか与えないイメージがありますが、実は妊娠を目指しているなら、摂取する必要があったんです。

脂質を適度に摂取することも、妊娠力をアップさせるという意味では、本当に大切なことです。

妊娠する為には、コレステロールの摂取も必要だった!

少し意外な話に感じるかもしれませんが、実はコレステロールには妊娠力をアップさせる効果もあるです。

コレステロールと言えば、血液をドロドロにして血流を悪化させたり、動脈硬化の原因になったりと、悪いことばかりだと考えている人が多いでしょう。

しかも悪玉コレステロールのLDLコレステロールには、妊娠を目指す人には、摂取すべき明確な理由があったんです。

当然ながら、動脈硬化や心筋梗塞のきっかけになるほど大量の悪玉コレステロールを摂取すべきではありませんが、適度な悪玉コレステロールの摂取は必要。

その理由は、悪玉コレステロールと性ホルモンの関係によるものです。

悪玉コレステロールは、性ホルモンの原材料になる

悪玉コレステロールが性ホルモンの原材料になると言われても、あまりそういう印象がないと思いますが、増えすぎると問題になるのでそんな名前になっているだけ。

悪玉コレステロールというよりもLDLコレステロールと呼べば、そこまで悪いイメージはないと思います。

このLDLコレステロールを原材料にして、女性ホルモンが作られたり、子宮や卵巣の細胞膜の構成要因になっているんです。

だからもしあなたが極端なダイエットを行って、コレステロール値が低すぎると、月経不順や排卵障害などの妊娠力を低下させる要因に。

だからこそ、妊活中で妊娠体質を目指しているのなら、適度なコレステロールの摂取が必要です。

一時期世界的にベジタリアンが流行りましたが、ベジタリアンになると月経が止まったり、女性らしい体型でなくなるのは、女性ホルモンがしっかり作られないから。

ベジタリアンを否定するわけではありませんが、脂質やコレステロールにも、人間が摂取する意味があるということを知っておきましょう。

体が低コレステロールの状態になると、実は抗ストレスホルモンも作られなくなりますので、ストレス耐性が大幅に低下。

その影響で妊娠力が低下している可能性すらあるんです。

悪玉コレステロールを含んでいる食品とは?

悪玉コレステロールを含む食品を食べましょうとは、なかなかいいにくいものですが、適度に摂取するようにしましょう。

悪玉コレステロールのLDLコレステロールは、豚や牛の脂身やバターなどに含まれていますので、これらの食材もたまには摂取する事が基本。

ただLDLコレステロールだけを摂取するよりも、イワシや鯖などの青魚のオメガ3、オリーブオイルやなたね油などの良質な脂肪分も組み合わせる事が大切です。

コレステロールもバランスよく摂取すること、様々な食材に含まれているコレステロールを組み合わせて摂取することで、効果を高めることができます。

ただいくら妊活に大事なLDLコレステロールでも、過剰摂取は生活習慣病の原因やきっかけになるので、摂取量にだけは注意をしましょう。

トランス脂肪酸だけは摂取しないように注意する

性ホルモンの原材料にLDLコレステロールや脂肪酸が使われていると言っても、唯一注意が必要なのがトランス脂肪酸。

トランス脂肪酸は、マーガリンやスナック菓子、揚げ物やファーストフードなどに含まれている自然由来ではない人工的な油です。

そんなトランス脂肪酸は、一度体内に入ると二度と分解されずに排出されにくい特徴があるので、その点だけでも妊活にはデメリット。

さらに、善玉コレステロールを減少させ、女性ホルモンのエストロゲンを増加させる作用があることで、ホルモンバランスが悪化し、妊娠力が低下する可能性も高まります。

トランス脂肪酸が妊娠力に与えるデメリットは、

  • 排卵関係の不妊リスクが高まる
  • インスリン抵抗性を生じることで、排卵障害や子宮内膜症に悪影響が出る
  • 精子の数が減少する

男性にも女性にもこのような悪影響が出ることがわかっていますので、妊活中ならば、できるだけトランス脂肪酸を摂取しないようにすることが大切です。

不飽和脂肪酸の摂取が妊娠力を高める

コレステロールは、不飽和脂肪酸、飽和脂肪酸、トランス脂肪酸に分類できます。

トランス脂肪酸は先ほども紹介したように、妊活にも生活習慣病の発病にも悪影響を与えます。

飽和脂肪酸は適量摂取では問題がなく、健康効果や妊娠力アップに役立つのが不飽和脂肪酸。

不飽和脂肪酸も、一価不飽和脂肪酸(オメガ9脂肪酸)と多価不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸)に分類することができます。

一価不飽和脂肪酸のオメガ9は、オリーブオイルやキャノーラ油、アボカドやアーモンド、ゴマなどに含まれている脂質で、血糖値・炎症の状態を助ける働きもり、妊娠力がアップ。

多価不飽和脂肪酸のオメガ3とオメガ6は、魚介類や大豆などに含まれている脂質で、血流改善効果があることで、卵巣や子宮への血流も良くなり、妊娠力をアップしてくれます。

不飽和脂肪酸をコントロールすることは、インスリンもコントロールできることに。

インスリンの分泌バランスが崩れると、多嚢胞性卵巣症候群などの排卵障害を引き起こすので、不飽和脂肪酸は、妊娠には欠かせない成分だと考えることができます。

この様に脂肪酸には、妊娠力と密接な関係性があることがわかっていますので、トランス脂肪酸以外のコレステロールもしっかり摂取することが大切です。

ぽっちゃりや肥満体型は、妊娠力を低下させることになりますが、ダイエットをし過ぎてガリガリの痩せ型になっても妊娠力が低下することを理解しましょう。

妊娠を目指すなら、脂肪酸の持つ効果もうまく活用して、妊娠力をアップすることも大切ですね。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

アラフォーの妊活や出産は夫婦の協力が必要、自然妊娠できる?

アラフォー世代の妊活や出産には、夫婦の協力がすごく重要なことだということを理解していますか。 アラフォーになると自然妊娠できる確率もか…

えごま油のリノレン酸が妊活に効果的、積極的な摂取で妊娠力向上

オメガ3系の脂質であるえごま油を妊活中に積極的に摂取するようにすると、男性も女性も妊娠力が向上します。 実際にえごま油のリノレン酸には…

妊活は低温期の過ごし方で妊娠確率が変化、注意点やポイントは?

妊活中の女性の多くが、低温期よりも高温期が重要だと考えているようですが、実際には低温期の方が大切なんです。 低温期の過ごし方で妊娠力や…

排卵日が一番妊娠する確率が高いタイミングじゃないって本当?

タイミング法などの自然妊娠を目指す方法で、妊活を行っていると意識しなければならないのが排卵日。 でもそんな排卵日が、一番妊娠する確率が…

メンタルヘルスは妊活中の女性に大事なこと、ストレスで不妊に!

妊活中の女性にとって、健康と同じくらいメンタルヘルスも非常に大切なことです。 ストレス状態が続くと、女性の妊娠力が低下し、不妊の原因に…

妊活はいつから禁酒すべき?妊娠超初期のアルコールの影響は?

妊活中の女性は、いつから禁酒すべきなのでしょうか? 妊娠超初期や妊娠中のアルコール摂取が、胎児に与える影響やデメリットは? 飲酒…