プチ断食やファスティングが妊活や妊娠力のアップに効果的だと言われていますが、その効果は本当なのでしょうか。

実際に不妊治療で悩んでいた女性が、プチ断食で自然妊娠できたという話も聞きます。

プチ断食やファスティングが不妊にどのような影響を与えるのか、妊娠できる理由について、今回は紹介します。

プチ断食とファスティングと妊娠の関係とは?

ダイエットブームもあり、プチ断食や本格的な断食に挑戦したことがある人もいらっしゃると思いますが、簡単に説明すると・・・

プチ断食とは、自宅で誰でもできるような断食のことで、週末などを使って行う人も多い断食のこと。

1日飲み物だけで過ごし、食事を我慢するという断食方法が、一般的にプチ断食と呼ばれています。

ただプチ断食の定義は曖昧なため、水だけで断食とか、砂糖水だけで断食とか・・・実はルールが明確化されていません。

唯一のルールは、 水分の摂取は問題無けれども、固形物は摂取してはいけないということ。

この固形物を口にしないことで、内臓を休ませることがプチ断食の一番の目的です。

内臓を休ませることで、消化や吸収に使っていたエネルギーを細胞の修復や老廃物の排出などに使い、身体を内側から健康にする効果が期待できます。

健康であることは、妊活や妊娠力のアップにも効果的なので、妊活にプチ断食を活用する人が増えているという理由もあります。

プチ断食やファスティングでミトコンドリアが活性化される

ここ数年話題になっている、卵子の質や卵子の老化の問題。

そこに大きな影響を与えているのが、ミトコンドリアの減少や活動量の低下です。

ミトコンドリアは、活性酸素の増加や食品添加物などの影響を受けて体内で衰弱しているんです。

ミトコンドリアは、卵子の中だけで10万個も存在するといわれており、活動が低下することで、受精や細胞分裂が上手くできずに着床や妊娠に影響します。

ミトコンドリアの刺激になるのが、断食やファスティング。

プチ断食以外だと、適度な運動や息切れ、寒さを感じることなどでミトコンドリアは活性化します。

プチ断食の結果、ミトコンドリアが活発になり、卵子の老化を抑制できたり、卵子の質が向上する効果も期待できるというわけです。

プチ断食が妊活や不妊に良い理由と効果とは?

ミトコンドリアの活性化だけでも、妊娠力のアップには非常に効果的ですが、プチ断食にはもっと沢山の効果が期待できます。

実際に不妊治療の現場でも、プチ断食や断食を勧められることもしばしば。

特にダイエットが必要な体型の場合、排卵障害の原因にもなりかねないので、方法を間違えないことが大事。

それでは実際に、プチ断食にどんな効果や効能が期待できるのかを一気に紹介します。

エネルギーを温存し、細胞の修復が進む

最初にも少し説明しましたが、人間が生活していく上で食事を食べることは必要です。

でも現代は飽食の時代。

様々な食品を好きなだけ食べることができるので、つい食べすぎてしまうことも。

その結果、食事の消化や吸収に大量のエネルギーや酵素が使われてしまい、不足気味な人が多いんです。

慢性的に痩せにくい人は、完全に体内の酵素量が少なく、脂肪の燃焼などに使うことができないんです。

人間は怪我をすると、食事を食べて栄養を補って治そうとしますが、動物はその逆で何も食べずにじっと動かなくなります。

そうすることで、体内のエネルギーを温存し、傷の回復を早めることができることを、自然の知恵で知っているんです。

だからプチ断食でエネルギーを温存すれば、それまで修復できなかった細胞の劣化や傷を回復させることが可能に。

子宮や卵巣に問題があった人でも、プチ断食でその部分の修復が進み、妊娠力がアップすることにつながります。

細胞の修復による卵子の質の向上

人間の体は修復される際に、それまで溜めていた悪いものを吐き出し、新たな細胞に生まれ変わります。

細胞のデトックス効果や生まれ変わりが与える影響は、非常に効果的に妊娠力のアップにつながります。

その際に、ミトコンドリアが活性された卵子を新たに生み出すことができれば、それまでは上手く作用しなかった細胞分裂のためのエネルギーを、作り出すことができるようになります。

卵子の質や卵子の老化を改善するきっかけは、ミトコンドリアをどこまで活性化させることができるのか?

という部分にかかっていますので、卵子の質を向上させる意味でも、プチ断食は効果的です。

生存本能を高め子孫を残す力を発揮する

現代では食に困ることがないので、生命の危機を感じることがありません。

それが実は、人間の生存本能を弱めている一因。

しかしプチ断食を行うことで、一時的な栄養不足の状態に陥り、子孫を残さなければと本能的に身体が動き始めます。

それが生存本能の強化につながり、妊娠力のアップに役立ちます。

プチ断食は、生存本能を入れる簡単なスイッチだと思えば、良いと思います。

しかも誰でも簡単におセルスイッチなので、上手く活用しない理由はないんです。

腸内環境が改善し、免疫力が向上する。

プチ断食をすることで、固形物がなく水分しか摂取しませんので、新たな便ができずに、今ある便が出やすい状態に。

その結果、腸内環境が改善してデトックス効果を実感できます。

実は排便は、人間のデトックスの7〜8割を担う非常に大切なもの。

それがちゃんと機能しない便秘は、どれだけ健康に対してデメリットなのか。ということは言わなくともわかると思います。

さらに腸内環境の改善は、NK細胞の強化につながり、体内全体の免疫力をアップさせる効果も。

免疫力がアップすることで、それまでは排除できなかったような問題にも対処することができるようになります。

その問題が、もし子宮や卵巣で起こっていたなら。

妊娠力のアップは確実ですし、デトックス効果により有毒ガスや有害物質を血液中に吸収しなくて済むので、子宮や卵巣の状態も改善します。

冷え性改善効果と血液サラサラ効果

プチ断食を行うことで、血中のコレステロール値が減少します。

その結果、ドロドロ血液からサラサラ血液に変化し、全身の血流が改善されます。

しかもその血液は、腸内で有毒ガスや有害物質を吸収していないので、豊富な栄養素や酸素を含んでいます。

だから、子宮や卵巣が必要な栄養素を吸収することができるので、妊娠力がアップします。

さらに血流の改善は、冷え性の改善にもつながり、妊娠の大敵の冷えから脱却することができ、妊娠力がアップします。

プチ断食で生理が再開した人もいる

閉経したと思っていた女性の中に、プチ断食を実践したことで、生理が再開した人がいらっしゃるそうです。

これってすごい効果だと思いませんか?

閉経する=女性としての機能の消失を意味しますが、それが復活する。

確かに年齢的に閉経してしまう人もいますが、それが高齢でも再開するのは、健康な体を取り戻したからというべきでしょう。

そういった高い効果があることがわかっていますので、プチ断食はぜひ妊活に取り入れるべきだと思います。

妊活に効果的なプチ断食やファスティングの実践方法とは?

実際にどのような方法で、プチ断食を行うことが妊娠力のアップに繋がるのか?

みなさんが一番知りたいことだと思います。

それはズバリ、排卵日の直前にプチ断食やファスティングを行うことなんです。

月に1度しかない大事なタイミングで?と思うかもしれませんが、そのタイミングこそが、最も効果的に妊娠力をアップさせることができます。

排卵日を挟んだ4日間プチ断食が効果的

最も妊娠力のアップに効果的なのが、排卵日を挟んだ4日間プチ断食です。

4日間と言っても、4日間全く何も食べないわけではありません。

1日のプチ断食よりも、非常に高い効果が期待できますので、その方法を紹介しますね。

  • 1日目(排卵日3日前)・・・1食をスムージーなどに置き換え
  • 2日目(排卵日2日前)・・・終日、水分(スムージーなど)
  • 3日目(排卵日2日前)・・・終日、水分(スムージーなど)
  • 4日目(排卵日当日)・・・和食を中心に、節制食(回復食)

いきなり終日プチ断食をするよりも前日にプチプチ断食をして少し体を慣らすこと、排卵日当時当日は和食を中心に、低脂肪で消化に良いものを食べましょう。

気になるようなら、排卵日の翌日も少し軽めにした方が、胃や腸などへの影響や負担は少ないです。

それと人によっては、3日間とか2日間とか体質や体調によって、合う合わないことがありますので、色々試してみてください。

プチ断食中の飲みものは色々選べる。

今回はスムージーを紹介しましたが、 酵素ドリンクや黒酢、生姜紅茶や自作の野菜ジュースなど色々選べます。

たんぽぽ茶やルイボスティー、ほうじ茶や黒豆茶なども妊活に効果的なお茶なので、そういったものを取り入れるのも良いと思います。

大事なことは、砂糖の多いもの、炭酸飲料、アルコールなどは控えることです。

基本的には、体に良いものであまり刺激のないものを選ぶようにしましょう。

プチ断食やファスティングで妊活に成功した人の口コミは?

プチ断食が妊活や妊娠力のアップに効果的なのはなんとなくわかったけど、実際にどんな人が妊活に成功しているのか?

凄く気になる人が多いと思います。

そこでプチ断食をきっかけに、妊娠できた人の口コミや評価を紹介します。

なかには不妊治療で顕微授精をしてもできなかったのに、プチ断食で自然妊娠できた人もいますので、参考にどうぞ!

40代で不妊治療に1,000万円使った夫婦

40代の夫婦が妊活を行っていたものの上手く妊娠できず、年齢的なこともあり、不妊治療(顕微授精)をおこなったものの、一度も着床せず

それまでに不妊治療に使った総額は、1,000万円を超えていたのだとか。

しかし、半年間のプチ断食(ファスティング)で、なんと自然妊娠。

その際には、毎月3〜5日のプチ断食と食事内容の変更、サプリメントを活用することで、体質改善を行っていたそうです。

不妊治療でも上手くいかず、半ば諦めていた段階での自然妊娠だったので、すごく嬉しかったそうです。

1年間の体外受精でも妊娠できなかった夫婦

こちらも40代の夫婦で1年間も体外受精を行なったものの、一度も着床せずに妊娠に至らず。

そんな時に7日間のファスティング+断食と活性酸素を除去するサプリメント、それと食事内容の変更をおこなって、わずか2回で体外受精で着床を確認。

しかし卵子の質が悪い時期に採取したものだったので、残念ながら流産。

その3ヶ月後に自然妊娠し、出産。

まさにミラクル。一度着床したことで、妊娠に希望が持てたことで状況が好転したんだと思います。

2年間の妊活でも妊娠できなかった30代の夫婦

妊娠に楽観的な考えを持っていた30代の夫婦ですが、健康状態の悪化が肌荒れとして現れる程の状態でした。

そのため、7日間のファスティング+断食で体内の健康状態を改善したところ、その翌月に妊娠。

2年間全く妊娠できなかった夫婦が、僅か1度のファスティングだけで、妊娠出来る。

こんなこともあるんです。

本格的な断食を行うか、プチ断食を行うかはあなたの状態に合わせて判断するのが良い思います。

しかし、プチ断食でも断食でも、排卵日を挟んで行うことでよりその効果を高めることができます。

現代人は、食品添加物や優雅木重金属を体内に蓄積しているだけではなく、十分な栄養素(ビタミンやミネラル)を摂取できていません。

そんな日々で衰えてしまった妊娠力を改善するには、悪いものを一度排出することが必要。

そういった意味で、デトックス効果の高いプチ断食や断食を取り入れて、本来の健康を取り戻しつつ、妊娠力をアップさせて妊活を成功させましょう。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

ビタミンEが妊活に必要な4つの理由!不妊を改善し妊娠力に大切

ビタミンEには、妊活や妊娠に役立つ効果があるのを知っていますか。 子宝ビタミンとも呼ばれるビタミンEが持つ、妊娠に必要な4つの理由とは…

甘酒が妊活に効果的、飲む点滴は女性の妊娠力のアップに役立つ!

飲む点滴と言われる甘酒を妊活に役立てると、本当に効果的に妊娠力がアップします。 実際にどんな甘酒が良いのか、酒粕と米麹のノンアルコール…

プルーンは妊活に役立つ果物。食べる際の注意点や効果・効能は?

プルーンは妊活に役立つ果物だと言われていますが、食べる際に注意点が必要とも言われるリユウがあるんです。 実際にプルーンを食べることで摂…

ピロリ菌感染が不妊の原因?妊活前に除菌治療を行うべき理由は?

ピロリ菌感染が、不妊の原因であるという研究や報告が多数あることを知っていますか? 実際にピロリ菌に感染していると、妊活や妊娠にどのよう…

さばは妊娠力アップに役立つ食材、妊活するなら食生活に必要!

青魚のさばを食べることで、男性も女性も妊娠力がアップし、妊活に役立つ食材だということに気づいていますか? 普段の食生活で積極的にさばを…

カイロで妊活。温活で妊娠したい不妊女性が貼る場所は仙骨が良いの?

冷えは妊活を行っている女性にとって、大敵ですが、カイロを使った温活については、様々な意見があります。 実際にカイロ温活で妊娠した人は、…