妊活に必要な食べ物や食事、食生活に関する基本的な考え方とは?

妊娠力を向上させるために、男性と女性が摂取すべき食品や栄養素について徹底解説。

妊活をする際に役立つ情報が満載なので、これを参考に不妊の原因の洗い出しと食材や食品の見直しをしてみませんか?

目次

妊娠しやすい食生活を知ることで、妊娠力をアップさせよう!

妊娠や出産は、女性にとって一大イベント。

夫婦の人生の節目のひとつです。そんな妊娠・出産を乗り切るためには、普段以上に食生活を意識しておく必要があります。

妊娠に必要な体力や健康状態でないと、赤ちゃんを授かることもできませんし、妊娠・出産という期間を最後まで乗り切ることができません。

ダイエットのし過ぎで痩せていたり、食べ過ぎや運動不足で肥満体型だったりすると、妊娠力がダウンするのも有名な話。

着床しても胎内で赤ちゃんが成長せずに、育てることができなかったりします。

妊活をしていたり、自然妊娠を考えているなら、食事内容は見直したいところ。

特に、食事の栄養バランスは大事です。

イメージは、昭和の家庭料理です。一汁三菜の考え方で、野菜や海藻、魚や大豆などのビタミンやミネラルが豊富な食材を選ぶべき。

糖分や脂質は控える必要がありますし、インスタント食品やレトルト食品、スーパーの出来合いのおかずばかりでは、妊娠力をアップさせることはできません。

たまの外食はストレス発散にも良いですが、妊活中はできるだけ手をかけたものを食べる。

これを意識することが大切です。

妊娠や出産の先には子育てもあるので、妊活期間を通じて、栄養素や食事内容の見直し、料理のレパートリーを増やしておくと良いと思いますよ。

現代人は、ビタミンやミネラルだけではなく、酵素も不足しています。

酵素は自然の恵み。

食材から自分でしっかり調理することで、体の健康を改善してくれます。

逆にインスタント食品やファーストフード、スナック菓子やスイーツばかり食べていると酵素が激減し、脂肪と糖質だらけで妊娠しにくい体になります。

人間は、何を食べるのかで体の健康状態が大きく変わり、妊娠力にも、影響が出ますので、しっかりと見直しておきましょう。

女性の妊娠力をアップさせる食べ物や食材とは?

女性に多いのが、冷え性や貧血、低血糖などの慢性的な症状です。

これらの原因になるのが、体内の血行の悪さです。血行改善効果のある ビタミンEや血の元になる 鉄分をしっかり食べましょう。

鉄分を多く含んでいる食材

  • 牛肉
  • レバー
  • 海藻
  • 牡蠣

食物繊維を多く含んでいる食材

  • ごぼう
  • イモ類
  • こんにゃく
  • ひじき

カルシウムを多く含んでいる食材

  • 小魚
  • 牛乳
  • 小松菜
  • 切り干し大根

男性の妊娠力をアップさせる食べ物や食材とは?

男性は仕事の影響で、食生活が乱れがち。

特に外食が続いたり、夜ご飯が遅くなったりと不規則な生活が妊娠力をダウンさせますので、食事内容と時間帯の見直しが必須です。

亜鉛を多く含んでいる食材

  • 牡蠣
  • ホタテ
  • しょうが
  • ナッツ類

ビタミンAを多く含んでいる食材

  • たまご
  • うなぎ
  • レバー
  • 小松菜

ビタミンBを多く含んでいる食材

  • うなぎ
  • 大豆食品
  • しいたけ
  • 豚肉

アルギニンを多く含んでいる食材

  • 豚足(豚コラーゲン)
  • 高野豆腐
  • 落花生
  • ごま

女性も男性も妊娠力をアップさせる食べ物や食材とは?

女性も男性も、まずは食生活を全般的に見直すことが大切です。

特に不規則だったり、偏食がちな場合には、赤ちゃんのためにも規則正しい食生活に改善し、できるだけ多くの食材を食べるようにしましょう。

妊娠力をアップさせるネバネバ食品

  • 長芋
  • 里芋
  • モロヘイヤ
  • 納豆
  • オクラ

妊娠力をアップさせるユリ科の食品

  • にんにく
  • ニラ
  • らっきょう

妊娠力をアップさせる果物

  • グレープフルーツ
  • レモン
  • バナナ
  • りんご
  • ブルーベリー

妊娠力をアップさせるお茶の種類と効能とは?

お茶も種類によっては様々な効果や効能があり、妊娠力のアップや健康に役立つ効果があるものもたくさんあります。

そこで、妊娠に役立つ効能があるお茶を紹介します。

クコ茶の効果と効能とは?

強精効果が高く、夏バテや食欲不振にも役立つ効果があります。

ハトムギ茶の効果と効能とは?

滋養強壮作用、新陳代謝の促進作用以外にも、利尿作用に優れ他効果があります。

どくだみ茶の効果と効能とは?

血液浄化作用があるフラボノイドを豊富に含有していて、便秘やアレルギーにも効果があります。

ギムネマ茶の効果と効能とは?

腸で吸収される糖分を抑制する作用があり、糖尿病などの生活習慣病の予防・改善に効果があります。

緑茶の効果と効能とは?

ビタミンCが豊富で、フラボノイドやカテキン、多糖類を含んでいるので、がん予防や抗酸化作用が期待できます。

妊活に効果的と言われる食材や食品の実際の効果を徹底解説!

世の中には、妊活に役立ったり、妊娠力を向上させると言われている多くの食材や食品があります。

そこで実際に効果があるのか?

自然妊娠に役立つ、妊娠力の有無や健康に関する効果を紹介します。

豆乳で妊娠しやすい体に変わるか?

豆乳と言えば、 大豆イソフラボンですよね?

大豆イソフラボンの作用が女性ホルモンのエストロゲンに似ているので、豆乳を飲むと妊娠しやすい体になると言われています。

女性ホルモンは、確かに月経のシステムの中で非常に重要な役割りを担っています。

だから大豆イソフラボンを補給することでも、同様の効果が期待できるというわけ。

特に年齢が進んだ女性にとっては、大事な飲み物のひとつです。

豆乳には、成分無調整豆乳と成分調整豆乳がありますが、成分調整豆乳は塩分含有量が多いので、飲み過ぎには注意が必要です。

ただ、大豆イソフラボンに限って言えば、豆乳以外の大豆製品にも含まれていますので、苦手な人は納豆や湯葉、豆腐などでも代用できます。

大豆には、良質なたんぱく質が豊富に含まれていますし、低脂肪低カロリーというメリットも。

妊娠を考えていない人でも、女性なら誰しも食べたい食材のひとつです。

ザクロジュースは妊娠に効果的?

ザクロと言えば、昔から子宝の果物。

食べると子宝に恵まれる」と言われ続けてきましたし、部屋にザクロの絵や写真を飾るだけでも妊娠しやすくなるなんて噂も・・・

しかも数年前に、メディアで特集が組まれザクロには、エストロゲンが含まれていると超話題に!

だから、当時不妊に悩んでいた女性の中には、ザクロばかり食べていた人もいるくらいですが、実はエストロゲンは含まれていません。

ザクロは、妊娠に直結しない果物です。

でも、ザクロには豊富なビタミンCが含まれていることがわかっていますので、健康や美容に役立つ効果があるのは、間違いなしです。

エストロゲンが含まれていないからザクロを食べないのではなく、健康や美容目的でビタミンCの摂取源として、活用するようにしましょう。

医学的には、ザクロが妊娠に直結しない果物でも、 ゲン担ぎという意味では、ザクロを食べて、ストレスを軽減させるのも良いかもしれませんよ。

ローヤルゼリーは妊娠に効果的?

ローヤルゼリーって知ってますか?

あの 女王蜂が卵を生み続けるために、ずっと食べている栄養源です。

ローヤルゼリーは、糖質・たんぱく質・脂肪・ビタミン・ミネラル・・ほとんどの栄養素が含まれているスーパーフード。

しかも栄養源だけではなく、女性ホルモンのバランスを整えて、老化を防止する作用まであるんです。

だから、「 ローヤルゼリーを食べると妊娠しやすい体になる」と言われています。

ローヤルゼリーも豆乳の大豆イソフラボン同様に、少し年齢が進んだ女性には必要な食品。

ホルモンバランスを整え、老化を最小限に抑えることで、妊娠しやすい体を維持することができます。

しかも、男性の機能回復にも役立つ効果も。

夫婦でローヤルゼリーを食べて、前向きに妊活と向き合えば、妊娠できる可能性も高まるかも。

ローヤルゼリーには、粒や顆粒のもの、生の状態のものなど、様々な形状があります。

生のローヤルゼリーは舌を刺すような刺激があるので、ヨーグルトやハチミツなどと組み合わせて食べると良いと思います。

グレープフルーツは妊娠に効果的?

美容効果も健康効果も高い、ビタミンや葉酸が豊富なグレープフルーツ。

実際に不妊症の人の間では、妊娠の確率が高まるとか、高温時に食べると子宮内膜が厚くなるなど、 妊活の必須アイテムの様に言われています。

でも残念ながら、医学的データの裏付けはありません。

葉酸が豊富なこともあり、アメリカでは奇形児を予防する効果があり、妊婦さんに必須の果物だと言われています。

妊娠の1ヶ月前〜妊娠初期の3ヶ月に、この葉酸の効果が必要だと考えられています。

日本でも厚生労働省が、妊婦さんへの葉酸サプリメントの摂取を推奨しているので、妊活中の人なら誰もが知っている話だと思います。

葉酸で言えば、グレープフルーツ以外にも、ほうれん草やブロッコリー、しそやニラなどにも豊富に含まれています。

固形物が辛い時には、100%のグレープフルーツジュースでも大丈夫ですので、葉酸とビタミンを摂取して、元気な赤ちゃんにしましょう。

ビタミンEは妊娠に効果的?

ビタミンEと言えば、血行促進に男性の生殖機能回復効果も期待できます。

さらに、過酸化脂質の生成を予防し、抗酸化作用が高いことでも知られています。

過酸化脂質とは、活性酸素と脂質が結合した老化を促進する物質なので、妊活中の女性にとっては天敵のようなもの。

若返りビタミンとも言われるビタミンEで、子宮や生殖機能の老化を予防しましょう。

実はビタミンEの効果はそれだけではありません。

卵巣に多く存在するビタミンE。だから、不足すると卵巣機能が低下。

ビタミンEを摂取すると、黄体ホルモンの分泌が促進され、流産の予防にも効果的で、不妊との関係性がわかりつつある栄養素です。

ビタミンEはサプリメントでも摂取できますが、吸収率を考えると食品から摂取するのが一番。

しかも、ビタミンCと同時に摂取することで、吸収率が高まります。

ビタミンEを豊富に含む食べ物は、アーモンド・うなぎ・たらこ・落花生・さんま・いわし・ほうれん草・ブロッコリー・アボカド・かぼちゃなど。

ビタミンEの中でも、 α-トコフェロールが妊活や妊娠には効果的。

実は8種類もビタミンEはあるので、単にビタミンEだけを確認するのではなく、α-トコフェロールが含まれているのかを確認しましょう。

男性不妊に亜鉛が効果的?

亜鉛と言えば、男性の不妊治療にも活用される成分です。

アメリカの研究で、亜鉛不足だと男性の精子数が減少するということが発表されたから。

アメリカでは、セックスミネラルとして亜鉛が活用され、精力増強に役立つと言われています。

亜鉛が不足すると男性だけではなく、女性でも抜け毛が増えたり、肌が乾燥したり、傷の治りが遅くなったりと様々なデメリットが。

亜鉛は細胞の再生と分裂に役立つ成分なので、妊娠した時に備えて、早めから摂取しておきたいものです。

亜鉛を豊富に含む食べ物は、牡蠣・ホタテ・レバー・納豆・高野豆腐などに含まれていますので、多くの食材を使用して、普段から摂取するようにしましょう。

ネバネバ食品が精子に効果的?

ネバネバ食品の中でも、妊活に効果的なのが山芋です。

山芋の別名は、「 山のうなぎ

うなぎのように滋養強壮作用が高く、昔から男性の精子を増やす効果があるとして、子宝を授かると言われてきました。

山芋のパワーの源は、 ミューシンというたんぱく質とマンナンが結合した物質。

ミューシンはスタミナに効果的なだけではなく、たんぱく質の消化や吸収にも役立つ成分です。

だから、病後の回復食や虚弱体質の改善に効果が期待できます。

男性だけではなく、女性も積極的に山芋を食べることで、健康になることで妊娠力が向上。

ミューシンは、山芋以外にも里芋・オクラ・モロヘイヤなどにも含まれていますので、苦手な人は他の食材でも代用可能です。

ただ納豆のネバネバの正体は、 ナットウキナーゼなので、全く効果が違います。

ナットウキナーゼの効果は血液サラサラ効果、動脈硬化を予防したり、血流改善による冷え性の緩和など、健康目的で摂取したい食材です。

うなぎは精力増強に効果的?

山芋が山のうなぎで効果的なら、本物のうなぎも効果的ですよね?

うなぎの精力増強効果は、既に栄養学的にも実証されていますので、妊活に活用しましょう。

うなぎのビタミンAが、生殖能力の衰えを予防します。

ビタミンAが最も豊富なのは、うなぎの肉ではなく、肝の部分。

蒲焼きと肝吸いをセットで食べると完璧。

ビタミンAは、男性だけではなく、女性にも必要な栄養素なので、土用の丑の日は夫婦でうなぎがおすすめ。

ビタミンAは食品で摂取する分には問題ありませんが、サプリメントで過剰摂取すると奇形児を誘発することがあるので要注意。

さらにうなぎには、精子を作ったり、卵巣の若返りに役立つビタミンEも豊富です。

うなぎの皮は気持ち悪くて食べられないという人もいますが、皮に含まれる ムコプロテインが大事。

荒れた胃粘膜の状態を改善し、食べ物の消化吸収を助けてくれます。

妊娠の為に体重を増やさなければならない人は、胃が疲れてしまうこともあるので、うなぎの皮もしっかり食べましょう。

にんにくは妊娠に効果的?

にんにくも古来から活用されてきた滋養強壮や冷え性改善、疲労回復の食品です。

にんにくの効果は、 アリシンという独特の臭いを発する成分によるもの。

アリシンの効果のひとつに、ビタミンB1の吸収率を高め、スタミナ増強効果があります。

さらに、妊娠に役立つ冷え性改善効果も。

アリシンが毛細血管を拡張し、胃腸や心臓の機能を改善し、不妊の大敵の冷えを改善してくれます。

妊活に取り組んでいたり、妊娠したいと考えているカップルには、必須の栄養素。

メリットが多いにんにくも食べ過ぎは禁物。

1日1片で、十分に効果を実感できます。

最近は無臭ニンニクもありますし、にんにく以外でもユリ科のニラ・らっきょう・ミョウガにもアリシンは含まれています。

にんにくをそのまま食べるのに抵抗がある人は、 にんにく醤油やガーリックオイルを自家製するのもひとつの方法。

料理の味付けも変わるし、妊娠力もアップする一石二鳥の方法です。

マカは不妊症に効果的?

南米アンデス産のマカ。

最近、不妊症に効果的と話題ですが、リジンやアルギニンが豊富な事はわかっていますが、妊娠との関係性はまだ未解明です。

女性の高温期にリジンを摂取することで、月経不調や排卵障害を改善し、受胎能力が高まると考えられています。

さらにアルギニンを豊富に含んでいることで、成長ホルモンの合成や分泌にも役立つ効果が。

男性ホルモンも活性化されるので、男性にも女性にも嬉しい作用が期待できます。

リジンやアルギニン以外にも、ビタミンB群やビタミンE、亜鉛なども含有していますので、妊娠に役立つ効果は高いかも。

サプリメントでしか摂取できないので、少し費用がかさんでしまうのが残念な話です。

妊娠に効果的なハーブってある?

ハーブにはリラックス効果があったり、様々な薬効があるので、昔からアロマテラピーの一環として、妊活にも使われてきました。

特に最近不妊に役立つ効果が高いと人気なのが、「 ラズベリーリーフ」です。

別名、「妊婦のハーブティー」とも呼ばれ、子宮の働きを助け、つわりや出産をラクにする効果があります。

さらに、生理痛や生理不順にも役立つので、排卵周期が乱れている人には、もってこいのハーブティーです。

他にも「 チェストベリー」という西洋人参の仲間のハーブティーにも、女性ホルモンのバランスを整え、生殖メカニズムの不調を改善する効果が。

ハーブティーと言えば、西洋文化のイメージがありますが、東洋で有名なのがウコン茶の肝機能改善効果や杜仲茶の生理不順改善効果。

杜仲茶はお風呂に入れて入浴することでも、冷え性改善に役立つ効果もあります。

様々なハーブティーがあるので、リラックス効果やストレス解消に活用すると良いと思います。

サプリメントは妊娠に効果的?

妊娠や妊活に役立つ効果や効能のある食材や食品を紹介してきましたが、どうしても食事だけでは健康状態を改善できないこともあります。

そんな時に役立つのがサプリメント。

サプリメントには、ビタミンやミネラルなどを豊富に含んだもの。

妊活に必須な、奇形児の予防に役立つ葉酸サプリメント、細胞の若返りが期待できるビタミンEなどがあります。

サプリメントだけに頼ってしまうのは、大きな間違いですが、普段の食事で摂取できない栄養素を補給するという意味では非常に大切。

あくまでも食事の補助。

そう理解して、サプリメントを妊活に活用するのが大切です。

しかしサプリメントの中には、「 不妊に効く」とか「 妊娠できる」という過大広告なものもあります。

怪しいサプリメントを選ぶのではなく、成分や効果のハッキリしているものを選ぶのが基本。

また原材料は、出来る限り天然成分のものを選びましょう。

体内への吸収率や、吸収された後の効果が全く違います。

最近は安易に合成して作った、合成成分しか含まれていないサプリメントも多数あります。

赤ちゃんを妊娠するためにも、元気な赤ちゃんを出産するためにも信頼できる会社の商品の中で、自分に不足しているものだけを選んでください。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

ポテトチップスは不妊の原因、妊活中なら間食で避けたいポテチ!

妊活中なら男性も女性もスナック菓子のポテトチップスを間食に食べると、不妊の原因になるのを知っていますか? ポテチが問題なのは、単にハイ…

さばは妊娠力アップに役立つ食材、妊活するなら食生活に必要!

青魚のさばを食べることで、男性も女性も妊娠力がアップし、妊活に役立つ食材だということに気づいていますか? 普段の食生活で積極的にさばを…

しらすは妊活に役立つ食材、男性も女性も栄養素の摂取に効果的!

しらすが、妊活に役立つ食材だということを知っていますか? 実際にどのような栄養素や成分を摂取できるのか、男性にも女性にも妊活に役立つし…

にんにくは妊活向きの食材、女性も男性も妊娠力アップに役立つ!

にんにくが妊活向きの食材だと言われている理由を知っていますか? 女性にも男性にも妊娠力アップに役立つ効果があるので、夫婦でにんにくを食…

玄米茶には妊活中の女性の体質改善に役立つ影響が高いって本当?

妊活中の女性が玄米茶を飲むことで、妊娠に向いた体質になっていくという噂があります。 玄米茶のどのような成分や効果で、妊娠力が高まるのか…

えごま油のリノレン酸が妊活に効果的、積極的な摂取で妊娠力向上

オメガ3系の脂質であるえごま油を妊活中に積極的に摂取するようにすると、男性も女性も妊娠力が向上します。 実際にえごま油のリノレン酸には…