ヘアカラーやパーマを妊娠中にしない方が良いという話聞きますが、妊活中でも悪影響を及ぼしたりしないのでしょうか?

妊活中や不妊治療中にヘアカラーを行う際の注意点や成分、医学的にも大丈夫なことなのか、気になる安全性について検証。

白髪染めやカラーリングなど、妊活中でも女子の美にとって必要なヘアカラーをより安全にできる方法も紹介します。

妊活中や妊娠中のヘアカラーには医学的な根拠はない!

妊活中よりも問題になる妊娠中のヘアカラーやパーマですが、実は医学的な根拠があって行わないほうが良いと言われているのではありません。

意外な話かもしれませんが、ヘアカラーの薬剤が妊娠中の母体や胎児に悪影響を与えることは、医学的にはほとんどないと考えられています。

日本語らしい表現ですが、「ほとんどない」ということは、完全にないわけではなく、少なからず影響する可能性があるということ。

この僅かな可能性やリスクをどう考えるのか?ということが、妊活中のヘアカラーやパーマを行う際のひとつの判断要素です。

では実際に、ヘアカラーやパーマの薬剤にどのようなリスクがあるのかを簡単に紹介します。

ヘアカラーやパーマで起こる不妊や妊娠中のリスクとは?

ヘアカラーやパーマをする際に問題になるのは、空気中の薬剤を口から吸うことではなく、頭皮から吸収された薬剤が体内に蓄積すること。

実は頭皮の経皮毒の吸収率は、腕の内側の3.5倍と非常に吸収率が高い部位なんです。

そして、子宮や卵巣などの生殖器官には、化学物質が溜まりやすいという特徴があるので、それが原因で不妊や胎児へのリスクが起こることに。

実際にヘアカラーなどの薬剤が子宮に溜まることで起こるリスクは、

  • 胎児の未発達
  • 胎児の低体重、低身長などの成長障害
  • 胎児の低酸素状態
  • アレルギー性皮膚炎の発症リスク
  • ガンの発症率の上昇

これらのことが、ヘアカラーやパーマに含まれる化学物質が子宮や卵巣に蓄積されることで起こると考えられています。

ここ数年で、そういったことが問題になったり、ヘアカラーの成分を気にする人も増えてきたことで、徐々に危険な成分は減ってきていますが、起こりうるリスクとして理解することが必要です。

とはいえ、一度ヘアカラーやパーマを行ったから、すぐに悪影響が出るということではなく、何度も繰り返し行うことで、化学物質が蓄積し、これらのリスクが高まると理解しましょう。

妊活中や妊娠中にヘアカラーやパーマをする際の注意点

いくら妊活中や妊娠中だからと言って、ヘアカラーやパーマを全くせずに過ごすのは、女性としても非常に悩ましい話ですよね。

低い確率でも、妊活に悪影響があるのなら本来は避けたいところですが、そうも言っていられません。

そこで妊活中にヘアカラーやパーマをする際の注意点を紹介すると、

  • 薬剤が頭皮や皮膚に直接つかないようにする
  • ヘアカラーやパーマの頻度は少なくする
  • 市販のヘアカラーを使用して自分で行わない
  • 美容師さんには頭皮に付かないようにお願いをする
  • ヘアカラーを根本までせずに頭皮を守る

頭皮や皮膚から吸収された薬剤が問題になるので、そのリスクを最小限にする方法で、ヘアカラーやパーマをするのが妊活中はおすすめ。

美容院によっては、低刺激な薬剤を用意しているところもありますので、そういった美容院でヘアカラーだけを行うのもひとつの方法です。

間違っても、妊活中に自分で市販のヘアカラーを使って、何度もカラーリングを楽しんだりしないようにしましょう。

妊活中や妊娠中でも安心して行えるヘアカラーはないのか?

ヘアカラーの注意点を知っても、やはりリスクや副作用の可能性がゼロではない以上、より安全な方法で、ヘアカラーをしたいと思いますよね?

妊活中や妊娠中といえども、白髪交じりでは女性らしさを失ってしまい、女子力低下に歯止めがかからなくなることも。

特に妊活中なら、見た目を小奇麗にしていることも、男性にとっては重要な話ですし、女子力が高い状態のほうが、女性ホルモンの分泌もスムーズに行われます。

そこで妊活中や妊娠中でもオススメのヘアカラーの成分や方法を紹介します。

妊活中や妊娠中におすすめなヘナカラー

ヘアカラーには、化学物質が使われていますが、植物のヘナを原料にして行うナチュラルヘナカラーは、100%天然成分。

だから化学物質を使ったヘアカラーよりも、体への影響が少ないと考えられていますが、ヘナカラーでも100%安全だとも言い切れないのが実際の話です。

そういった医学的な研究データが無いので、過去にヘナカラーが問題で子供に悪影響が出たことはないけど、絶対に問題にならないということではないということは理解すべき。

それでも市販のヘアカラーや業務用のヘアカラーを行うよりも、経皮毒は少ないので、安全性が高いと考えることができます。

妊活中や妊娠中におすすめな香草カラー

ヘナカラーのような感じですが、香草カラーという方法もあります。

ナチュラルヘナが100%天然成分なのに対し、香草カラーとは、漢方やハーブと化学染料を混ぜることで着色する方法。

ヘナカラーが化粧品なのに対し、香草カラーは医薬部外品。

有効成分を含んでいることと、合成界面活性剤、防腐剤、感触改良材、香料、着色料などは配合せずに安全性にも配慮されています。

香草カラーは短時間で着色できることで、妊娠中の体型維持が辛いタイミングでもできるより安全なヘアカラー。

完全にリスクを排除できるわけではありませんが、通常の美容院で行うヘアカラーよりも安全性の高い方法であることは間違いありません。

この様により安全と言われる方法もありますし、カラー剤が胎児に影響を及ぼした例は報告されていませんので、気にせずに行うのもひとつの方法。

最終的にあなたがどこまでリスクを取るのか?という考え方で判断するのが良いでしょう。

ただ妊娠中や生理中などは、ホルモンバランスの影響で頭皮が過敏な状態になることもあるので、敏感肌の人は、注意をした方が良いかもしれません。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

5本指ソックス温活が、冷え対策に効果的と妊活女性に人気なの?

5本指ソックスや靴下の重ね履きで行う温活が、妊活中の女性の冷え性や冷え取りに効果的と人気です。 5本指ソックスを冷え取りに活用すること…

妊活中のかゆみは妊娠初期の症状やカンジダ菌の可能性があるの?

妊活中の女性がかゆみを感じている場合、妊娠初期の症状やカンジダ菌に感染している可能性があるのを知っていますか? 腕や身体のかゆみであれ…

卵子の老化が女性の不妊原因、卵子の質を改善し妊娠できる方法とは?

卵子の老化が、女性不妊の原因のひとつだと言われています。 特に35歳以上の年齢になると、急激に卵子の質の低下が起こると言われています。…

子宝温泉で即妊娠、妊活や不妊に役立つ有名な効能を紹介します。

子宝温泉や子授け温泉と呼ばれる温泉地が、全国各地にあるのを知っていますか? 夫婦で入浴したら、即妊娠したなんて話もあるほど、妊活や不妊…

願掛けやジンクスが妊活に効果的、本当に妊娠できる方法を紹介!

妊活中に行うと、妊娠できると言われている願掛けやジンクスを紹介します。 実際にこれらの願掛けを行って、本当に妊娠した先輩ママが多いので…

白砂糖が不妊の原因、妊活中の女性なら本当に食生活を改善しよう

白砂糖が不妊の原因だということを知っていますか? 妊活中の女性なら、脱砂糖の食生活に改善する事が必須。 なぜ砂糖は妊娠に不向きな…