妊活中の排卵日に市販の頭痛薬や風邪薬を飲んでも大丈夫なのでしょうか?

着床に影響が出て妊娠できないとか、胎児に影響が出たりしないのか気になりますよね。

実際に不妊外来の医師や看護師さんに聞いた、排卵日と市販薬の関係を紹介します。

排卵日の女性に頭痛や偏頭痛が起こりやすい!

男性はあまり知らないかもしれませんが、排卵日の女性は、実は非常に頭痛や偏頭痛が起こりやすい状態なんです。

排卵のタイミングで女性の体内では、エストロゲンが著しく減少します。エストロゲンの分泌量の減少は、セロトニンにも影響を与え、血管の拡張を引き起こす原因に。

血管の拡張が頭痛の原因となり、神経を刺激したり、圧迫しますので、その影響で排卵日に頭痛の症状を感じる女性が多いんです。

特に偏頭痛を生じる女性が多く、頭の側面がズキンズキンと痛む状態に。

妊活中の排卵日に頭痛薬を飲んでも大丈夫なのか?

妊活中の女性が気になることのひとつに、薬を飲むことで受精や胎児の健康や発育状況に悪影響にならないのか?というもの。

実際に妊娠発覚後には、医師からも薬は控えるようにという指示があるので、妊活中も出来る限り控えた方がよいと考えがちです。

しかし妊活中の排卵日なら、市販の頭痛薬や風邪薬を飲んでも問題ありません。

胎児の脳や臓器に影響が出て、発育不良や奇形を生じるリスクはまったくないんです。

その理由が、胎児の脳や臓器が作られるのが、妊娠後4〜12週だから。

排卵日では影響が出るとすれば、流産のリスクですが、この点についても市販薬を飲んだからということではなく、元々流産する子供だったという場合が多いそうです。

受精卵の段階で育つことが出来ない赤ちゃんだったということ。実際に5回の妊娠で1回流産する傾向があるので、そう考えるのが良いのだとか。

だからそこまで不安になることはないと、先生も看護師さんもおっしゃっていましたよ。

とはいえ、妊活中は様々な事が気になるものです。

安心して排卵日を迎えたいなら、産婦人科医に相談して、頭痛薬や風邪薬などを処方して貰えば良いと思います。

頭痛薬以外で排卵日の頭痛を改善する方法とは?

市販薬が胎児に影響がないと言われても、流産すると心のダメージは大きいですよね。

そんな不安やダメージに負けないようにするためにも、できるだけ薬を飲まないで頭痛を改善したいと考える人もいらっしゃると思います。

そこで薬以外で、頭痛を緩和できる方法を紹介します。

軽い運動やストレッチを行う

軽い運動やストレッチを行うことで、全身の血行を改善して、排卵日特有の頭痛の症状を緩和することができます。

運動が良いと言っても、軽い運動だけです。

激しい運動を行ってしまうと、逆に頭痛の症状が悪化しますので、気をつけてくださいね。

骨盤ストレッチをするだけでも、頭痛の症状緩和できますので、気分転換も兼ねて軽く体を動かすようにしてください。

血液サラサラ効果のある食べ物を食べる

排卵日の頭痛が血管の拡張で起こるのであれば、その影響を最小限にしてくれる血液サラサラ効果があるものを食べるのもひとつの方法。

大豆イソフラボンを含んだ大豆製品ならば、エストロゲンに似た作用があるので、エストロゲンの減少によるセロトニンへの影響を弱めることができる可能性もあります。

他にもDHAやEPAを豊富に含んだ青魚やβグルカンが豊富なきのこ、玉ねぎや長ネギ、ビタミンEの摂取なども良いかもしれません。

コーヒーを飲んで頭痛を緩和する

実はコーヒーには、覚醒作用以外にも血管に作用して、頭痛や偏頭痛を解消する作用があります。

しかし妊活中のカフェインの過剰摂取は、妊娠への影響も考えられるので、程々に抑える必要があります。

ただ遅い時間にコーヒーを飲むと、覚醒作用で睡眠に影響が出ることも考えられますので、飲む時間帯には注意しましょう。

実際に頭痛の際にコーヒーを飲んでみて、体質的に頭痛を緩和できるのであれば、排卵日にも試してみる価値があるでしょう。

横になってリラックスする

横になって体を休めている状態でリラックスすることで、頭痛だけではなく、心身ともにリフレッシュすることができます。

目をつぶって体を休めても良いですし、好きな音楽を聞いたり、映画を見たり・・・あなたがリラックスできる方法を実践しましょう。

それでも改善しなければ、思い切ってそのまま寝てしまうのが一番。

目覚めた頃には、頭痛の症状も緩和されていることが多いので、ゆっくりできる時間がある人はぜひ試してみてくださいね。

この記事を読んだことで、排卵日に起こる頭痛は、あなただけに起こる特別なものではないということがわかったと思います。

市販薬であれば、頭痛薬を飲んでも影響はありませんし、血液をサラサラな状態に保つことで、頭痛の影響を弱めることもできます。

妊活中だから全部の薬がダメということもありませんので、排卵日という絶好の妊娠のタイミングを逃さないためにも、薬をうまく使って体調管理を行うことも妊娠力を高める妊活法ですよ。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

ボクサーパンツは妊活に不向きな下着?トランクスとブリーフは?

男性の下着の中で着用者の多いボクサーパンツは、妊活に不向きな下着だという噂がありますが本当なのでしょうか? 男性の下着なら、ボクサーパ…

肥満と不妊の関係とは?妊娠&妊活にはダイエットが本当に必要?

肥満と不妊には深い関係性があると言われていますが、実際にどのような不妊症の原因になるのでしょうか。 妊娠や妊活を行うにはダイエットが必…

梅干しが卵子に効果的、妊活や不妊治療に役立つ効果があるの?

梅干しや梅酢を飲むと、卵子の老化を予防できたり、卵子の質を向上させる効果があるのを知っていますか。 実際に梅干しをどのように妊活に活用…

パイナップルを高温期に食べ着床力がアップ、妊娠妊活に効果的!

妊活中の女性が、高温期にパイナップルを食べると着床力がアップして、妊娠しやすくなると言われています。 実際にパイナップルには、そのよう…

妊活中の飲み会での飲酒は妊娠に影響するの?上手な断り方も紹介

妊活中の飲み会でのお酒や飲酒は、妊娠や着床に影響するのでしょうか? 気になる妊娠とアルコールの関係を解説します。 また、妊活中の…

たばこや喫煙が妊活や妊娠に与える影響は、明らかに不妊の原因!

たばこや喫煙が妊活や妊娠に与える影響について、しっかり考えたことがありますか。 喫煙習慣があると、男性も女性も明らかに不妊の要因が増え…