肥満と不妊には深い関係性があると言われていますが、実際にどのような不妊症の原因になるのでしょうか。

妊娠や妊活を行うにはダイエットが必要で、不妊治療の病院では医師に妊娠不適合者の烙印を押されることもあるのだとか?

実際にどのような影響があるのか、気になる妊娠と肥満の関係性について解説します。

肥満は排卵障害や生理不順の原因になり不妊症の傾向が高い!

肥満体型でも自然妊娠できた人もいますが、肥満体型の場合、標準体型よりも生理不順や排卵障害になるリスクが高いと言われています。

その主な原因が脂肪細胞を構成するアディポネクチン。

肥満によって太ったり、内臓脂肪が増えて大きくなった脂肪細胞からは、アディポネクチンの分泌量が減少することがわかっています。

実はアディポネクチンには、インスリンの作用を助ける効果があるだけではなく、分泌量が減少することで卵巣にも影響が出ます。

アディポネクチンの分泌量が少ないと、卵巣の皮が厚くなり、卵子の発育不良に繋がったり、排卵に影響が出ることも。

受精力の弱い未成熟の卵子になったり、排卵が行われなければ、受精も妊娠もできませんので、肥満が不妊症の原因になるというのは、この点が最も指摘されること。

実際に肥満が原因で不妊症になる、多嚢胞性卵巣症候群を発症することもあります。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とはどんな症状なのか?

多嚢胞性卵巣症候群とは、卵巣内に沢山の卵細胞があるものの、排卵が起こりにくい状態で排卵障害や無排卵月経になることもある症状。

ただ多嚢胞性卵巣症候群でも、自力で排卵できて自然妊娠できる人もいますし、症状によっては治療によって改善する必要がある場合も。

肥満が多嚢胞性卵巣症候群の原因になる理由には、アディポネクチンの分泌量の低下と卵巣内の男性ホルモンの増加が考えられます。

肥満時の体脂肪には、男性ホルモンを備蓄することができ、視床下部や下垂体が間違った指示を出して異常分泌になっていることも。

男性ホルモンの増加と卵子の成熟、そこにインスリン抵抗性の影響が組み合わさって排卵障害が起こり、多嚢胞性卵巣症候群の症状がどんどん悪化していきます。

多嚢胞性卵巣症候群の自覚症状とは?

多嚢胞性卵巣症候群には、幾つかの特徴的な症状がありますので、もし当てはまる症状があり肥満体型なら、一度産婦人科を受診することをおすすめします。

  • 月経不順や無月経が続いている
  • 男性ホルモン増加による多毛症やニキビ(肌荒れ)、声が低くなる
  • 黄体ホルモン不全による月経過多や出血が止まらない

これらの症状がありますので、オス化女子という認識があるのなら、もしかしたら、多嚢胞性卵巣症候群を発症して妊娠力が低下している可能性もあります。

肥満体型だと血流が悪化し、身体が冷えやすい。

デブは暑がりで冷え性とは無関係と思っている人も多いですが、身体の冷えと体型はあまり関係ないんです。

肥満体型の人は、どうしても摂取カロリーや脂質が多くなりがち。

そうすると、血中コレステロール濃度も高くなり、サラサラ血液ではなく、ドロドロ血液になりがちです。

サラサラ血液とドロドロ血液を比較すると、明らかにサラサラ血液の方が血行がスムーズで、全身をくまなく血液が循環することがわかりますよね?

子宮や卵巣には、常に新鮮で良い血液が流れていないと、妊娠力を高めることもできませんし、冷えが妊娠の大敵であることは、妊活をしている人なら誰しも実感している話。

サラサラ血液でいることは妊娠力を維持したり、高めることに役立つので、妊活をする上では非常に大切なことです。

生殖器官の冷えや血流悪化を改善するためにも、肥満体型を解消するためにも、野菜をしっかり食べて食事内容のバランスを考えるようにしてください。

肥満だと不妊治療を断られる事があるって本当?

これは肥満体型の人が最も懸念していることだと思いますが、実際にそういう病院もあるというのが先輩ママの体験。

不妊治療の病院に行ったところ・・・

  • 痩せなければ不妊治療しない
  • あと1割ほど体重を落とさないと無駄な費用負担になる
  • 体重を落とすのが何よりの薬
  • 門前払いされた

などと言われた経験がある人も多いんです。

でもこれは全ての産婦人科や不妊治療専門院がそうだというわけではありません。

妊娠にはストレスを溜めることが悪影響なのに、ダイエットもストレスになりますし、病院でそんなことを言われるのがストレスということもあるでしょう。

最近の先生には、痩せた方が良いよとか、体型に特に触れずに治療を行ってくれる人もいるようなので、産婦人科に行ってみるのもひとつの方法かもしれません。

その際には、ネット上のクチコミや電話での確認などを最初にしておけば、無駄な手間もストレスも抱えることはありませんので、しっかりチェックして行くようにしましょう。

肥満体型のまま妊娠することでデメリットはあるのか?

この点についても、妊活&妊娠前に知っておくべきことだと思いますので、簡単に紹介します。

やはり肥満体型であることは、妊娠にはデメリットが多いんです。

妊娠中は体重管理を徹底するように言われますので、標準体型の人でも食事内容や運動量など様々なことで体重の管理が必要。

肥満体型で起こりうる妊娠中のリスクには、

  • 産道に脂肪がついて難産になる
  • 帝王切開時に傷の治りが遅くなる
  • 帝王切開後の合併症の血栓症が起こりやすい
  • 妊娠中毒症になりやすい
  • 妊娠中はダイエットが出来ない

などなど、様々な部分で妊娠や出産時に影響が出ることがわかっていますので、不妊治療前や妊活前にダイエットを進められるわけです。

自己流ダイエットはストレスが溜まり、ホルモンバランスの悪化を招く

肥満が妊娠に与える悪影響や関係性がわかったと思いますが、無茶な自己流ダイエットでは、妊娠力を低下させる可能性がある事も理解すべきです。

多くの人が挑戦する自己流ダイエットでは、栄養不足になり肌が荒れたり、卵子の成熟がうまく出来ないような栄養状態になることも。

それ以前にダイエットに失敗して、リバウンドでさらに太ってしまうという可能性もありますので、専門家の意見を聞きながらダイエットを行うのもひとつの方法。

最近の産婦人科や不妊専門クリニックでは、ダイエット指導や肥満解消にも積極的な指導を行っている病院もありますので、専門家の意見を聞きながら行うのも良いでしょう。

卵子の状態を維持したり、生理不順の原因になるような栄養不足にならないためにも、しっかりと考えられたダイエット方法をじっせんするのが良いでしょう。

卵子の質とダイエットの両方を同時に行えるミトコンドリアサプリメントも。

最近話題になっているのが、ミトコンドリアをサプリメントで摂取して、妊活をサポートするという方法。

実はミトコンドリアとは、人間の細胞のエネルギー工場で、加齢とともにその機能が低下することがわかっています。

その結果、女性なら卵子の老化や卵子の質の低下、男性なら精子の質の低下や精子の運動性の低下を招く原因に。

そこでミトコンドリアを活性化させることで、卵子の質や老化の予防、精子の質や運動性の向上を目指すサプリメントが販売されています。

しかもミトコンドリアサプリメントを飲むようになると、実はメタボ対策にもなり、自然に痩せるということもわかっていますので、ダイエットにも役立つ効果が。

不妊の原因である、卵子の老化や卵子の質の低下と肥満の両方を同時に解消でき、栄養不足にもなりにくいので、ミトコンドリアサプリメントを活用するとよいでしょう。

私たち夫婦も妹夫婦もミトコンドリアサプリメントのミトコリンを使って、妊娠した実績もありますので、肥満が原因の不妊に悩んでいるのならおすすめかも。

不妊の原因は肥満だけではありませんが、肥満が不妊の原因のひとつであることは間違いありませんし、出産にも影響すること。

妊娠力を維持して高めるためにも、ストレスの少ない方法でダイエットを行っていきましょう。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

ヘアカラーは妊活に悪影響?注意点や成分、医学的に大丈夫なの?

ヘアカラーやパーマを妊娠中にしない方が良いという話聞きますが、妊活中でも悪影響を及ぼしたりしないのでしょうか? 妊活中や不妊治療中にヘ…

白砂糖が不妊の原因、妊活中の女性なら本当に食生活を改善しよう

白砂糖が不妊の原因だということを知っていますか? 妊活中の女性なら、脱砂糖の食生活に改善する事が必須。 なぜ砂糖は妊娠に不向きな…

仙骨温活で子宮の不調を改善!妊娠に効果的なポイントは実践方法。

仙骨を温める 仙骨温活を行なうことで、子宮や卵巣に血液や栄養がよく行き渡るようになり、妊活中の女性には良いことだらけだとか。 でも実際…

不妊整体や鍼灸の効果で、目指せ子宝!不育症も改善できるの?

不妊整体や不妊鍼灸に通うことで、身体の内側から妊娠しやすい状態に改善できるんです。 でも実際にどんな効果があるのか?費用の目安は?不妊…

布ナプキンが不妊や妊活に効果的。生理痛や子宮に変化が起こる?

布ナプキンにすると妊活や不妊トラブルに効果的なのを知っていますか? 女性の悩みで多い生理痛や排卵痛の緩和や子宮にも良い変化が起こるんで…

きのこは妊活に効果的な食材。菌活で女性の妊娠力が高まる!

きのこは妊活に効果的な食材だということを知っていますか。 単にカロリーが少なく、食物繊維が多いだけがきのこの特徴ではありません。 …