妊活中に病院デビューをすべきタイミングは、いつ頃なのでしょうか。

不妊に悩んでいるなら、2年が目途と言いますが、本当にそうなのでしょうか?

妊娠を希望しているなら、早めに病院デビューする方が良いと言われる理由とは。

病院に行くべき基準や最近の傾向を紹介します。

日本産婦人科学会も、妊娠希望者の早期病院デビューを推奨!

妊活中の病院デビューというと、何か一大イベントのような気がしませんか?

でも実は凄く大事なことで、基本的な話。

数年前まで日本でも、2年間妊活に励んで自然妊娠できなければ、病院デビューを検討するタイミングだと言われていました。

しかし2015年8月に日本産婦人科学会が、不妊症の定義を変更。

男女が妊娠を希望して1年間、避妊することなく性交を続けているのに妊娠しない場合」としたことで、妊活に励んで1年目以降での病院デビューが推奨されることに。

これはWHOや欧米の定義が1年間だったので、日本もそれを見習ったもの。

不妊症になる原因には様々な症状がありますが、早めの病院デビューが、最も効率的に不妊の原因を改善できる方法なのは間違いありません。

だから、その点を踏まえても、早めの病院デビューは重要な選択。

ブライダルチェックで病院デビューも!

最近の傾向のひとつに、「ブライダルデビュー」というのがあります。

これは結婚前の女性のための婦人科検診のことで、将来的に子供を生む事ができる体なのか?

女性だけではなく、男性にも受診してもらうことで、お互いに将来的に子供を作る事ができるパートナーなのかをチェックするもの。

ブライダルチェックのような仕組みを利用すると、婦人科デビューが不妊症の治療というわけではないので、敷居が多少低くなりますし、将来的な安心感を得ることもできます。

ちなみにブライダルチェックと言っても、結婚する予定の人だけではありません。

既婚者でも、結婚予定のない女性でも誰でも受けられる検査なので、妊活に励む前に自分の体のことをよく知っておくのは非常に大切なこと。

妊活中の病院デビューはどのタイミングが良いのか?

ブライダルチェックの様に気軽に受けられる検診なら、そこまで身構えることはないと思いますが、すでに妊活を行っている場合には、なかなか検診にいけません。

もし妊娠できない体だったらとか、そこまで必要ないのではないかとか・・・様々な理由をつけて病院デビューを遅らせていルノではないでしょうか。

病院デビューは少しでも早いほうが良いんです。

妊活は時間との戦いですし、原因がわかれば対処できるものも、原因が不明だとどうすることも出来ません。

でも目安がほしいですよね。

20代の病院デビューのタイミングとは?

20代の妊活は、まだ残された時間も多く、タイミング法をしっかり行っていけば、自然妊娠できる確率も高く、25〜29歳なら25〜30%程はあると考えられています。

だからそこまで急がなくても良いように思いますが、生理不順や婦人科系疾患がある人などは、早めの受診が必要かもしれません。

毎月定期的に生理が来ているのなら、1年間はタイミング法で自然妊娠を目指しても良いかもしれませんが、早めの妊娠を希望なら半年くらいを目途に病院デビューが良いでしょう。

30代の病院デビューのタイミングとは?

30代になると前半か後半かで、妊娠率が大きく変わってきます。

30代前半は25〜30%ほどの自然妊娠率がありますが、35歳を過ぎると18%に急降下。

卵子の質を考えても、32歳がひとつの区切りなので、半年ほどタイミング法を試してから、病院デビューでも良いと思います。

30代で生理不順や婦人科系疾患、不安感の強い人や少しでも早く妊娠したい人は、最初から病院デビューするのもありです。

同じ期間でも安心して妊活に望むのと、不安を感じながら妊活を行うのでは、ストレスの感じ方により、受精率や妊娠力に違いが出ることも。

個人的には、35歳以上なら最初から病院デビューしてしまった方が、後々が良い結果になると思っています。

40代の病院デビューのタイミングとは?

ちょっと恐ろしい話ですが、40歳の自然妊娠率は5%で、45歳になると1%まで低下します。

これって・・・ほとんど宝くじに当たるようなもの。

普通にタイミング法を実践していても、なかなか妊娠できないレベルです。

卵子の質や残された排卵回数を考えても、40代で妊活を行うなら、最初から病院デビューすべきでしょう。

最近は、40代の女性芸能人が続々と妊活に成功していますので、諦めなければ妊娠できるんです。

妊活に成功する為にも40代なら、病院をうまく活用すべきだと思いますよ。

妊活中の病院デビューの際の病院選びのポイントとは?

いざ病院デビューしようと思っても、何を基準に病院選びを行えばよいのか?

これは非常に悩ましい問題だと思います。

一番良いのは、通いやすい近場に良い病院があることなのですが、なかなか簡単ではないですよね。

検査だけなら遠くの病院でも良いですが、実際に不妊治療を行うとなると月に4〜6回も通う必要があることも。

病院に行くのがストレスになってしまっては、妊活には逆効果ですので、出来る限り通いやすい病院から選ぶのは基本。

実際に選ぶ際の基準を簡単に紹介します。

不妊症で病院を選ぶ際のポイント

  • ベテラン医師が在籍している
  • 月間25症例以上の体外受精
  • エンブリオロジストが2名以上在籍
  • 静かで清潔な環境の病院
  • 不妊外来が毎日ある
  • 毎回同じ看護婦さんが対応

この6つのポイントを、全て網羅するのは難しい話です。

でもあなたが譲れないポイントがあると思いますので、それを基準に通いやすい病院の中から選ぶのが良いと思います。

医師との相性が合わず、転院する人も多くいますので、最初に行った病院が最悪だったからと諦めるのではなく、ネットの口コミや先輩ママの紹介などでも探してみてください。

あなたにとって良い病院が見つかります。

病院デビューは、何か大きな決断がいるように考えている人もいますが、健康診断の一環だと思って行ってみると良いと思いますよ。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

すぐできる妊活、実際に先輩ママが妊娠した方法をまとめて紹介!

妊活をはじめたら、すぐできるなんて思っていませんか?不妊に悩んでいる人はいるけど、私は大丈夫と考える人が多いんです。 実際に妊活を始め…

発芽玄米や玄米食で妊娠力向上!妊活・妊娠に効果的で美味しい!

不妊症専門医が、発芽玄米や玄米食を推奨しているのを知っていますか? 玄米食にすることで体質改善ができて、妊娠力が向上する効果があるのだ…

妊活中の飲み会での飲酒は妊娠に影響するの?上手な断り方も紹介

妊活中の飲み会でのお酒や飲酒は、妊娠や着床に影響するのでしょうか? 気になる妊娠とアルコールの関係を解説します。 また、妊活中の…

妊活はいつから禁酒すべき?妊娠超初期のアルコールの影響は?

妊活中の女性は、いつから禁酒すべきなのでしょうか? 妊娠超初期や妊娠中のアルコール摂取が、胎児に与える影響やデメリットは? 飲酒…

きのこは妊活に効果的な食材。菌活で女性の妊娠力が高まる!

きのこは妊活に効果的な食材だということを知っていますか。 単にカロリーが少なく、食物繊維が多いだけがきのこの特徴ではありません。 …

電気毛布は妊活中に使うべき?妊娠や電磁波の影響や基礎体温は?

電気毛布は妊活中に使うべきなのか、それとも使わない方が良いのか?気になっていませんか。 電気毛布を使うことで電磁波の影響を受け、基礎体…