妊活中の女性がホットヨガに通ったら妊娠できたと話題ですが、ホットヨガには妊娠に役立つ効果があるのでしょうか。

実はホットヨガの別名は、子宝ヨガ。

不妊症や不妊の原因を改善することで、自然と妊娠力が高まる効果が期待できますので、実際にどうなのかを紹介したいと思います。

子宝ヨガと呼ばれるほどホットヨガは妊活に役立つ!

普通のヨガでも様々な効果がありますが、ホットヨガの場合には、38〜40度で60%の湿度の非常に蒸し暑いスタジオ内で行うことで、さらに効果を実感できます。

ネット上の口コミや評判を見ていても、ホットヨガに数ヶ月通い続けたら、自然妊娠できたとか、不妊治療をしようと思った矢先に妊娠できたなど、妊活にホットヨガを活用している人が多いんです。

もちろん、ホットヨガをすれば全ての人が妊娠できるということではありませんが、こういった口コミの多さがホットヨガが、子宝ヨガと呼ばれる理由。

ではホットヨガに、どのような効果が期待できるのかを紹介します。

ホットヨガの効果で子宮機能が高まる!

蒸し暑いスタジオ内でホットヨガを行うことで、骨盤周りのケアを行うことができます。

通常のヨガではできないようなポーズでも、室温が高い環境で行うことで、普段よりも可動域が広くなり、バランスを整える効果が期待できます。

特に骨盤周りのバランスをしっかり整えることで、子宮機能や卵巣機能が正常化し、冷えによる血流の滞りが解消され、むくみや老廃物の排出に役立ちます。

最近は妊活の一環として、ホットヨガに取り組む人が増えたことで、「骨盤を調整する専用レッスン」も導入されるなど、ホットヨガスタジオ自体も妊活向きにアレンジされています。

子宮機能や卵巣機能の正常化が、妊娠力や着床力のアップにつながり、妊娠しやすい体質に変化。

これがホットヨガが妊活に効果的だと言われる理由です。

ホットヨガの一般的な効果や効能とは?

ホットヨガの効果は、骨盤周りのバランスを整えるだけではありません。

  • 温活の一環として冷えの改善

室温38〜40度、湿度60%以上のスタジオで行うことで、サウナ効果も実感でき、さらにヨガの様々なポーズが加わることで、体の芯から温まることができます。

その結果、冷え性の改善効果や温活効果、血流量のアップなど妊活にデメリットになる冷えの悪影響を改善することができます。

  • 代謝アップでダイエット効果

ヨガの動きは全身の筋肉を収縮させ、普段使わないような筋肉を動かしたり、可動域を広げつつ、筋肉量のアップに繋がります。

筋肉量が増えると代謝も上がり、ダイエット効果だけではなく、体温を維持する力もアップしますので、筋肉量の影響で冷えが起こっている状態を改善出来ます。

  • ストレスを解消してリラックス効果

ヨガでは非常に深い呼吸を繰り返しますので、心身ともにリフレッシュ効果を実感でき、ホットヨガの場合は、サウナ効果で大量の汗をかくので、ストレス解消にも役立ちます。

1時間のホットヨガで消費するカロリーは、約330Kcal。それだけの運動を行うことは、体も適度な疲労感を感じ、熟睡できることにもつながります。

睡眠時間の確保や、睡眠の質の向上によるリラックス効果も。

通常のヨガではホットヨガほど妊活に効果はないのか?

通常のヨガとホットヨガの一番の違いは、スタジオの温度と湿度。

通常のヨガでも妊活に役立つポーズや動きはあるので、ある程度妊娠力を高める効果を期待できますが、妊活に活用するなら、ホットヨガが絶対におすすめ。

  • ホットヨガのスタジオの環境が、体質改善に役立つ

ホットヨガスタジオの環境は、高温多湿の状態。

人間の体は寒い場所よりも暖かい場所の方が可動域が増えたり、ヨガのポーズをしっかりとることができます。

その結果、同じ時間のヨガでもホットヨガの方が、より効率的に体を鍛えることに。

  • ホットヨガでかく大量の汗も大事!

ホットヨガの場合、通常のヨガよりも大量の汗をかくことで、美容効果も期待できます。

妊活中には、体内の余計な老廃物を排出し、体を健康な状態に保つことが非常に大切です。

汗も大事なデトックス。しかも普段と異なる環境なので、冷え性の人でも大量の汗をかくことができますので、デトックスには最適。

妊活中のホットヨガの注意点や気をつけるポイントは?

妊活中の女性の妊娠力をアップさせる効果があるホットヨガですが、実はいくつかの注意点があると言われています。

これから紹介する注意点には、医学的根拠の確認されていないこともあります。

しかし、気になる方は凄く気になる部分だと思いますので、妊活にホットヨガを取り入れる際には、事前に認識しておくことをおすすめします。

高温期はホットヨガを行わない。

排卵日から次の生理までのタイミングは、一般的には高温期と呼ばれ、体温が0.3〜0.5度ほど上昇し、女性の体内では精子や受精卵が存在している可能性があるタイミング。

精子や受精卵は熱に弱い特徴があり、さらに高温期の体温が必要以上に症状することで、着床を妨げてしまう可能性もあると言われています。

そのタイミングで、ホットヨガを行うことは自ら受精力や妊娠力を低下させてしまう可能性もあるので、心配な方は高温期を避けるようにしましょう。

排卵日前後の激しいホットヨガは控える

排卵のタイミングで、ホットヨガを行い骨盤や子宮付近に過度な圧力を掛けてしまうことで、卵胞が破損したり、ダメージを受けてしまう可能性があります。

1ヶ月かけてようやく排卵された大切な卵胞ですので、悪影響が出ないように排卵日前後には、ホットヨガを控えるか、負担の少ないポーズだけにするなどの工夫をしましょう。

妊娠したらホットヨガは一旦中止する

ホットヨガは実は妊婦さんには推奨されていませんので、妊娠がわかった段階でホットヨガを行うのは止めましょう。

ホットヨガを行うと腹部を圧迫したり、心拍数を上昇扠せ続けたりと、母体にも胎児にも悪影響を与えてしまいます。

妊娠すると、ホルモンバランスが急激に変化したり、ほてりやすくなったり、クラクラしやすくなったりと、体調が安定しませんので、暫くは安静にすることが必要です。

マタニティーヨガができるようになるのは、安定期に入った5ヶ月以降なので、それまでの間はヨガ自体を行わずに、ゆったりと過ごしましょう。

妊活にホットヨガを行うことで、妊娠できた人も多くいますが、あくまでも妊活のひとつの方法であるということは変わりません。

ホットヨガだけではなく、妊娠力を向上させたり、着床力を向上させる効果があることは沢山ありますので、あなたに合った方法を組み合わせて、妊活の成功率を高めていきましょう。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

妊娠中の焼肉の注意点は?本当に危険性があるって理解してる?

妊活に成功して妊娠して、妊婦さんになると焼肉を食べる際に幾つかの注意点があるのを知っていますか? あなたの想像以上に妊娠初期の焼肉には…

パイナップルを高温期に食べ着床力がアップ、妊娠妊活に効果的!

妊活中の女性が、高温期にパイナップルを食べると着床力がアップして、妊娠しやすくなると言われています。 実際にパイナップルには、そのよう…

えごま油のリノレン酸が妊活に効果的、積極的な摂取で妊娠力向上

オメガ3系の脂質であるえごま油を妊活中に積極的に摂取するようにすると、男性も女性も妊娠力が向上します。 実際にえごま油のリノレン酸には…

貧血が不妊の原因、フェリチン不足は妊娠できないって本当なの?

貧血が潜在的な不妊の原因だということを知っていますか、特に鉄分欠乏症の女性は妊活前に症状の改善を行うべきなんです。 貧血と言っても、ヘ…

ルイボスティーの不妊改善効果で妊娠、妊活に役立つ理由を紹介!

妊活中の女性がルイボスティーを飲むことで、不妊の原因を効果的に改善して妊娠できると言われています。 実際にルイボスティーのどのような効…

ヘアカラーは妊活に悪影響?注意点や成分、医学的に大丈夫なの?

ヘアカラーやパーマを妊娠中にしない方が良いという話聞きますが、妊活中でも悪影響を及ぼしたりしないのでしょうか? 妊活中や不妊治療中にヘ…