妊活中や妊娠の花粉症対策はどうすれば良いのでしょうか?

市販薬や処方薬は服用可能なのか、それともアレルギー症状を我慢すべきなのか。

実際に病院で医師がアドバイスする情報も交えて紹介しますので、本格的な花粉症シーズンに突入する前にチェックしましょう。

妊活中の花粉症の薬はどう考えるべきなのか?

妊活中でも花粉症の症状を我慢することは、非常に難しいですよね。

あの鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみは、妊活中と言えども、気合だけで我慢することができるものではありません。

でも妊活中に薬を飲むことで、赤ちゃんが薬の影響を受けてしまうのではないか?という不安も付きまとますので、気軽に市販薬を飲むのも難しいですよね。

実際に医師に確認すると、「妊娠力には影響はないけど、胎児には影響が出る可能性があるので、妊娠が発覚したら、すぐに薬をのむのをやめれば大丈夫!

という回答をされるのがほとんど。

妊活中において、花粉症の症状を我慢することのストレスの方が、妊娠力を低下させる要因になりかねないので、そう答える医師が多いんです。

とは言え、妊活中だとやはり薬は控えたいものです。

そんな大事なタイミングで、花粉症に効果的な薬ってないのでしょうか。

妊活中でも局所薬なら、胎児への影響は少ない。

局所薬というと、どんな薬なの?と思う人もいるかもしれませんが、点鼻薬や点眼薬のこと。

点鼻薬や点眼薬は内服薬に比べると、薬の成分が体内に吸収される確率が非常に低いので、花粉症の症状を抑制する薬の中でも安全性が高いんです。

ただそれでも不安な人もいると思います。

そんな時は、妊活中であることや、妊娠を考えているということを伝えた上で、医師に処方してもらったり、薬剤師さんのアドバイスを受けるのが良いでしょう。

そうすることで、より副作用や刺激の少ない成分が配合されている点鼻薬や点眼薬を購入することができます。

医療の専門家に確認していることで、薬を使用しても大丈夫という安心感にも繋がるので、花粉症のストレスを少なくすることも可能。

それでも薬は不安・・・というあなたには、漢方がおすすめかもしれません。

妊活中の花粉症は、漢方の小青竜湯ではない!

間違った情報が多いので、最初に妊娠中や妊娠初期に服用しないほうがよい漢方の情報を紹介します。

花粉症の症状があると、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)を使えば大丈夫だと思っている人が多いのですが、小青竜湯は妊娠中はダメ!

小青竜湯は「麻黄」が主成分なので、汗をかくことで邪気を飛ばそうという考え方のものなので、妊婦さんや体力のない人には不向き。

妊活中の花粉症には、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)か、苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)がおすすめ。

当帰芍薬散とは、血の巡りや水の巡りを改善する安胎薬なので、水毒に分類される花粉症の症状の改善効果が期待できます。

苓甘姜味辛夏仁湯とは、ダラダラと流れ出る鼻水に効果がある漢方なので、当帰芍薬散を飲んでも症状が収まらない時に併用しましょう。

妊活中の花粉症にハーブはどうなのか?

漢方以外にも、天然成分から抽出されたハーブを活用することで、花粉症の症状を緩和することも出来ますよね?

例えば、生活の木で販売されている「ハッピーノーズ」。

これは花がスッキリするので、花粉症の症状で鼻のムズムズ感がひどい場合に、症状の改善にすごく効果的。

しかし、原材料がオオバコなんです。

オオバコには、鼻炎や花粉症の症状を改善してくれる効果がありますが、それだけではなく、実は子宮を収縮させてしまう作用も。

これは妊活中の女性にとって、非常にデメリットですよね。

ハーブにはこの様に一見すると、花粉症の症状を改善できるので、効果的かも・・・と思うものが多いですが、実際には逆効果になることも。

ハーブも市販薬同様に、自己判断で活用するのではなく、店員さんや専門家のアドバイスを踏まえて、妊活中は活用するようにしましょう。

妊活中でも花粉症の症状は待ってくれない!

ここまで紹介したのは、あくまでも対処療法です。

花粉症の症状が出ないように根本的な解決方法がないのか?と言われると、まったくないわけではありません。

ここ数年言われているのは、腸内環境の改善による免疫力の正常化&強化で花粉症の症状が弱くなったり、改善したりするというもの。

花粉症は自己免疫疾患のひとつ。

だから免疫機能を正常化したり、強化することで症状の改善を目指す事ができるんです。

発酵食品やきのこを活用した菌活

普段の食生活で、腸内環境を改善しようと考えると、発酵食品やきのこ類をしっかり食べること。

ただ乳酸菌やビフィズス菌などは、体温や胃液の影響を受け、腸に届く頃には、ほぼ死滅してしまいます。

しかし死滅した乳酸菌などでも、すでに腸内にいる乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌のエサになることで、腸内環境の改善には役立ちます。

発酵食品やきのこ類は、カロリーも少なく、食物繊維も多いので、便秘の解消にも役立ちますので、普段から食べる機会を増やしましょう。

乳酸菌サプリメントを活用した菌活

生きた乳酸菌を腸に直接届けたいと思ったら、乳酸菌サプリメントを活用するのが最も効率的です。

様々なメーカーが、生きた乳酸菌が腸に届くように、カプセル内に閉じ込めたり、コーティングしたりと工夫した商品を販売しています。

腸内細菌のバランスは総数が一定で、割合だけが変わるという特徴がありますので、効率的に善玉菌を増やしたい場合には、乳酸菌サプリメントが良いでしょう。

マヌカハニーを活用した菌活

私が最もおすすめしたいのが、マヌカハニーを使った腸内環境を改善する方法。

実はマヌカハニーには強い殺菌成分があり、これが悪玉菌だけを発見し、殺菌してくれます。

そしてグルコン酸やオリゴ糖を栄養成分として含んでいるので、善玉菌が増える際にエサとなって、より効率的に増えることができます。

先ほどもお伝えしたように、腸内細菌は総数が一定という変わったルールがあるので、悪玉菌が死滅すれば、それだけ善玉菌が増えやすい環境になるというもの。

この悪玉菌と善玉菌に同時に作用するのは、マヌカハニーだけの効果です。

実は抗生物質や薬では、悪玉菌も善玉菌も区別せずに除菌してしまうので、腸内細菌のバランスが悪化する要因に。

そういった点からも、マヌカハニーを活用すると悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすという特徴的な作用があるので、非常におすすめ。

花粉症はマヌカハニーの殺菌作用が効果的。奇跡の蜂蜜は予防効果も!

この記事は参考になると思います。

ちなみにマヌカハニーは、妊活中や妊婦さん、授乳中の女性の栄養源としても効果的なスーパーフードですので、妊活にも役立ちます。

菌活による腸内環境の改善は、妊活にも役立つ効果が沢山ある!

菌活が妊活にも良い効果をもたらしてくれることは、別の記事でも紹介していますが簡単に説明すると・・・。

  • 食事の消化・吸収力がアップする。
  • 免疫力が正常化し、精子や受精卵を攻撃しない。
  • 妊婦に多い便秘になりにくい。
  • 良い状態の腸内細菌を赤ちゃんにプレゼントできる。

これらの効果は、妊活から妊娠、出産と非常に大切なものなので、しっかりと腸内環境を改善して、花粉症の症状も抑制して、ストレスのない妊活を送りましょう。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

白砂糖が不妊の原因、妊活中の女性なら本当に食生活を改善しよう

白砂糖が不妊の原因だということを知っていますか? 妊活中の女性なら、脱砂糖の食生活に改善する事が必須。 なぜ砂糖は妊娠に不向きな…

結婚前でも妊活、アラサー女性の妊娠への不安を解消する方法は?

アラサー未婚女性の場合、結婚前からすでに妊活について考えていたり、実際に行動した方が良い理由を知っていますか? 女性の妊娠力は加齢とと…

男性用妊活サプリメントのおすすめ成分と夫婦一緒が良い理由は?

男性用妊活サプリメントのおすすめ成分は、どのようなものが良いのでしょうか。 旦那さんの精力や元気な精子を作る為に必要な栄養素や、不妊リ…

妊活離婚の現実。夫婦の温度差や認識の違いを埋める方法とは?

妊活が原因で起こる妊活離婚という現実が増えているのを知っていますか? 妊活に対する夫婦の温度差や認識の違い、旦那さんの非協力的な状況が…

男性の禁欲が不妊の原因?妊活は精子を出す回数で妊娠率が変化?

男性は禁欲すると精液が濃くなり、妊娠率が上昇すると思われていますが、実は男性の禁欲が不妊の原因になる可能性があることを知っていますか? …

不妊カップルが増えている日本の現状、妊娠できない理由とは?

最近の日本では、妊活という言葉が一般的になるほど、不妊カップルが増えている現状を理解していますか? 実際にどのくらいのカップルや夫婦が…