辛いものを妊活中や妊娠中に食べても良いのか、実際にどうなのか気になっていませんか。

妊婦や胎児への影響があるともされている辛いもの。本当に食べてはいけないのかを説明します。

辛いもの=刺激物ですが、考え方によっては妊活にも活用できる効果があるのを知っていますか?

辛いものを食べのは、妊活中の女性には効果的かも!

妊娠初期には特に辛いものを食べてはいけないと言われますが、妊活中なら辛いものを食べても良いのか?

と疑問に思っている人もいると思いますが、やはり過剰摂取は気をつけるべき。

しかし辛いもの=悪ではありませんので、適度な摂取であれば、妊活中でも問題ないと思います。

韓国では、妊活中や妊娠中の女性でも全く気にせずに、キムチを食べ続けているという事実も。

日本人とは、唐辛子への耐性が違いますので、そのまま当てはめることは出来ませんが、キムチを食べても普通に妊娠しているという事実は間違いありません。

日本では辛いもの=刺激物なので、妊活中でも控えた方が良いという声もありますが、妊娠中に食べられなくなるので、その前に食べておくという意見もあります。

私の友人の辛党の女性も、妊活中はいつも通り辛いものを食べていましたが、無事妊娠できましたので、そこまで悪影響ではないでしょう。

むしろ私は、適度に食べるのであれば辛いものも問題ないと思っています。それは辛いものにある効果を期待して。

では実際に辛いものには、どんな効果があるのかを簡単に紹介したいと思います。

辛いもの(香辛料)には、冷え対策にもなる

香辛料の辛味成分には、身体を温めてくれたり、代謝を促進したりと、妊活の大敵である冷え対策効果があります。

妊活中の女性なら誰しも冷え対策や温活を実践していると思いますが、適度な香辛料の摂取は、冷え対策にも効果的。

唐辛子、わさび、しょうがなどの香辛料で、特に冷えに効果的なのが、しょうがです

しょうがのショウガオールには、血行促進効果があることがわかっていますので、火を通したしょうがを妊活中の女性が食べることで、妊娠力を高める効果が期待できます。

妊娠中であればしょうがが、吐き気を抑えてくれますので適度に摂取することは、つわりの予防にも役立つのでおすすめです。

辛いものにはリビドー効果があり、性欲が高まる

辛いものにはリビドー効果があるのを知っていますか?

リビドー効果とは、性的欲求や性的衝動を発動させる力のこと。

だからタイミング法などで、セックスがマンネリ化して旦那さんが非協力的な場合などに、香辛料を効かせた料理を食べさせるのもありなんです。

夫婦で適度に香辛料を摂取していれば、排卵日付近にしっかりとセックスの回数を重ねることができ、妊活に成功する可能性が高まります。

とはいえ、過剰摂取は禁物なので、適度な感じで活用するようにしましょう。

妊活中や妊娠中に辛いものがダメだと言われる理由とは?

辛いものには、妊活に役立つ効果もありますが、やはり過剰摂取は禁物ですし、妊活や妊娠中には摂取すべきではないという理由もあります。

実際に辛いものがどのような悪影響を与えるのか?辛いもののデメリットの部分を紹介します。

辛いものには、胃もたれや胃痛の原因になる

辛い香辛料には、食欲増進効果もありますが、妊娠初期の女性はホルモンバランスが乱れがち。

そのタイミングでは免疫力も低下しますので、胃が荒れやすく、胃痛や胃もたれになりやすいんです。

だから香辛料のような刺激物を大量に摂取することがデメリットだと考えられています。

辛いものには、塩分が大量に含まれていることも

辛いものとは、単に唐辛子の辛さだけではなく、実は原材料の塩が使われていることも。

塩分過多になると、むくみの原因になったり、高血圧のきっかけになったりもします。

意識している人が少ないですが、カレーには2.1gほどの塩分が含まれており、妊婦さんの1日の塩分摂取量は7gと考えられていますので、かなり大量に塩分を摂取することに。

しかもレトルトカレーの場合には、さらに大量の塩分を含有していますので、塩分の過剰摂取につながりやすいんです。

母親の塩分濃度が上がると、血液を通じて胎児にも影響し、高血圧気味の子供になってしまう可能性も。

それと妊娠中の塩分過多は、妊婦さんのむくみを促進したり、妊娠中毒症の気脚気になったりもしますので、本当に摂取量には注意が必要です。

辛いものを食べると、水分と炭水化物の過剰摂取につながる

辛いものを食べると、無意識に水を飲む量が増えたり、ご飯などの炭水化物を大量に食べて中和しようとしたりします。

その結果、体内の水分量が増えむくみの原因になったり、排卵障害が起こりやすくなる肥満の原因にもなります。

特に妊婦さんのはむくみやすい状態なので、水分の過剰摂取は気をつけるべきです。

塩分+水分の過剰摂取は、明らかにむくみの原因ですので、本当に注意しましょう。

辛いものも適量なら悪いわけではない。

妊活中や妊娠中に、ストレスを溜めることは一切のメリットがない行動です。

辛いものを好きな人が急に摂取するのをやめれば、それがストレスになってしまうことも。

もちろん過剰摂取は気をつけるべきですが、適度な量で頻度を意識して摂取する分には、そこまで悪影響があるわけではありません。

良いものでも過剰摂取は禁物ですので、あなたの適量ではなく、一般的な適量を意識して摂取すれば問題ないと思います。

妊娠中には、様々な食べ物や行動に制限が出てしまいますので、その前に楽しむという考え方も出来ますが、くれぐれも過剰摂取には注意しましょう。

妊活に成功するためにも、健康を意識した食生活を送ることが必要ですので、辛いものともうまく付き合っていきましょう。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

電気毛布は妊活中に使うべき?妊娠や電磁波の影響や基礎体温は?

電気毛布は妊活中に使うべきなのか、それとも使わない方が良いのか?気になっていませんか。 電気毛布を使うことで電磁波の影響を受け、基礎体…

男性用妊活サプリメントのおすすめ成分と夫婦一緒が良い理由は?

男性用妊活サプリメントのおすすめ成分は、どのようなものが良いのでしょうか。 旦那さんの精力や元気な精子を作る為に必要な栄養素や、不妊リ…

メンタルヘルスは妊活中の女性に大事なこと、ストレスで不妊に!

妊活中の女性にとって、健康と同じくらいメンタルヘルスも非常に大切なことです。 ストレス状態が続くと、女性の妊娠力が低下し、不妊の原因に…

お風呂が妊活中の妊娠力を高め、不妊症の改善に役立ち効果的!

妊活中にお風呂にしっかり入浴することで、妊娠力を高め、不妊症の改善に役立つ効果があります。 しかし入浴法を間違えると、妊娠力が低下し妊…

仙骨温活で子宮の不調を改善!妊娠に効果的なポイントは実践方法。

仙骨を温める 仙骨温活を行なうことで、子宮や卵巣に血液や栄養がよく行き渡るようになり、妊活中の女性には良いことだらけだとか。 でも実際…

ビタミンEが妊活に必要な4つの理由!不妊を改善し妊娠力に大切

ビタミンEには、妊活や妊娠に役立つ効果があるのを知っていますか。 子宝ビタミンとも呼ばれるビタミンEが持つ、妊娠に必要な4つの理由とは…