アラサー未婚女性の場合、結婚前からすでに妊活について考えていたり、実際に行動した方が良い理由を知っていますか?

女性の妊娠力は加齢とともに減少し、35歳を境目に急激に降下します。

最近は結婚前の事前準備として、ブライダルチェックなども行われますので、早めに妊活について、勉強しておきたいところです。

結婚前のブライダルチェックが常識になりつつある!

妊活や妊娠について考えるのは、結婚後で良いというのはもう過去の話になっています。

日本では晩婚化が進み、初産年齢も30歳を超えるなど、どんどん出産の高齢化が進んでいます。

晩婚化が進行することで、不妊症という問題に直面する夫婦も多く、かなり多額の費用を投じて生活に困窮する家庭も増えています。

そんな現状があることで、結婚前の女性にブライダルチェックという妊娠できる体なのかどうかを判断する検査が人気。

ブライダルチェックにかかる費用は概ね3〜5万円で、全額自己負担。

婦人科検診の検査項目以外にも、HIV感染症や淋病、性器ヘルペス、梅毒やクラミジアなどの性感染症の検査、風疹やB型肝炎、C型肝炎や貧血、肝臓や腎臓の機能の検査を行い判断します。

しかし、事前に妊娠できることがわかれば、その後の妊活にも妊娠できるという安心感があり、落ち着いて向き合うことができると人気になっているんです。

ブライダルチェックは、すでに結婚が前提で行うことが多いですが、その前段階でも普段の食生活を改善することで、妊娠力を高めることができるので注意点を紹介します。

高カロリーまたは偏った食事を避ける

もしあなたが、インスタント食品や冷凍食品、スイーツやスナック菓子などばかりを食べているなら、自分で妊娠力を低下させているようなもの。

インスタントラーメンをよく食べる人は、栄養不足になるだけではなく、濃い味付けで塩分の過剰摂取になっていることもあり、妊娠高血圧症候群のリスクを増加させることに。

さらにインスタント食品やスナック菓子には、トランス脂肪酸が含まれていることで、卵巣機能を低下させる要因にもなりかねません。

スイーツを食べるのが止められないという女性も多いですが、スイーツは白砂糖のかたまりなので、体を冷やす原因に。

体の冷えは妊娠力を大幅に低下させるので、絶対に避けたい部分です。

また妊娠中には、アルコールの摂取ができなくなりますので、将来的に妊娠を考えているなら、飲酒量にも注意したいところです。

適度にストレスを発散して溜め込まない

ストレスを溜めすぎると、自律神経のバランスが乱れ、血流が悪化し、体温調整がうまくできなくなり、冷えの原因やきっかけになります。

人間は体温が下がると、心臓などの生命維持に関する臓器に血液を送り、その他の器官への血流が減少します。

血流量の減少は、卵巣や子宮でも起こり、機能が低下することで、排卵障害や生理不順などの症状を引き起こす原因になります。

さらに、冷え性が妊娠力を低下させるだけではなく、自律神経の乱れがホルモンバランスにも悪影響を与え、生理不順や情緒不安定など妊娠できにくい身体に変化します。

一度低下した子宮や卵巣の機能を改善するのは、非常に難しいので、機能低下を引き起こさないためにもストレスを溜め込まないようにしましょう。

睡眠不足にならないように注意する

睡眠不足が妊娠力を低下させるのは、

  • 体内の活性酸素が増える
  • 体内時計が乱れ、自律神経やホルモンバランスが悪化する
  • メラトニンの分泌量が減り、卵子の老化が進む
  • 成長ホルモンの分泌量が減り、細胞の修復が遅れる

などなど、妊娠力をかなり低下させてしまうことがわかると思います。

睡眠不足は妊娠力だけではなく、精神的な安定や健康にも非常に大きな影響を与える事がわかっていますので、妊娠以前に注意したい部分。

睡眠不足で目の下にクマがでたり、肌荒れがひどくなると結婚どころではなくなってしまうので、美容面も考えて、睡眠不足にならないようにしましょう。

お腹周りを冷やさないようにする

お腹周りを冷やすことは、子宮や卵巣などの生殖機能を冷やすことにつながります。

子宮や卵巣は血管が多いこともあり、冷えによる血行不良の影響を凄く受けやすい特徴が。

女性は男性に比べると、筋肉量も少ないので慢性的な冷え性に悩んでいたり、冷えやすい体質をしていますので、冷やさないようにすることは基本です。

末端冷え性の場合も、足先で冷たくなった血液が子宮や卵巣の近くを通ることで、骨盤内の血流を悪化させたり、冷えの原因になるので、十分に注意しましょう。

どれも妊活を行う女性、妊娠したいと思う女性にとっては、普段の生活で気をつけることができる妊娠力をアップさせたり、維持する方法です。

食習慣や生活習慣は、その気になればいくらでも改善できるもの。

結婚前から妊活を行っておくことは、その後の妊活を楽にしてくれますし、不妊治療などのリスクを減らす要因にもなります。

結婚の予定がないという人でも、結婚前から妊活についての情報や知識を増やしておくことは、将来のあなたに役立つことなので、本当におすすめですよ。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

妊娠しやすいセックス回数や体位を知って、妊活の希望を高めよう!

妊活中の女性が疑問に思うことに、妊娠しやすいセックスがあるのか?という点があります。 回数や体位、頻度によって、一般的に妊娠する確率が…

男性の禁欲が不妊の原因?妊活は精子を出す回数で妊娠率が変化?

男性は禁欲すると精液が濃くなり、妊娠率が上昇すると思われていますが、実は男性の禁欲が不妊の原因になる可能性があることを知っていますか? …

40歳からの妊活は、自然妊娠と不妊治療の両方を考える必要も。

40歳からの妊活は、個人差もありますが、妊娠力が低下していることもあり、自然妊娠と不妊治療の両方を考える必要があります。 実際にどのく…

妊娠力をセルフチェック。自分で診断して妊活の準備を整えよう!

赤ちゃんが欲しいけど、なかなかできない。 そんな時に、この妊娠力セルフチェックが役立ちます。あなたの妊娠力がどうなのか? 自分自…

30代前半で妊活&妊娠希望なら、積極的な行動が必要なの?

30代前半で妊活や妊娠希望なら、積極的な行動が必要だって知っていますか? 不妊率が高まり、妊娠力が低下する30代後半までは残された時間…

すぐできる妊活に役立ち妊娠力を自分で高める可能性がある方法!

今日からすぐできる、自分で妊娠力を改善して妊娠する可能性を高める方法とは? 先輩ママたちが真っ先に実践した、確実に妊娠力が高まる努力や…