男性向けの妊活レシピを紹介します。簡単にできて精子の質を高めることができるメニューや食材は?

男性の妊娠力を高めるためにも、普段からどんな食事を食べているのかということは、本当に大切。

ただ男性の精子の質が変わるには、ある程度の期間が必要ですので、そのあたりの情報も紹介しますので、妊娠力アップに役立ててください。

男性向け妊活レシピを紹介、これを食べると精子の質が良くなる!

まず最初にお伝えしたいのですが、男性の精子の質に影響を与えるまでには、多少の時間が必要になります。

一般的に食事で食べたものが精子の質に影響を与えるまで、3ヶ月ほどかかると言われており、今で来ている精子は3ヶ月前に食べたものが材料になっていることに。

だから今日明日食べて、明後日には精子の質が改善されるということではなく、少し時間がかかるということは理解しておきましょう。

ただ普段から精子の質に良いものを食べることで、精力が増大したり、タイミング法を実践する際に回数が出来るようになるなどのメリットもあります。

だからそういう部分の効果も活用しつつ、本格的な変化は3ヶ月目以降に起こるということだけは、最初に覚えておいてください。

さらに現代の男性の多くが、食品添加物や加工食品の影響を受けて、精子の数は明治時代の半分ほどにまで減少、奇形精子の割合も増加しています。

だからこそ、積極的に男性の精子の質を高めるような食材やレシピを選んで食べるようにすることが大切。

食品添加物の多い加工食品や冷凍食品、ファーストフードなどはできるだけ食べないようにして、家庭で食材から調理するものを好んで食べるようにしましょう。

では実際にどんな物が良いのか、男性向けの妊活レシピや食べるべき食材を紹介します。

亜鉛が男性ホルモンの分泌を促進し、精力アップに役立つ

アメリカではセックスミネラルとも言われる亜鉛。男性の生殖器官やその機能を高め、精子の生成に役立つ効果が期待できますので、真っ先に食べさせたいところ。

特に亜鉛が豊富なしじみは、生きた肝臓薬とも呼ばれるほど豊富なオルニチンを含有、疲労回復にも役立つ効果も期待できます。

男性が元気でなければ、タイミング法もうまく行うことができませんで、亜鉛が豊富な食材を真っ先に食べさせるようにしましょう。

亜鉛が豊富な食材には、

  • 牡蠣
  • しじみ
  • 納豆
  • ホタテ
  • 牛肉

朝食に納豆ご飯に、しじみのお味噌汁という和食感満載のメニューを用意してあげると良いですし、晩酌の際にカキフライや焼き牡蠣、ホタテのバター炒めなんかもおすすめです。

精子の生産量アップに役立つアルギニンで、元気な精子の数を増やそう

アルギニンを摂取することで、成長ホルモンの分泌量が増え、細胞増殖を促す効果が期待できます。

その結果、精子の生産量がアップしたり、運動性の高い精子を生み出すことに。

亜鉛が豊富な納豆には、実はアルギニンも豊富に含まれていますので、大豆製品を食べることが非常に効果的です。

アルギニンが豊富な食材には、

  • 大豆製品
  • 鶏肉
  • ごま
  • アーモンド
  • レーズン

でも実は最もアルギニン含有量が多いのは、豚ゼラチン。

豚足を普段から食べるようにすると、100gあたりで7900mgものアルギニンを摂取でき、これはその他の食材の2倍以上ですので、非常におすすめです。

豚足が食べられない際には、豚の角煮でも良いので、豚ゼラチンを含んだ食材を活用したレシピを選んでくださいね。

疲労回復&スタミナアップに役立つビタミンB群で精力アップ

タイミング法を実践するためにも、回数を増やすためにも疲労回復効果やスタミナアップ効果があるビタミンB群を摂取することは大切。

ビタミン類には様々な効果があり、ビタミンB群は疲労回復効果、ビタミンAには免疫力向上効果、ビタミンEにはホルモンバランスを整える効果が期待できますので、合わせて摂取すると良いでしょう。

ビタミンB群が豊富な食材には、

  • 豚肉
  • うなぎ’
  • たまご
  • 納豆
  • 玄米

やはり疲労回復&スタミナアップと言えば、うなぎ。

うなぎにはビタミンB群、ビタミンA、ビタミンEが含まれていますので、非常にオススメ。

さらに言えば、これまで紹介した豚肉や納豆などの食材、和食の朝食にピッタリなたまごなども非常に良い効果が期待できる食材ですので、男性の妊活レシピとしてはオススメです。

アミノ酸やタンパク質の吸収率を高めるムチンで精力アップ!

様々な栄養素を摂取しても、その吸収率が低いとうまく活用することができませんので、吸収率を高める食材を活用することも男性向け妊活レシピでは大事な部分。

特に精子を作るために必要なアミノ酸や、タンパク質の吸収率を大幅に高めてくれるのがムチンです。

ムチンとは粘性物質なので、山芋やモロヘイヤなどのネバネバ系の食材に豊富に含まれています。

ムチンが豊富な食材には、

  • 山芋
  • 納豆
  • オクラ
  • もずく
  • めかぶ

またここでも登場したのが納豆です。

納豆は生で食べられるので、豊富な栄養素が熱で失われることもなく、しっかり摂取できますし、腸内環境を整える整腸作用もあるので非常におすすめ。

もずくやめかぶなども晩酌の際にあてに使える食材ですし、和食よりの食材は男性の妊活レシピとして、おすすめなのがよくわかると思います。

こういった食材を食べることに合わせて、普段の生活から加工食品や冷凍食品、ファーストフードなどの食品添加物やトランス脂肪酸を排除することも大切です。

これらは妊活だけではなく、将来的な健康維持にも役立つものですので、時間をかけてでも良いので、じっくりと食事内容の改善を行うことをおすすめします。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

男女の産み分けは可能?妊活で希望する性別で妊娠する方法とは?

妊娠する際に、男女の産み分けは可能なのでしょうか? 特に妊活の際に希望する性別で妊娠することができるのか、もし可能ならどのような方法で…

妊活6ヶ月、妊娠できた割合は?不妊治療も考えた方が良い時期?

6ヶ月間の妊活で妊娠できた人の実際の割合って、どのくらいなのか。 もし6ヶ月間、妊活を頑張っても妊娠できない場合には、不妊治療も考えた…

へそきゅうが妊活に効果的、桐灰の温活グッズが大人気の理由は?

おへそにするお灸のへそきゅうが、妊活中の女性に妊娠に役立つ効果があると最近話題です。 桐灰化学の温活グッズのへそきゅうを使うと、誰でも…

全粒粉は妊娠力を高め、不妊リスクを低下させるので妊活の基本?

全粒粉を積極的に食生活に取り入れることは妊娠力を高め、不妊リスクを低下させると言われています。 妊活の基本として、白色よりも茶色の未精…

すぐできる妊活、実際に先輩ママが妊娠した方法をまとめて紹介!

妊活をはじめたら、すぐできるなんて思っていませんか?不妊に悩んでいる人はいるけど、私は大丈夫と考える人が多いんです。 実際に妊活を始め…

35歳からの高齢出産、妊活や妊娠リスクは?妊娠力アップで自然妊娠

35歳以上の女性の妊娠や出産には、幾つかのリスクが伴います。 一番はダウン症の確率が高くなることですが、妊娠力も低下し、妊活も難しくな…