妊活中の女性にとって、健康と同じくらいメンタルヘルスも非常に大切なことです。

ストレス状態が続くと、女性の妊娠力が低下し、不妊の原因になることが研究結果でわかっています。

実際にどのくらいの影響が出るのか?妊活中のメンタルヘルスに効果的な方法などを解説します。

妊活中の女性のメンタルは妊娠に影響する!

妊活をはじめた頃の女性は、赤ちゃんがほしいと思って期待に胸膨らんでいますが、妊活はジェットコースターのようなもの。

  • 今回こそは・・・と期待していたのにリセット。
  • 基礎体温がいつまでも安定しない。
  • 周囲のプレッシャーが強く、何を言われているのか気になる。
  • 旦那さんがタイミング法に協力的じゃない。
  • 周りの友人が先に妊娠した。

などなど、様々なことで心が乱れたり、精神的に落ち込んでしまったり、メンタルヘルスを良い状態でキープするのが難しいんです。

でも妊活中のストレスは、確実に妊娠力を低下させることがわかっていますので、できれば溜めたくないもの。

実際にどの位、妊娠に対してストレスの影響があるのかというと・・・

アメリカのオハイオ州立大学の免疫学者が率いるチームが発表した「不妊とストレスに関する研究」によると、

ストレスを抱えている女性は、妊娠の可能性を毎月29%低下させ、不妊の可能性を2倍以上高くしている。

これが妊活にどれだけデメリットの多いことかわかりますか?

言い換えると、メンタルケアを行ってストレスを解消できていれば、毎月の妊娠率は29%上昇し、不妊リスクは半分以下になるということ。

それだけ妊娠に近づけるわけですから、妊活中のメンタルヘルスにも注力したいですよね?

では実際にどのようなことを行えば、妊活中のストレスを溜めずに、メンタルケアができるのかを紹介したいと思います。

気持ちを吐き出して、心を軽くする

これは今すぐに誰でもできる方法です。

一番簡単なのは、感じていることや思っていることを紙に書き出してみる。

もしくは、第三者に自分の気持ちを聞いてもらう。

そうやって自分の気持ちを外に出すことで、心の浄化が出来て、精神的なストレスを軽減し、心を軽くすることができます。

紙と鉛筆さえあれば、どこでもできる方法なので、ぜひ試してみてください。

相談する相手や適切な第三者がいない人には、「生労働省の不妊専門相談センター」というのを使ってみるのもひとつ。

面接や電話相談、メール相談などに医師や助産師、看護婦さんなどの専門家が答えてくれるので、心が軽くなるだけではなく、不妊の直接の原因がわかるかもしれません。

最近は不妊相談を行っているNPO法人などもありますので、ネット等で検索してみるのも良いかもしれません。

妊活中のストレスや悩みは、内側に溜め込み過ぎないこと。

そうすることがメンタルケアに繋がる第一歩です。

ヨガやピラティスで妊活向きの体づくりを行う。

ヨガやピラティスには、リラックス効果があるだけではなく、妊活向きの体づくりにも向いています。

適度な刺激やストレッチ効果で、血流が改善されたり、身体の歪みが解消されることで、妊娠しやすい体を手に入れる事ができます。

特にデスクワーク中心だったり、姿勢が悪く骨盤に歪みが生じていると、妊娠力も低下しがちなので、その改善は非常に効果的。

ヨガの呼吸法を身につけることで、簡単にリラックスできるようになるので、近所のヨガスタジオやスポーツジムでチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

ちなみにピラティスはヨガを参考にしたリハビリ運動なので、ピラティスでも心身のバランスを整えることができます。

ピラティスもヨガも、最近はDVDが販売されていたり、Youtubeなどを自宅で見ながらチャレンジできますので、ヨガマット1枚だけ買って始めるのも良いかも。

睡眠やリラックスタイムを積極的に活用する

睡眠不足が続くと、交感神経が優位になったり、セロトニンやメラトニンの分泌量が低下し、心身ともにリラックスしにくい状態に。

たまには昼間で寝てみるとか、お昼寝を追加するとか、心身のバランスを整えるために睡眠時間を活用するのも良い方法です。

布団に入る1時間前にぬるま湯にゆっくり浸かれば、副交感神経が優位になり、リラックスし易い状態になり、その後の深部体温の変化で入眠しやすい状態にもなります。

お風呂で音楽を聞いたり、アロマオイルを垂らしたりするのも、より高いリラックス効果を実感できる方法です。

どんなことでも良いので、あなたが心地よいと感じる時間を日々の生活の中に組み込んでください。

そうすることで、ストレスを溜め過ぎに済みますので、意識的に実践してみてください。

妊娠できないのはあなただけの問題ではない。

ストレスも開放して、リラックスしているのに妊娠できない。

そこでまた悩んでしまったら、意味がありませんので、現実に目を向けてみましょう。

これから紹介するのは、年齢別の体外受精の成功率

  • 女性30代前半:約40%
  • 女性35歳:約36%
  • 女性40歳:約25%
  • 女性45歳:約7%

これが医療の力を借りて、姙娠できる割合ですので、あなただけが妊娠できないということではありません。

自然妊娠を臨んでいるなら、妊娠率はもっと低い話。

これは妊娠できないということではなく、妊娠は元々も授かりもの。

だから出来ないのが悪いわけではなく、いまそのタイミングではないだけです。

ストレスが妊娠に悪影響を与えているかもしれませんし、体が妊娠できる状態になっていないのかもしれません。

でも妊活だけが生活の中心になって、日々悩んだり、苦しんだりするのは、余計に妊娠から遠ざかることだというのが、今回紹介した情報からもわかると思います。

楽しい妊活ではないかもしれませんが、苦しい妊活だと自分で妊娠力を低下させているという現実を知って、少しでも前向きな妊活に変えていきましょう。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

玄米茶には妊活中の女性の体質改善に役立つ影響が高いって本当?

妊活中の女性が玄米茶を飲むことで、妊娠に向いた体質になっていくという噂があります。 玄米茶のどのような成分や効果で、妊娠力が高まるのか…

妊活をもうやめたい!ストレスが原因で妊娠できない時の対処は?

妊活をもうやめたいと感じたなら、ストレスが原因で妊娠できない状態になっているのかもしれません。 そんな時には、どうすれば良いのか?実際…

メラトニンの抗酸化作用が不妊治療に役立つ効果があるって本当?

近年の研究結果で、睡眠ホルモンのメラトニンが持つ抗酸化作用が不妊治療に役立つと注目されています。 妊娠の際に役立つ抗酸化作用があり、卵…

白砂糖が不妊の原因、妊活中の女性なら本当に食生活を改善しよう

白砂糖が不妊の原因だということを知っていますか? 妊活中の女性なら、脱砂糖の食生活に改善する事が必須。 なぜ砂糖は妊娠に不向きな…

貧血が不妊の原因、フェリチン不足は妊娠できないって本当なの?

貧血が潜在的な不妊の原因だということを知っていますか、特に鉄分欠乏症の女性は妊活前に症状の改善を行うべきなんです。 貧血と言っても、ヘ…

2日に一回と3日おき、妊活で妊娠しやすいセックスの頻度は?

妊活で妊娠しやすいセックスの頻度は、2日に一回でしょうか、それとも3日おきの方が良いのか。 実際にタイミング法で排卵日を挟んで行う、セ…