きのこは妊活に効果的な食材だということを知っていますか。

単にカロリーが少なく、食物繊維が多いだけがきのこの特徴ではありません。

特に女性の妊娠力を高める力を秘めているきのこ。実際にどんな効果があるのかを紹介します。

きのこが妊活や妊娠に効果的な理由とは?

きのこを食べる菌活が数年前にブームになったこともあり、普段からきのこを意識して食べている女性も多いと思います。

菌活と言えば、きのこの食物繊維で腸内環境を改善して、便秘の解消や肥満予防などの効果を期待できるもの。

確かに肥満症や血中コレステロール値の上昇は、排卵障害を招くなど、不妊症の原因のひとつです。

でも実際にきのこが妊活に効果的なのは、それだけの効果ではありません。

きのこのビタミンDが卵巣年齢に関係する

最近の研究でわかったことは、卵巣年齢を若く保つためには、ビタミンDの摂取量が大きく関係しているという点です。

卵巣年齢が老化すれば、質の良い卵子を生み出すことができなくなり、原始卵胞が十分に成長できなかったり、排卵障害を招くこともあります。

しかしビタミンDの効果で、卵巣年齢を若く維持することができれば、それだけ受精力の高い質の良い卵子に成長させることができます。

どちらが妊活に効果的なのか、これは言わずともわかると思いますが、やはり卵巣年齢は若い方が良い。

それは間違いないでしょうし、それだけでも、きのこを普段から食べる意味はありますよね?

ちなみにビタミンDが多いきのこは、

  1. キクラゲ:2gで8.7㎍
  2. 干ししいたけ:8gで1.3㎍
  3. 舞茸:50gで1.5㎍

でもきのこには、他にも様々な効果や効能が期待できるんです。

しいたけには、血液サラサラ効果がある

血液サラサラが、冷え性の改善や子宮や卵巣に対する血液の確保という意味でも、非常に重要ですよね?

しいたけは、血流を改善する効果があると古来から漢方薬などでも使用されてきた成分。

干ししいたけは、高血圧や貧血の改善に生薬として使われるほどなので、その効果の高さがわかると思います。

しいたけで血液サラサラになるのは、エリタデニンという成分が含まれているから。

エリタデニンとは、しいたけとマッシュルームでしか発見されていない血液サラサラ成分で、その含有量は圧倒的にしいたけの方が多くなっています。

食物繊維が豊富で、デトックス効果が期待できる

きのこには、豊富な食物繊維が含まれていますので、便秘解消や体内に有害物質を溜め込まずに排出する作用が期待できます。

きのこ類を平均しても、3.4gもの食物繊維を摂取することができますので、腸内環境の改善に効果的。

腸内環境が良好になると、便秘が解消したり、宿便もしっかり出すことができるので、血液も良い状態になり、活性酸素を大量生産する必要もありません。

体内のサビや老化も抑制できるというメリットがあると考えることもできます。

カロリーが低いので、太りにくい

妊活中の体重コントロールは、非常に大切なことですので、摂取カロリーの調整も妊娠力のアップに繋がります。

きのこは0カロリーだと思っている人が多いですが、ちゃんとカロリーはあります。

  1. マッシュルーム:11kcal
  2. やなぎまつたけ:13kcal
  3. ほんしめじ:14kcal

これがカロリーが低いランキングベスト3です。0kcalではないとは言え、どれも非常に少ないカロリーなので、沢山食べても太りにくいのがわかります。

きのこの種類別、おすすめの栄養成分と効果効能とは?

きのこにも様々な種類がありますが、実際にどんな成分が含まれているのか。

体調や期待できる効果に合わせて、きのこの種類を選ぶことで、より効果的に妊活に使うことができます。

そこで5種類のきのこ特徴を簡単に紹介します。

免疫力と美肌はまいたけのβグルカン

まいたけには、肌荒れ予防のビタミンB2、肌のうるおいをキープするトレハロース、チロシナーゼ阻害物質が含まれていることで、シミやそばかすの発生を予防。

さらにβグルカンの含有量が、きのこ類の中でも最も豊富だという事がわかっています。

βグルカンは、免疫力の活性化に役立つ食物繊維。健康面だけではなく、皮膚疾患やシワにも効果的なので、美肌づくりに非常に役立ちます。

食物繊維が豊富なエリンギで便秘解消

エリンギには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンDが豊富に含まれているだけではなく、カリウムも豊富に含まれています。

カリウムは塩分の排出作用があるので、高血圧予防やむくみ解消に役立つ効果が。

さらに、エリンギにはきのこの中でも1、2を争うほどの豊富な食物繊維が含まれていますので、便秘解消に老廃物排出に非常に役立つ効果が期待できます。

ギャバが豊富なえのきで、ストレス解消

えのきの特徴として、疲労回復に役立つビタミンB1が最も多く含まれているので、疲れがちな人にはもってこい。

ギャバを豊富に含んでいることで、ストレスを軽減してくれる作用も。

さらに、副腎皮質ホルモンの原材料のパントテン酸も含有されていることで、ストレスに対する抵抗力を向上させてくれます。

これらの相乗効果で、疲労回復や安眠効果など現代人に多いストレスの解消に役立ちます。

二日酔いには、ぶなしめじのオルニチン

実はぶなしめじには、しじみの5〜7倍ものオルニチンが含まれていますので、アルコール分解を助けてくれるので、二日酔い対策にぴったり。

オルニチンはアルコール以外にも脂肪燃焼効果やシミやシワ、オイリー肌や肌荒れなどの肌トラブルにも効果的に作用します。

ぶなしめじのオルニチン含有量は、100gあたり140㎎と非常に豊富ですので、飲んだ翌朝に食べると効果的。

老化予防にしいたけのビタミンD

卵巣年齢を維持するビタミンD、そのビタミンDの原料になるエルゴステリンを豊富に含んでいるのがしいたけの特徴です。

ビタミンDは、カルシウムの吸収率をアップさせたり、老化防止や骨粗鬆症の予防効果もあるエイジングケア成分。

干ししいたけにすることで、ビタミンDの含有量がアップしますので、太陽の下に1〜2時間放置しておくのが、効果的な食べ方。

しいたけの旨味成分のグルタミン酸は、脳の栄養素として活用され、脳の老化予防にも役立つ効果が期待できるので、積極的に食べるようにすると良いでしょう。

このようにきのこ類には、様々な効果や効能が期待できるものが多く、実際の摂取カロリーも木に非ないものばかり。

普段の食事できのこ類を食べる機会を増やすことが、妊活や妊娠に効果的ですので、ぜひ活用してくださいね。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

風疹の予防接種と妊活の関係とは?妊娠前のワクチン接種が基本!

予防接種と妊活の気になる関係について紹介します。 風疹やインフルエンザの予防接種は、どのタイミングが推奨されているのか? 妊娠前…

妊活に疲れた。生理後のストレス解消は妊娠力の向上に役立つ?

妊活を頑張れば頑張るほど、生理が来たりすると、妊活に疲れたと感じることがありますよね? 実は多くの女性が妊活疲れを経験し、それを乗り越…

梅干しが卵子に効果的、妊活や不妊治療に役立つ効果があるの?

梅干しや梅酢を飲むと、卵子の老化を予防できたり、卵子の質を向上させる効果があるのを知っていますか。 実際に梅干しをどのように妊活に活用…

妊活は低温期の過ごし方で妊娠確率が変化、注意点やポイントは?

妊活中の女性の多くが、低温期よりも高温期が重要だと考えているようですが、実際には低温期の方が大切なんです。 低温期の過ごし方で妊娠力や…

NKキラー細胞の活性が不妊の原因?免疫力が妊娠を阻害するの?

NKキラー細胞(NK細胞)の活性高いことで、病気になりにくいという特徴がありますが、実はそれが原因で妊娠できない可能性もあるんです。 …

わかめのヨードは妊活や妊娠力に影響するの?心配な副作用とは?

わかめに含まれているヨードは、妊活や妊娠力に影響するのでしょうか? 実は妊婦さんがわかめを食べすぎることで、心配されている副作用があり…