漢方薬の温経湯を服用すると、不妊を改善できたり、不妊治療に役立つ効果や効能があるとい和れていますが、実際どうなのでしょうか。

温経湯の効果や効能、副作用などがないか?実際にどのような生薬が配合されているのかなど、基本的な情報をまとめてします。

排卵誘発剤の代用としても使われるほど、強い効果のある漢方薬なのかも含め、温経湯が妊娠にどう役立つのかを紹介。

ツムラの漢方薬の温経湯は、どんな生薬が配合されたのものか?

出典:http://www.tsumura.co.jp/

温経湯とは、ツムラの漢方薬で、月経異常や不妊に悩む女性や、手湿疹などの皮膚疾患を治療する為に、処方される漢方薬のこと。

医療機関で処方してもらうと保険適応で、2週間分で2000円ほど、ネット通販で購入すると保険不適応で、2週間で6300円ほどの価格で購入できます。

値段や他の薬との飲み合わせを考えると、病院で処方してもらった方が値段も3分の1ほどですし、安心して服用できますので、その方が良いでしょう。

温経湯に配合されている生薬は12種類あり、

麦門冬(バクモンドウ)、半夏(ハンゲ)、当帰(トウキ)、甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、川芎(センキュウ)、人参(ニンジン)、牡丹皮(ボタンピ)、呉茱萸(ゴシュユ)、生姜(ショウキョウ)、阿膠(アキョウ)

これらの持つ効能によって、不妊治療にも役立つと考えられています。

温経湯は排卵誘発剤の代わりになるのか?

この部分について、最も気になる人が多いかもしれませんので最初に説明します。

残念ながら、温経湯は排卵誘発剤ではありません。 当然といえば、当然ですが・・・

しかし総合的な効果で、排卵を促進することができると考えられています。

まず温経湯は、子宮に流入&循環する血液量を増加させることで、子宮の状態を総合的に整える作用がありますので、子宮の機能が正常化。

さらに子宮だけではなく、全身の血流量がアップし、ホルモンバランスが整うことで、排卵もスムーズに行われるようになるというもの。

だから排卵誘発剤ではありませんが、最終的に排卵を誘発し、不妊治療の医療現場でも温経湯は使われているわけです。

これが温経湯が不妊の改善に役立つと言われているひとつの理由。

温経湯を飲むと血流が改善され、基礎体温も上昇する

温経湯は基本的に血液の循環を良くすることで、様々な効果や効能を実感できる漢方薬。

だから温経湯をしっかり飲むようになると、基礎体温が上昇し、さらに安定するようになります。

個人差がありますが、基礎体温が0.1〜0.2度ほど上昇しますので、妊娠の大敵である冷えを改善できているという効果を、基礎体温表をつけていると実感できるでしょう。

さらにガタガタな基礎体温だった人も、徐々に安定してきますので、不妊を改善し、妊娠しやすい身体に変化しているということも、基礎体温表をつけていればよくわかります。

基礎体温の上昇は、妊活において非常に大切なこと、だからそこに良い効果がある温経湯を妊活にう役立てるのは、当然の話しかもしれません。

温経湯の説明書から分かる効果や効能とは?

温経湯はどのような人に処方されるべきなのかを、取扱説明書から抜粋して紹介したいと思います。

  • 月経不順
  • 月経痛
  • おりもの
  • 更年期障害
  • 不眠
  • 神経症
  • 湿疹
  • 足腰の冷え
  • しもやけ

どれも女性に多い疾患や症状ですし、不妊の原因になるようなものが多く含まれていますので、その症状改善には、非常に役立つ効果が期待できます。

温経湯の副作用や服用を注意すべき人は?

不妊の改善に役立つ温経湯ですが、副作用や服用を注意すべき人がいないのかも気になります。

まず温経湯の服用を注意すべき人は、

  • 薬を飲んで、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある人
  • 妊娠中や授乳中の人
  • 他の医薬品を服用している人

温経湯の副作用とは、

  • 発疹
  • 発赤
  • かゆみ
  • 蕁麻疹
  • 食欲不振
  • 胃部不快感
  • 悪心
  • 下痢

他にも血流が改善されることで、睡魔に襲われてしまうという人もいるようなので、体質によっては強い眠気に襲われる可能性があることも知っておきましょう。

温経湯はあくまでも漢方薬なので、薬ではない

温経湯は、妊活において非常にメリットが多く、副作用もさほど気にならない事がわかったと思います。

女性に多い冷えを解消し、手足の肌荒れにすら効果を発揮してくれるのは、主婦としても嬉しいポイント。

しかし、温経湯はあくまでも漢方薬です。

だから薬のように即効性があるわけでもありませんので、その点は最初に理解しておきたいポイント。

確かに妊活において血流量をアップさせることも大切ですが、血流量のアップという意味では、医薬品のビタミンEをしっかり摂取した方が効果的でしょう。

ビタミンEには血流量のアップ&血管の拡張作用と、非常に優れた抗酸化作用があり、子宮や卵巣の老化を予防してくれます。

その結果、卵子の老化を予防し、卵子の質を改善してくれますので、より妊娠しやすい卵子を排卵することに。

さらに30代以降の女性が卵子の老化を予防するという意味では、ミトコンドリアを強化させることも非常に大切なポイント。

ミトコンドリアは細胞の発電所とも呼ばれ、そこが産生するエネルギーが年齢と共に減少し、卵子の質の悪化、受精卵の細胞分裂や発育にも栄養するほどのものです。

温経湯で血流量をアップさせることも不妊の改善に役立ち、妊娠しやすい体づくりには良い効果が期待できますが、根本を見直すことも大切ではないでしょうか?

そういった意味では、ビタミンEの摂取やミトコンドリアの活性化を促進するという部分に着目すると、よりスムーズな妊活が行えると思いますよ。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

梅干しが卵子に効果的、妊活や不妊治療に役立つ効果があるの?

梅干しや梅酢を飲むと、卵子の老化を予防できたり、卵子の質を向上させる効果があるのを知っていますか。 実際に梅干しをどのように妊活に活用…

コレステロールも妊活に必要、妊娠体質を目指すなら大切だった。

妊活中に妊娠体質を目指しているのなら、コレステロールの摂取も必要だということを理解していますか。 悪玉コレステロールと言えば、健康に悪…

にんじんりんごジュースを毎日飲むのが妊娠や妊活に効果的なの?

妊娠ジュースとも言われる、にんじんりんごジュースを毎日飲むと妊娠できると話題です。 実際にどのような方法で、にんじんりんごジュースを作…

甘酒が妊活に効果的、飲む点滴は女性の妊娠力のアップに役立つ!

飲む点滴と言われる甘酒を妊活に役立てると、本当に効果的に妊娠力がアップします。 実際にどんな甘酒が良いのか、酒粕と米麹のノンアルコール…

ルイボスティーの不妊改善効果で妊娠、妊活に役立つ理由を紹介!

妊活中の女性がルイボスティーを飲むことで、不妊の原因を効果的に改善して妊娠できると言われています。 実際にルイボスティーのどのような効…

妊活中の花粉症対策はどうすれば良いのか?薬は服用可能なの?

妊活中や妊娠の花粉症対策はどうすれば良いのでしょうか? 市販薬や処方薬は服用可能なのか、それともアレルギー症状を我慢すべきなのか。 …