過去に生理不順や避妊を目的にして、ピルを服用したことがある女性の妊娠率が高くなるという噂がありますが、本当なのでしょうか?

実際にピルの服用が妊娠にどのような影響を与えるのかを、徹底検証します。

ピル中止後すぐに妊娠すると副作用や悪影響が起こるのではないか?という不安についても解説します。

ピルの服用が女性の妊娠率を高めるのは本当か?

ピルを服用したことがある人の中には、生理不順の改善や避妊、旅行と生理のタイミングが被ったので、ずらしたかったなど様々な理由があります。

避妊効果があるピルには、実は妊娠力を高めるという噂がありますが、本当なのでしょうか?

避妊と妊娠という全く真逆の関係にあるこのピルの作用で、実は妊娠力が高まるのですが、大きく誤解されていることがあります。

それがピルの服用で、排卵が止まることで、卵子の数を維持できるというもの。

ピルには卵子温存効果があると考えている人もいますが、ピルを服用しても、残念ながら卵子が温存されることはありません。

排卵は行われませんが、卵胞が減少する流れは止まりませんので、将来的に多くの卵子を残す事はできませんので、そこは最初に理解しましょう。

しかし、ピルの服用はそれ以上に妊活に効果的だと言われる幾つかの理由があります。

ピルの服用で卵巣の動きが止まり、老化スピードが鈍化する。

女性の体では、初潮から閉経まで毎月1回の排卵が継続的に行われます。

排卵を行う為に原始卵胞を育て、成熟させ、女性ホルモンを分泌し・・・という妊娠に関する一連の動きが絶え間なく行われます。

しかしピルを服用することで、一時的に卵巣の動きを抑制することになり、卵巣を休めることが可能に。

その結果、卵巣の老化スピードが鈍化し、妊娠できる期間が長くなる傾向があります。

ただ完全に卵巣の老化を抑制することはできませんので、その点は予め理解しましょう。

ピルの服用でホルモンバランスが整い、子宮環境が改善される

ピルには、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンの成分が含まれています。

普段はホルモンバランスが乱れている人でも、ピルの服用中は妊娠時と同じ状態までホルモンバランスが改善し、排卵自体が行われなくなります。

さらに子宮内膜も厚くならず、受精卵も着床しにくくなり、子宮頚管粘液の濃度も変化し、精子が子宮に侵入しにくくなり、避妊できる状態に。

ホルモンバランスの改善が子宮環境の改善にも役立ち、子宮内膜が厚くならないなど、子宮内膜症など不妊症の原因を予防できます。

ピルの服用を行わない方が良いタイプとは?

このように妊活に行くるかのメリットがあるピルの服用ですが、実は服用しない方が良い人もいます。

それが下記に当てはまるタイプの人

  • 35歳以上で1日15本以上の喫煙者
  • 血栓性静脈炎や肝塞線の既往歴や疑いのある人
  • 乳がん、子宮体がん、子宮頸がん、子宮筋腫の既往歴や疑いのある人
  • 脳血管、心血管系に異常がある人
  • 肝機能障害の人
  • 高血圧症や血栓症、心筋梗塞の既往歴や疑いのある人
  • 糖尿病や高脂血症
  • 妊娠中、授乳中の女性
  • 手術直後や手術予定のある人

これらの既往歴や疑い、症状がある場合にはピルの服用が医師にも勧められませんので、個人の判断で服用しないようにしましょう。

低用量ピルと中用量ピルの違いとは?

低用量ピルと中用量ピルの違いは、ピルに含まれている女性ホルモンの量です。

低用量ピルは主に避妊を目的として処方され、中用量ピルは子宮筋腫や子宮内膜症の治療に処方されて、保険適用になる場合がほとんど。

今や10人に1人の女性が発症すると言われる子宮内膜症については、中用量ピルを復唱することで、月経の期間を調整したり、経血量を減らして生理痛を弱めることができます。

ただあくまでも月経への影響のみなので、ピルを服用しても子宮筋腫が小さくなるということはありません。

またピルには副作用もあり、吐き気やむかつき、むき身や乳房の痛みなど妊娠初期の様な症状を感じることもありますので、低用量ピルで副作用を抑えたいという人が多い傾向があります。

またピルの服用を続けると、血栓症や心筋梗塞、太りやすくなることもありますので、その点も予め理解しておきましょう。

ピルの服用を中止したら、すぐに妊娠できるのか?

既にピルの服用をしている人が妊娠を望み、妊活を始める際には、実はどのタイミングでピルの服用を中止しても問題ありません。

途中で止めても大丈夫ですし、1シート飲みきってからでも問題ないというのが実際の話。

一般的にピルの服用を中止すれば、1ヶ月以内に排卵が始まりますので、排卵されればいつでも妊娠可能な状態であると理解しましょう。

しかし中には、ピルの服用を中止したのに数ヶ月〜半年程も生理がない状態が続く人がいます。そういった場合には、早めに病院で診察を受けるようにしてください。

また生理は来るものの、無排卵月経になる人もいるので、排卵状態を確認するためにも、基礎体温表をつけるようにすると良いでしょう。

ピルの服用を中止して妊娠しても奇形児のリスクはないのか?

ピルの服用が、胎児に与えるリスクについて気になる人もいると思います。

確かにピルは病院で処方される薬ですので、副作用で奇形や神経障害など何か悪影響がないのかは心配ですよね。

でもピルは薬ですが、含まれている成分はホルモンです。

女性ホルモンのバランスを改善する為に処方されているので、ピルの服用を中断した次の排卵で妊娠しても胎児への影響はないとされています。

実際にホルモン剤による奇形報告などもないことを踏まえても、大丈夫でしょう。

ピルは不妊治療に使われることもあるので、ピルの服用で胎児に悪影響が出ないのはその点からもお伝えできます。

ピルの服用中止後、なかなか妊娠できないのは?

これもピルの影響では?と思う人がいるようですが、ピルの服用と妊娠までの時間には特に関係性はありません。

普通に妊活していても、すぐに妊娠できる人、半年ほどかかる人、1年経ってもできない人・・・様々な状態ですよね?

それと同じで、ピルの服用を中止して、妊活を行ったもののなかなか妊娠できない人もいますし、逆に1回目の生理で妊娠できる人もいます。

妊娠は授かりものであるということを踏まえて、少しでも妊娠力を高めていくことが大切。

この様にピルの服用で卵巣の老化が抑制され、子宮環境が整うことで、妊娠率が高まると言われていますので、ピルの服用歴があるから妊娠に悪影響が出るということはありません。

うまくピルも活用して、妊活を進めていきましょう。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

妊活6ヶ月、妊娠できた割合は?不妊治療も考えた方が良い時期?

6ヶ月間の妊活で妊娠できた人の実際の割合って、どのくらいなのか。 もし6ヶ月間、妊活を頑張っても妊娠できない場合には、不妊治療も考えた…

さばは妊娠力アップに役立つ食材、妊活するなら食生活に必要!

青魚のさばを食べることで、男性も女性も妊娠力がアップし、妊活に役立つ食材だということに気づいていますか? 普段の食生活で積極的にさばを…

グリーンスムージーは葉酸豊富で妊活に効果的でも欠点があるの?

グリーンスムージーは葉酸やビタミン類を豊富に含んでいることで、妊活や妊娠中の女性の健康管理に効果的だと人気です。 しかし、グリーンスム…

L-カルニチンが妊活に効果を発揮、男女共に不妊症を解消する?

L-カルニチンをサプリメント等で補充すると、妊活に役立つ効果を発揮すると言われています。 L-カルニチンは男女共に不妊症を解消したり、…

不妊ストレスが原因で妊娠できない。役立つ解消法でその影響を排除!

不妊ストレスが原因で妊娠できなかったり、生殖機能(男性も女性も)にも影響が出てしまうんです。 そんな不妊ストレスは溜め込まないで、解消…

Vラインの脱毛が不妊の原因や、妊娠に影響が出ることはあるの?

Vラインの脱毛が不妊の原因や、妊娠に影響が出ることはあるのかというこが気になっている人も多いと思います。 アンダーヘアがないと産婦人科…