妊活中の女性がルイボスティーを飲むことで、不妊の原因を効果的に改善して妊娠できると言われています。

実際にルイボスティーのどのような効果が、妊活に役立つのか?本当に妊娠できた人はいるのか?

不妊対策に効果的と話題なルイボスティーが、妊娠に効果的な理由について徹底検証します。

ルイボスティーが妊活に役立つと言われる理由とは?

妊活中の女性や妊婦さん、産後の女性など、最近は多くの女性がルイボスティーを飲んでいます。

特にテレビや雑誌などで、ルイボスティーの健康効果が特集された直後は、売り切れになる商品が出るほど、ルイボスティーには様々な健康促進効果が期待できます。

でもルイボスティーって、どんなお茶なのか?あなたは知っていますか?

ルイボスティーとは、南アフリカの一部地域に自生しているルイボスという、マメ科の植物の葉を乾燥させて作ったお茶。

ノンカフェインなので、妊娠中の女性でも小さな子供でも高齢者でも、安心して飲むことができるのも人気の秘密。

それにルイボスティーには、様々な栄養素が含まれているのにタンニンの含有量が少なく、歯に色素沈着が起こりにくいのも美容女子から支持される理由です。

なぜルイボスティーが妊活中の女性に人気なのか?

  • タイツー効果による冷えの改善
  • 活性酸素を除去するSODとケルセチン
  • 卵子や精子の老化を抑制する
  • イライラや不安の解消
  • 女性ホルモンの作用がある

などの効果が期待できるので、妊活中の女性に大人気なんです。実際にどういった効果なのか、ひとつずつ詳しく解説します。

ルイボスティーのタイツー効果による冷えの改善とは?

ルイボスティーには、タイツー(Tie2)を活性化させる効果があることがわかっています。

タイツー(Tie2)とは、血管を丈夫にしたり、修復したり、再生したりして血液循環を安定化させる効果。

妊活の大敵である冷えに対して、血流改善&血液循環の安定化は非常に役立ちます。

しかも、ルイボスティーのタイツー(Tie2)効果は、医師も認める効能なので、非常に信頼性の高いもの。

暖かい国の植物であるルイボスですが、ルイボスティーが’冷え性を誘発することはありませんので、安心して妊活に活用しましょう。

ルイボスティーの活性酸素を除去するSODとケルセチンの効果とは?

ルイボスティーには、SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)という酵素とケルセチンというポリフェノールが含まれています。

SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)もケルセチンも、活性酸素の除去に役立つ優れた抗酸化作用を持つ成分。

体内では活性酸素が常に生み出され、細菌やウイルスに対して免疫機能として作用していますが、過剰分泌されることで、シミやそばかすなどの原因に。

さらに卵巣機能や精巣機能などの機能低下のきっかけにもなるので、ルイボスティーに含まれるSODとケルセチンの抗酸化作用が効果的なんです。

このふたつの優れた抗酸化作用で、卵巣機能や精巣機能の老化を防ぐことは、妊娠力の維持や改善に役立つので、妊活向きの効果だと言えます。

ルイボスティーの卵子や精子の老化を抑制する効果とは?

SODとケルセチンの持つ抗酸化作用は、老化しやすい女性の卵巣や子宮で過剰に発生した活性酸素を除去してくれます。

その結果、子宮も卵巣も本来の機能を維持することができますし、そこにタイツー(Tie2)効果で血液がしっかり流れることで、さらに正常に機能します。

その結果、卵巣では卵胞の成熟が進み、子宮では子宮内膜の厚みがしっかり確保され、受精力や着床力を高めることに。

これは男性でも同じことで、精巣がしっかり機能することで、質の良い精子が生み出され、受精力が高まります。

ルイボスティーは、夫婦が一緒に飲むことで、その効果を最大化できますので、女性だけではなく男性にも飲ませるようにしましょう。

ルイボスティーのイライラや不安の解消とは?

ルイボスティーには、実はミネラル分なども豊富に含まれており、特にイライラの解消に役立つナトリウムをしっかり摂取できます。

ナトリウムには、神経を落ち着かせる効能があるので、妊活中にありがちなイライラ感や不安感などの解消にも役立ちます。

しかもホットでもアイスでも飲めて、ノンカフェインなので寝る前にホットルイボスティーで、リラックスタイムなんて活用方法もありです。

ルイボスティーを飲むことで、落ち込みがちな気持ちが落ち着き、妊娠できたり、つわりの辛さから開放されたという先輩ママも多いので、ぜひ試してみてください。

ルイボスティーの女性ホルモンの作用がある効果とは?

ルイボスがマメ科の植物であることも影響しているかもしれませんが、実はルイボスに含まれるアスパラシンという成分があります。

このアスパラシンには、エストロゲンと同じ作用があるという研究発表が2006年に静岡大学から行われています。

妊娠を望む女性にとって、エストロゲンと同じ作用がある成分を摂取することは、ホルモンバランスを整えることにもなりますので、非常におすすめ。

妊活に役立つルイボスティーのおすすめの飲み方とは?

これだけ妊活に役立つ効果があると言われているルイボスティーですので、飲むならより効果の高い方法を選びたいもの。

実際にどのようにしてルイボスティーを淹れるのが、妊活に効果的なのか?

幾つかの飲み方と一緒に、妊活に活用すべきルイボスティーのおすすめの飲み方を紹介します。

ルイボスティーはしっかり抽出するのが基本!

一般的な紅茶や緑茶は、短時間で煮出すことで苦味が少なく、美味しさだけを楽しむことができますが、ルイボスティーは違います。

実はルイボスティーは、長時間煮出しても苦味が少なく、逆に栄養成分がどんどん出てくるので、10〜20分ほど煮出すというのが基本です。

ティーバッグのルイボスティーを入れたら、最低でも10分は煮出して、ティーバッグの中に含まれる成分をしっかり抽出してください。

もしアイスにする場合にも、ティーバッグはそのままで冷蔵庫に入れてしまって大丈夫ですので、すぐに取り出して捨てるようなもったいないことはしないようにしましょう。

体を芯から温めるジンジャールイボスティー

寒い冬や冷えが特に気になるタイミングでは、しょうがとルイボスティーの組み合わせがベストです。

しょうがチューブでも良いですが、添加物などの心配もあるので、できれば普通の生姜を自分で擦る方が安心でが、面倒なら生姜パウダーでもOKです。

好みの濃さに煮出したルイボスティーに、ひとかけらの生姜を擦って淹れるだけなので、誰でも簡単に作って、楽しむことができます。

リラックスタイムにミルクルイボスティー

疲れていたり、ストレスが溜まっていたり、寝付きが悪い時には、牛乳や豆乳とルイボスティーの組み合わせがピッタリ。

濃い目に煮出したルイボスティーに、ホットミルクか温めた豆乳を加えるだけ。

甘さが欲しい時は,砂糖入れずに、蜂蜜やオリゴ糖で代用することで、リラックス効果が高まり冷え予防にも繋がります。

風邪のひきはじめには、マヌカルイボスティー

風邪をひいてしまったり、ちょっと甘いものを飲みたい時には、マヌカハニーを使ったルイボスティーがおすすめ。

マヌカハニーには、殺菌効果や抗炎症作用もあり、190種類もの成分が含まれているので、栄養面でもしっかりサポートしてくれます。

UMF基準のマヌカハニーとルイボスティー、そこにミルクを垂らして飲めば、風邪も吹っ飛びますし、疲れも解消されます。

このようにルイボスティーには、様々な活用方法があり、好みに合わせた飲み方で楽しむことができます。

ただルイボスティーにもいろいろな商品があるので、オーガニックや有機JASマークの付いたものなど、高品質のルイボスティーを選ぶようにしてください。

値段だけで海外の安いルイボスティーを選ぶと、農薬の問題なども起こりえますので、妊活に使うものと考えて、より安全性が高く、効果の期待できるものを選んで購入するようにしてくださいね。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

にんじんりんごジュースを毎日飲むのが妊娠や妊活に効果的なの?

妊娠ジュースとも言われる、にんじんりんごジュースを毎日飲むと妊娠できると話題です。 実際にどのような方法で、にんじんりんごジュースを作…

妊活は低温期の過ごし方で妊娠確率が変化、注意点やポイントは?

妊活中の女性の多くが、低温期よりも高温期が重要だと考えているようですが、実際には低温期の方が大切なんです。 低温期の過ごし方で妊娠力や…

骨盤矯正で不妊の原因が改善でき、妊娠出来る体質に変化するの?

骨盤矯正は不妊の原因を改善し、妊娠出来る体質に変化させる効果が期待できると言われています。 でも実際に、骨盤矯正で妊娠出来るようになる…

妊活中の花粉症対策はどうすれば良いのか?薬は服用可能なの?

妊活中や妊娠の花粉症対策はどうすれば良いのでしょうか? 市販薬や処方薬は服用可能なのか、それともアレルギー症状を我慢すべきなのか。 …

妊活疲れの状態を解消・軽減する方法でモチベーションアップ!

妊活に一生懸命な人ほど、ふとしたタイミングで妊活疲れを実感してしまう傾向があります。 そんな妊活疲れの状態ではストレスでイライラしたり…

35歳からの高齢出産、妊活や妊娠リスクは?妊娠力アップで自然妊娠

35歳以上の女性の妊娠や出産には、幾つかのリスクが伴います。 一番はダウン症の確率が高くなることですが、妊娠力も低下し、妊活も難しくな…