妊娠しにくい生活習慣が、あなたの不妊の原因かもしれません。

自然妊娠を目指している妊活中の夫婦が見直すべきこととは?ちょっとした生活習慣を改善するだけでも、意外と妊娠力が高まるんです。

何気なくしている行動が不妊の原因だということもあるので、これから紹介することを意識してみてください。

目次

最も妊娠力に影響を与えているお酒やアルコールの摂取を控える

もしあなたが妊活中なら、真っ先にやめるべき生活習慣がお酒やアルコールの摂取です。

妊娠してからで、良いのでは?

と考える人が多いお酒やアルコールの摂取ですが、実は優先して排除すべき 催奇形因子のひとつ。

アルコール摂取は、基礎体温にも影響を与えるのを知っていますか?

実は高温期と低温期の基礎体温の差が少ない人や、高温期が安定しない人に多いのがアルコールの常飲。

アルコール摂取が不妊の原因になる?

アルコール摂取を行なうことで、妊娠しにくくなる理由として考えられるのが、

  • 月経不順
  • 無排卵月経
  • 着床障害
  • 卵管閉鎖
  • 流産

の要因になると考えられているから。

他にも卵巣機能(卵子の質)に影響を与えたり、子宮内膜症の原因になるとも考えられています。

妊活中のアルコール摂取をやめるべき理由とは?

お酒を飲んでアルコールを摂取すると、肝臓でアルコール→アセトアルデヒド→酢酸→二酸化炭素+水分いう順で分解され、体外に排出されます。

しかし、その分解の過程で複数の不妊要素を発生させます。

アセトアルデヒドは、卵胞形成を遅らせたり、卵子の質を低下させます。

アルコールの分解には、大量の糖質が必要になり、カテコールアミン類の血中濃度の上昇に繋がります。

カテコールアミンの作用は、血糖値を上げ、血液を凝固させる作用も。

血糖値の上昇は、排卵や着床障害の原因になりますし、血液が凝固すると、着床障害や不育症の原因になります。

さらにカテコールアミンには、抗ストレスホルモンとしての作用もあるので、アルコールを摂取することで、大量に消費されストレス耐性が低下。

ストレスに弱い体になります。

ストレスが、妊娠にとって良くないものであることは十分に理解できますし、体外受精の際に流産率が高まることが、日本産婦人科学会の研究発表でも明らかになっています。

飲酒機会が多いお母さんから生まれた子供は、染色体異常になる確率が3倍も高いんです。

しかも出生数の7割を占める、妊娠・出産を行なう20代のお母さんの飲酒率が最も高く、最も大量に消費しています。

この様にお酒を常飲することは、妊娠しにくい体になるだけではなく、子供の染色体異常という問題をも起こす原因ですので、真っ先に排除すべき要因です。

妊活中に半身浴でストレスを発散するのは良くない?

冷え性改善やストレス発散に入浴するのが効果的だし、卵巣や子宮を温めるのが妊活に効果的だと考える人も多いでしょう。

しかし、妊活中の卵胞期には5分以上、お風呂に入浴するのは良くないです。

だから半身浴のように、長時間の入浴を行なうのは論外。

人間の体温には、表面の皮膚体温と深部体温があります。

40度のお湯に5分以上浸かると、皮膚体温だけではなく、深部体温も40度になるんです。

この40度という温度、人間のタンパク質が変性しだす温度です。

人間の深部体温が1度上がると卵子は成熟せずに、胚盤胞への成長率が低下したり、胚盤胞になっても着床しにくくなるんです。

受精できてもその先に進まない。という非常にもったいない話。

卵胞期の体温管理が、卵の質を大きく変える

卵胞期に体温を上げすぎないことは、非常に大切です。

厚生労働省が、体外受精の培養液の温度を37度に設定していることも、温度管理が非常に大切だから。

なぜ、37度かと言えば、それ以上の温度になると卵が死んでしまうからです。

半身浴で推奨されているのは、38度前後のぬるま湯です。

しかし、5分で深部体温が表面体温と同じになる。その理論から考えると、卵胞期には向かないんです。

卵を孵化させる時期なら、38度は推奨される温度です。

しかし卵胞期(低温期)に半身浴することで、深部体温が上がると、卵胞期が短くなる傾向があり、卵子の質が変性したり、空砲(無排卵)になりやすいんです。

1年にたった12回しかない排卵機会を失うことになります。

卵胞期が低体温になるのには、明確な理由がある

卵胞期に体温が下がる理由、それが基礎体温が低いからこそ、質の良い卵子を作ることができるから。

体が良い卵子を作ろうと頑張っているのに、そのタイミングであえて体温を上げて、邪魔する理由はありませんよね?

だから卵胞期に使い捨てカイロを使ったり、わざわざ体温を上げる必要はありません。

最近では多くの病院で、採卵後や受精卵の移植後は、シャワーだけで体を暖めないようにという指導が行われるようになりました。

だから、卵胞期の入浴は5分以上行わない。

これをしっかり覚えて実践してください。

また入浴のタイミングは、入眠の1時間前が最も良いでしょう。

入浴で上がった体温が1時間後に低下して、質の良い睡眠を得られることで、体を休めたり、健康面でも非常にメリットがあります。

内臓下垂やポッコリお腹も妊娠力を低下させる

ここ数年、女性の不妊原因である子宮内膜症や子宮筋腫が増加傾向にあります。

実はその原因が、内臓下垂。

正しい呼吸ができずに、胃などの上半身から下垂してきた内臓に圧迫され、子宮や卵巣の血液循環や代謝が低下します。

その結果、妊娠しにくい体へと変化してしまうんです。

ブラジャーの締め付けが強いことも、正しい呼吸ができない要因。

強く締め付けられることで胸部が動きにくくなり、下腹部をふくらませる呼吸を行なうようになります。

下腹部呼吸で横隔膜を引き下げられ、内臓下垂がさらに悪化。

体型も寸胴体型に変化して、下半身デブやポッコリお腹になります。

このような体型は、見た目にも悪いだけではなく、妊娠力も低下。

1日2万回も呼吸をしているので、その呼吸を正しい呼吸法にするだけでも、妊娠力をアップさせる事ができるんです。

食べ物や食べ方で、ポッコリお腹が悪化

ポッコリお腹の原因は、呼吸だけではなく、どのようなものを食べているのか?どんな食べ方をしているのかにも影響を受けます。

ポッコリお腹にも、自覚症状のない人とガスが過剰に溜まり、お腹の痛みやハリを感じている人もいます。

ガスが溜まりやすい食べ物は、パンや炭酸飲料です。

そばのように音を立ててすする食べ方をする食べ物も、お腹にガスが溜まりやすい食べ物。

便秘解消によいサツマイモも実は、お腹にガスが溜まりやすい食べ物です。

サツマイモの 糖質+不溶性食物繊維という組み合わせが、ガスが溜まりやすい原因に。

ガムをよく噛んだり、早食い傾向がある人も、空気を沢山飲みこんでしまうので、注意が必要です。

ストッキングやガードルの締め付けも・・・

ストッキングやガードルで下半身を締め付けて、ポッコリお腹を隠したりすることもあるでしょう。

でもそれは逆効果。

実はストッキングがガードルの締め付けは、腸の動きを低下させます。

腹圧が増加することは、子宮と卵巣の血流を悪化させることになり、そして妊娠しにくい体になります。

基本的な呼吸法を改善することで、ポッコリお腹を改善できますので、ガードルなどで無理やり押さえつけるのではなく、妊活中は体の締め付けは最小限にしましょう。

睡眠時間が0時以降、夜更かしは不妊の原因に

女性にとって、睡眠ほど大切なことはありません。

美容面でも健康面でも、睡眠時間をしっかり確保すること、睡眠の質を改善させることは非常に大切。

少しショックな話ですが、30代で早期閉経してしまった人の睡眠時間は、全員0時以降。

夜型の生活を繰り返すことで、閉鎖が早まるなんて、最悪だと思いませんか?

さらにショックなのは、夜間労働が卵巣機能に及ぼす影響が、ひどいことが既にわかっていること。

月経周期が不規則になる傾向が高いのは、夜遅くまで働く女性。

頑張って仕事をすることで、月経周期が乱れたり、メラトニンの分泌量が低下します。

メラトニンは睡眠ホルモンという側面と、生殖面にも影響が。

メラトニンの分泌量が低下すると、生殖腺の発育や機能が抑制され、妊娠しにくい体へと変化するんです。

睡眠を改善し、ホルモンバランスの正常化を

脳下垂体前葉から、ほとんどの女性ホルモンが分泌されます。

プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)、性腺刺激ホルモン(月経や妊娠を司る)、卵胞刺激ホルモン(卵胞の発育を刺激)などです。

そんなホルモンバランスを正常化することは、妊娠を目指す女性にとって必須の話。

その為にも、脳の機能を正常化させることが大事。

人間が寝る理由、それが脳の機能を安定&正常化させるため。

脳を正常化する最も簡単な方法が、「 睡眠」なんです。

睡眠を司るメラトニンは、起床後16時間経過すると分泌され、22時にピークを迎えます。

遅くとも23時には寝ることが基本。

メラトニンがしっかり分泌されることで、GnIHというホルモンの分泌を抑制し、妊娠しやすい体に変化させることができます。

他にもメラトニンには、細胞の新陳代謝を高めて、老化を予防するアンチエイジング作用も期待できるので、しっかり活用しましょう。

妊活中は夫婦の睡眠時間がずれても気にしない

睡眠が脳の正常化にどれだけ重要なのか、妊娠しやすい体をつくる為にも、とても重要なことだということはわかったと思います。

旦那さんの帰りが遅く、23時以降に起こされるくらいなら、寝室を分けるくらいの勢いが大切。

睡眠後に起こされると、副腎ホルモンの コルチコイドが分泌されます。

このコルチコイドは、脂肪分を分解したり、ストレス耐性を高めるもので、起床後にその分泌量が最大化。

このスイッチが夜中に入ってしまうことで、睡眠の質が低下し、脳の機能が低下します。

つまり、一度寝たら朝までしっかり寝続けることが大切。

旦那さんの帰りが遅くても、起こされることがない環境を作り、旦那さんにも理解してもらいましょう。

靴のヒールの高さが妊娠力の違いに繋がる

ヒールの高さが、妊娠に与える影響を知っていますか?

こんな話をすると、ハイヒールがだめで、ぺったんこ靴が良いのでは?と多くの人が考えるかもしれませんが、それは間違っています。

妊娠に与える影響で考えると両方ともダメ。

正しい靴選びをしないと、「 反り腰」になって、妊娠しにくい体になります。

お尻を後ろに突き出した反り腰だと、子宮が背中側に引っ張られて傾き、「 子宮後屈」の状態に。

後屈がひどくなると、胎盤内や周囲の血行が悪化して、子宮口が硬くなります。

そして月経痛がひどくなったり、不妊の原因に。

ハイヒールが妊娠に与えるマイナス影響とは?

人間の足が最もキレイに見えるのが、4〜7cmのハイヒール。

しかしハイヒールを履くことは、子宮後屈を悪化させるだけではなく、外反母趾の原因に。

外反母趾になると全身の骨格が歪み、血流の悪化やリンパの流れも悪化します。

さらに常に筋肉が緊張することで、肩こりや腰痛、婦人科系疾患の原因になるんです。

見た目が良いハイヒール、今は体に異常が出ていなくとも、いずれ膝や腰に痛みを覚える様になりますので、妊娠だけではなく、健康を維持するためにも出番は少なくしましょう。

妊娠しやすい靴選びの基準とは?

身長の1.5%が、ヒールの基本。

つまり160cmの女性の場合、2.4cmのヒールを履くのが、最も体に負担がありません。

そこから考えられる妊娠しやすい靴選びのポイントは、

  • ヒールは2.5cmくらいにする
  • 自分のカカトと同じ大きさのヒールにする
  • つま先部分で指を圧迫しない靴にする
  • 試履きした際に、足が赤くならないものにする

この4つを基準に選ぶと、 妊娠しやすい靴を手に入れることができます。

気に入っている靴でも、カカトの減り方が均等ではなく、傾いているような場合には、体の重心が歪む原因になりますので、早めに治しましょう。

靴下やストッキングを履く際に、爪先部分にたるみがないと爪に負担がかかるので、カカトで合わせるようにしましょう。

肩こりや腰痛も不妊の原因、体の不調は見逃さない

体調不良と不妊は、非常に深い関係にあります。

ひとつひとつの不調がさほどひどくなくとも、複数の体調不良が重なることで、不妊傾向が強くなることもあります。

夏でも体が冷えたり、夜寝付きが悪かったり、なぜかイライラしやすかったり・・・これらはすべて不妊兆候だと考えられます。

不妊兆候とは、ある症状がある人のほうが、その症状がない人に比べて、不妊症になりやすいかどうかというもの。

多くの女性が考える冷え性も当然、不妊兆候。

でも手足の冷えがあるから、冷え性だというのは大きな間違いです。

手足が冷えていても不妊には一切関係ないんです。問題は体の深部体温の話。

反り腰による腰痛も立派な不妊兆候

先ほども少し登場した反り腰、これが腰痛の原因になっている人が多いんです。

子宮は膀胱と直腸に挟まれた位置にあります。

そして反り腰の状態だと、子宮後屈になりやすいんです。

子宮後屈は、妊娠しにくい子宮の状態

さらに、腰痛が起こることで腹筋が緊張し、慢性化すると腹部の張りが強くなり、体液循環が悪化します。

腰痛を解消し、子宮帯や卵巣帯に刺激を与えて、内性器の機能改善を行なうことは、妊娠する際に非常に大切です。

頭痛も不妊の原因、自律神経にも影響が。

頭痛が起こる原因は、人それぞれですが、頭痛も明らかに不妊兆候です。

偏頭痛持ちの人に共通しているのは、頚椎が右か左にねじれ、血管や筋肉に緊張がはしり、血行が悪化している状態。

頭の付け根部分の緊張状態が悪化すると、うつ傾向が見られるようになり、不眠症や過度の緊張、過食バランスの悪化などを招きます。

さらに、メラトニンの分泌量が減少したり、早期閉経を促す可能性まで。

頭痛が脳に与える影響をしっかり考えて、頭痛も早めに改善することが、妊娠しやすい体づくりにも繋がります。

間違ったブラジャー選びが妊娠力を低下させている

最近人気の下着と言えば、谷間を寄せて上げるタイプ。

谷間をキレイに見せることで、バストトップが高くなり、胸が大きく見えてスタイルが良くなるというもの。

でも、そんな寄せて上げるタイプのブラジャーは、妊活には不向き。

そんなブラジャーの付け心地はどうですか?

本当はそんなに締め付けたくないとか、あまり付け心地が良くないと思っていませんか?

下着売り場のスタッフに言われる「 体にあったブラジャーを付けないとバストの形が乱れますよ

なんてセリフに騙されていませんか?

締め付けが強くても、リラックスできなくとも、それがキレイなバストを維持することだと思っていませんか?

正しいブラサイズは、アンダープラス15cm

超意外に思われるかもしれませんが、実は正しいブラサイズは、アンダーが今よりも15cmは大きなもの。

そんなにデブじゃない。

という声が聞こえてきそうですが、ブラのアンダーは、引っ張って伸ばした時のサイズです。

どこで購入しても、15cmも小さなアンダーのブラジャーをしているのだから、締め付けがきつく苦しいのも当然の話しです。

きついブラジャーを長期間し続けると、胸筋と背筋の機能が阻害されて筋力が低下、その結果バストサイズも小さくなり、どんどん垂れてしまうんです。

正しいブラジャーを使用しないと、妊娠しにくい体へとどんどん変化していきますよ。

胸幅が狭くなる→胸板が狭まる→上半身が貧弱に→姿勢が悪く猫背に→バストが垂れる→ポッコリお腹→下半身(子宮や卵巣)の血液循環と代謝の悪化→妊娠しにくい体へ

さて、これでもあなたは、サイズの合っていないブラジャーをし続けますか?

ブラジャーやガードルの締め付けはなくて良い!

正しいサイズのブラジャーは、外した時に痕が残らないもの。

これはガードルも一緒です。締め付けが強すぎると、血液循環と代謝の悪化をまねく原因になります。

でもブラジャーをしないとバストサイズが悪くなる?

と思っている人に面白い研究発表を紹介します。

それが2013年にフランスで行われたもの。

18〜35才の330人の女性のバストサイズを15年間計測した結果、医学的にも生理学的にも、解剖学的にもブラジャーのサポート機能がバストサイズを大きくさせることがない。

ということがわかっています。

だからブラジャーをする意味は、バストサイズを大きくするという部分ではまったくなかったんです。

乳製品や肉類ばかり食べているのは良くない。

最も最初に取り除くべき催奇形因子が、アルコールであるという話をしましたが、実はアルコール以外にも、口にしないほうが良いものがあるんです。

  • 乳製品
  • スイーツ

以前、 環境ホルモンが健康に良くないと話題になりました。

これは、内分泌系に影響を及ぼし、体に障害や有害な影響を与える外因子の化学物質だから。

女性ホルモンに似た成分で、体内に侵入するとホルモンを撹乱する作用があるんです。

特に乳製品や卵には、エストロゲンに似た成分ではなく、エストロゲンそのものが含有されています。

エストロゲンは、卵胞ホルモンとも呼ばれ、子宮内膜を厚くして妊娠しやすい状態にして、子宮頚管粘液の分泌量を増やし、精子の通りを良くする効果があります。

しかし、これが過剰分泌されると妊娠しにくくなります。

乳製品や肉類に隠された秘密とは?

牛や鶏の成長促進剤として、実は成長ホルモンの一種であるエストロゲンが投与されます。

しかも、少量ではなく大量投与。

そしてエストロゲン値が高いと牛は乳腺炎になりやすくなるので、抗生物質も同時に投与されています。

牛乳に含まれる乳酸カルシウムは、体への吸収率が高く4割ほどだと考えられています。

しかし血中カルシウム濃度も同時に上昇し、動脈硬化の原因になります。

卵巣は、動脈硬化が起こりやすい器官。

早期閉経の治療薬は、動脈硬化改善薬なんです。

乳製品や卵、肉類は、催奇形因子として細胞を破壊し不妊をまねくだけではなく、生活習慣病の原因にもなるので、摂取量には注意しましょう。

妊娠したいなら、すぐに乳製品を止める

牛乳を飲むと、プロラクチン値が上昇します。

プロラクチンの値が上昇すると、排卵しにくくなりますので、不妊の要因。

プロラクチンには、母乳の分泌促進効果があるので、母乳を出やすくしたり、授乳中に生理を止める作用もあるんです。

プロラクチン値が高いとプロゲステロンの分泌も抑制。

プロゲステロンは、黄体期に分泌されるホルモンで、高温を維持し受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くします。

そんなプロゲステロンの分泌量が抑制されると、基礎体温はガタガタに乱れ、受精しても着床しにくい状態に。

乳製品全般にそのような作用があるので、牛乳だけではなく、 生クリームやヨーグルトも妊娠を考えているのなら、摂取するのを控えましょう。

電気毛布やカイロは、基礎体温が乱れる原因

冷えは不妊の原因」と言われますが、これの意味を誤解している人が多いんです。

先ほども少し話しましたが、手足の冷えは冷え性ではありません。だから手足が冷たいということは、直接不妊の原因ではないんです。

冷えで考えないといけないのは、「 深部体温」のこと。

手足が冷えるのは、人間の進化の証。実は氷河期を生き抜く為に、皮膚体温と深部体温というふたつの血液系があるんです。

体の表面を流れる皮膚体温を流れる血液量は全体の2割、残りの8割は表面を流れずに心臓に戻っていく深部体温に関するもの。

首にある体温の受容体が冷気に触れると、表面に流れる血液系統が収縮します。

手足が冷たくなり、凍傷になるのを予防し、放熱量を減少させることで深部体温を維持します。

だから脳や心臓、卵巣や子宮などの生きるために必要な臓器が守られるわけです。

直接カイロを貼ると基礎体温が乱れる原因に

夜寝る際に、手足の冷えが気になって、なかなか寝付くことができないという人がいますが、暖房がついてなかったり、暖めていない布団に入って手足が冷たくなるのは正常。

むしろ、あなたの深部体温を守ろうという反応です。

冷え性に対して、神経質な割に意外に多いのが室温へのこだわりがない人。

理想の室温は18度。

しかし、電気毛布やカイロで直接体を温めると、強制的に体温が一定の範囲に収まるので、基礎体温が乱れる原因にもなりかねません。

でもカイロ温活という妊活方法もあるので、このあたりは上手く活用していくというのが、妊活中の冷え性対策。

そのことについては、この記事で紹介しています。

冷えの原因が、ホルモンバランスの悪化による血行障害の場合もありますので、ホルモンバランスを整えることも意識しましょう。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

ピロリ菌感染が不妊の原因?妊活前に除菌治療を行うべき理由は?

ピロリ菌感染が、不妊の原因であるという研究や報告が多数あることを知っていますか? 実際にピロリ菌に感染していると、妊活や妊娠にどのよう…

30代後半の妊活は時間との勝負、不妊治療も大切な選択肢!

30代後半の妊活は、残された時間との勝負だと考えることも大切です。 時間の経過とともに妊娠力が低下し、不妊リスクが高まることがわかって…

妊活をもうやめたい!ストレスが原因で妊娠できない時の対処は?

妊活をもうやめたいと感じたなら、ストレスが原因で妊娠できない状態になっているのかもしれません。 そんな時には、どうすれば良いのか?実際…

ヘアカラーは妊活に悪影響?注意点や成分、医学的に大丈夫なの?

ヘアカラーやパーマを妊娠中にしない方が良いという話聞きますが、妊活中でも悪影響を及ぼしたりしないのでしょうか? 妊活中や不妊治療中にヘ…

2日に一回と3日おき、妊活で妊娠しやすいセックスの頻度は?

妊活で妊娠しやすいセックスの頻度は、2日に一回でしょうか、それとも3日おきの方が良いのか。 実際にタイミング法で排卵日を挟んで行う、セ…

骨盤矯正も妊活におすすめ。不妊の原因を改善し妊娠力がアップ!

骨盤が正常な位置にないことで、子宮や卵巣の機能に影響を与えて不妊の原因になると言われています。 骨盤を正常な位置に戻して、子宮や卵巣の…