ほうれん草は妊活向きの食材だと言われていますが、その理由を知っていますか。

豊富な葉酸と栄養素が妊娠に役立つと言われていますが、実際にどの程度配合されているのか、どんな効果があるのか。

妊娠を目指す女性や妊婦さんがほうれん草を食べるべき理由を紹介します。

ほうれん草の豊富な栄養素が妊活や妊娠力アップに役立つ!

ほうれん草には、葉酸や妊娠に必要な様々なビタミン類、鉄分やカリウムなどの妊娠や妊活中の女性の体調管理に役立つ栄養素が豊富に配合されています。

ほうれん草は総合栄養野菜とも呼ばれ、妊活中にほうれん草を摂取することが推奨されているのを知っていますか。

ちなみにほうれん草を食べるなら、夏よりも冬に取れたほうれん草の方が、より高濃度で栄養素を含有しています。

ほうれん草の旬は11月〜2月。この時期にほうれん草の甘さが強いのも、栄養がぎっしり詰まっているから。

ビタミンの含有量を比較すると、冬のほうれん草は夏のほうれん草の3倍も多く含んでいますので、冬の時期に妊活をするなら、是非活用したい食材のひとつです。

実際にどのような成分を摂取できるのか、ほうれん草の特徴をひとつずつ紹介します。

葉酸が豊富なほうれん草は妊活のおすすめ食材

妊活中の女性や、妊娠初期の女性には、葉酸を積極的に摂取することが推奨されていますが、ほうれん草は葉酸を効率的に摂取できる野菜の代表選手。

100gのほうれん草で、生なら210μg、茹でても110μgの葉酸を摂取することができます。

厚生労働省の推奨摂取量の400μgには届かない分量ですが、それでも葉酸を高含有していることは間違いありません。

葉酸は、ビタミンB群の1つで、胎児の脳の発達に役立つ非常に大切な栄養素。

日本でも1万人に6人の割合で起こる神経管閉鎖障害という症状の発症を抑制し、元気で健康的な赤ちゃんを出産する事ができます。

ビタミンB群も豊富に含んでいることで、葉酸の作用を効率的に支えてくれます。

妊娠中の女性がビタミンB群をしっかり摂取することで、赤ちゃんの夜泣きも減少すると言われていますので、そういう意味でもほうれん草は活用したいところ。

ほうれん草のビタミンEが卵子の老化を抑制する

ほうれん草にはビタミンEも豊富に含まれており、100gで2.7mgほど摂取できると言われています。

ビタミンEにはいくつ可能効果があり、抗酸化作用と血液サラサラ作用が、特に妊活中の女性に役立ちます。

抗酸化作用は卵子の老化を予防することにつながり、血液サラサラ効果で血行がよくなることで、子宮や卵巣の血流量がアップ。

子宮内膜の厚みが増えて着床率が高まったり、原始卵胞の熟成にも役立ち、受精力や着床率の向上効果が期待できます。

さらにビタミンEにはホルモン環境を整える作用もあり、排卵促進や月経異常の改善効果も期待できますので、全体的な妊娠力のアップにつながります。

ほうれん草の鉄分の効果で血液量が増える

ほうれん草と言えば、鉄分と言われるくらい、ほうれん草の代表的な栄養素。

その含有量は、牛レバーと同量と言われるほどなので、レバーが苦手な人には、ほうれん草での摂取がおすすめ。

鉄分は赤血球を作る際の重要な材料のひとつで、日本人女性の20%が貧血と言われているので、貧血の改善や血液量のアップに役立ちます。

ビタミンの効果でサラサラになり、鉄分の効果で血液量が増えることは、子宮や卵巣に流れる血液量が増えることになるので、妊娠力の底上げに効果的。

ほうれん草のその他の妊活に役立つ成分とは?

ほうれん草には、これまで紹介した栄養素以外にも様々な栄養素が豊富に含まれています。

  • βカロテン

βカロテンは、ほうれん草100gで1日に必要な40%も摂取可能。抗酸化作用を発揮し、卵子の質の低下や老化を改善する効果が期待できます。

  • ビタミンC

ビタミンCは、免疫力の向上、抗酸化作用が妊活に役立ちます。特にほうれん草にはビタミンEも含まれているので、相乗的に抗酸化作用が高まります。

  • カリウム

カリウムは、塩分を大概に排出することでむくみを解消したり、血圧を低下させる作用で健康を維持してくれます。妊娠高血圧症候群の予防にも役立ちます。

  • マンガン

マンガンは、骨の形成に役立つ栄養素でほうれん草の根のピンクの部分に含まれています。マンガン不足は、生殖不能症の原因になりますので、妊活中は根本までしっかり食べたいところ。

この様にほうれん草には、妊活に役立つ様々な効果や効能が期待できますので、しっかり摂取したい食材です。

ほうれん草の胡麻和えやほうれん草と人参の白和え、常夜鍋やポタージュなど、様々な調理方法がありますので、季節や体調に合わせて食べ方も工夫して妊活に役立てましょう。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

男性向け妊活レシピを紹介、簡単にできて精子の質を高めるのは?

男性向けの妊活レシピを紹介します。簡単にできて精子の質を高めることができるメニューや食材は? 男性の妊娠力を高めるためにも、普段からど…

玄米茶には妊活中の女性の体質改善に役立つ影響が高いって本当?

妊活中の女性が玄米茶を飲むことで、妊娠に向いた体質になっていくという噂があります。 玄米茶のどのような成分や効果で、妊娠力が高まるのか…

30代後半の妊活は時間との勝負、不妊治療も大切な選択肢!

30代後半の妊活は、残された時間との勝負だと考えることも大切です。 時間の経過とともに妊娠力が低下し、不妊リスクが高まることがわかって…

40歳からの妊活は、自然妊娠と不妊治療の両方を考える必要も。

40歳からの妊活は、個人差もありますが、妊娠力が低下していることもあり、自然妊娠と不妊治療の両方を考える必要があります。 実際にどのく…

卵子の老化が女性の不妊原因、卵子の質を改善し妊娠できる方法とは?

卵子の老化が、女性不妊の原因のひとつだと言われています。 特に35歳以上の年齢になると、急激に卵子の質の低下が起こると言われています。…

全粒粉は妊娠力を高め、不妊リスクを低下させるので妊活の基本?

全粒粉を積極的に食生活に取り入れることは妊娠力を高め、不妊リスクを低下させると言われています。 妊活の基本として、白色よりも茶色の未精…