不妊ストレスが原因で妊娠できなかったり、生殖機能(男性も女性も)にも影響が出てしまうんです。

そんな不妊ストレスは溜め込まないで、解消してしまうのが最も良い解決方法。

実際に不妊ストレスに直面した際に困らなくて済むように、役立つ解消法を紹介します。

不妊ストレスという悪循環を断ち切って、夫婦関係を大切にしながら、妊娠を目指して行きましょう。

目次

不妊ストレスと上手く付き合っていくことが妊娠への近道

妊娠したい、赤ちゃんがほしい、なぜ私だけ、妊娠できないのか・・・

真剣に妊娠を望んでいる時ほど、不安や焦りが重なって、神経がひどく過敏な状態になりやすいんです。

その強い思いや気持ちが、あなたにとってプレッシャーになり、逆に妊娠しにくい状態に精神的にも肉体的にも追い込んでしまいます。

なかなか赤ちゃんができなかったり、妊娠に関する様々な検査を受けたり、おすすめの妊活方法を取り入れても効果がない。

そんな日々が続くことで、「 どうして私ばかり・・・」と自分を責め始めたり、パートナーにその矛先をむけてみたり・・・

追い打ちをかけるような周囲からの期待、そういった様々なプレッシャーや感情が知らぬ間にストレスになって、あなたの体にも影響が出るんです。

不妊は劣等生ではないと考えよう!

妊活しても妊娠できないのは、自分が劣っているからと考える人もいるようですが、妊娠は授かりもの。

運やタイミングなど、様々な要因が影響しています。

最初にお伝えしますが、妊娠できないから女性的に劣っているとか、男性的に劣っているという話ではありません。

自分にダメなレッテルを貼ってしまうと、そこで気持ちも心もふさぎ込んでしまい、体にとってはデメリット。

余計、妊娠しにくい状態になります。

不妊治療を諦めたら、妊娠してしまった。

妊活をしている人なら、一度はそんな話を聞いたことがあると思います。

これは、本当によくある話。

それまで張っていた緊張の糸が緩み、自分にかけていたプレッシャーやストレスから開放されたことで、気が楽になるんです。

その結果、心にも体にもゆとりが生まれ、自然に妊娠する。

妊活を止めても、それまでの生活習慣で、体は妊娠しやすい状態に整っているわけです。

精神的なしがらみが無くなったことで、一気に妊娠してしまうというのは、本当にあるんです。

だからこそ、妊娠できないとか、周りがどうとかではなく、自分とパートナーと赤ちゃんの3人のことだけを考えればよいのです。

周囲の言葉は気にしない!

なかなか赤ちゃんができないことで、周囲の目や言葉が気になることもあるでしょう。

「赤ちゃんはまだできないの?」とか「いつになったら、孫を抱けるの?」とか・・・

最近は徐々に、そういったプライベートに介入する義母や義父は減少傾向にあるようですが、まだまだ田舎ではよくある話。

周囲の言葉は、あなたにとってストレスになるだけ。

そのストレスが原因で気持ちが焦ってしまい、より妊娠しにくい状態になってしまう原因になることの方が多いんです。

その為にもあなたが、「 私は私」と自分を切り離して考える事が大切。

パートナーと2人で協力することが、妊娠への近道ですので、2人で前向きに妊活に取り組んでいきましょう。

不妊ストレスは、なぜ溜まりやすいのか?

妊娠できない原因のひとつの不妊ストレス、溜めてはいけないとわかっていても、何故か多くの人が不妊ストレスに苦しんでいます。

赤ちゃんがほしいと思った最初の頃は、「 そのうちできるだろう。」という、心の余裕がまだあるんです。

でも妊娠を本気で考えるようになると、セルフケアをしたり、基礎体温表をつけたり、妊娠に良いことをどんどん実践しだします。

そして、妊娠が目的になり、本来の自分を見失ってしまうからなんです。

ここが一番ダメな部分です。

特に不妊治療を始めたり、妊娠への期待がより高まるようなことをした割にダメだった・・・という時に、一気にこの罠にハマります。

身も心も疲れはじめて、気持ちがどんどん荒んでいくんです。

ちょっとしたことでイラッとしたり、旦那さんののんきな態度にイラついたり、子供のいる夫婦に嫉妬心を感じたり。

このストレスこそが、「 不妊ストレス」と呼ばれるものです。

出口の見えない不妊ストレス

一時的なら耐えられる不妊ストレスも、出口が見えないことで、どんどん悪化していきます。

望む目的は妊娠、赤ちゃんさえできれば幸せになれる。

妊娠と出産だけが、自分の人生の目的になってしまうんです。

そして、その目的を達成できない(妊娠できない)自分は、周りよりも劣っているに違いない。

と自分を劣等感で縛ってしまうんです。

そんな状態では、心と体のバランスが崩れてしまうのも当然です。

でも子供がいない家庭でも、幸せな夫婦生活を送っている人はたくさんいますし、子供がいない時期は、夫婦2人の生活を楽しめるタイミングでもあるはず。

そんな基本的なことを忘れないでください。

妊娠して出産したら、育児に追われる日々が待っています。それまでは、2人の生活を楽しむというのが、精神的にも妊活的にも非常に良い考え方です。

医師がすすめる不妊ストレス解消法

不妊ストレスがひどすぎると、妊娠できないどころか、夫婦関係の破綻の原因になったり、体調を崩したりすることもあります。

そんな強すぎる不妊ストレスを抱えている人に対する医師の対処法の極み、それが1年間の不妊治療停止&基礎体温を計測するのをやめること。

無理やり妊活をやめさせられるという話。

でもこれが結構効果的らしいんです。最初にも話しましたが、妊活をやめたら妊娠した。

そういう人が多いんです。

自分で過度なプレッシャーをかけてしまうものだから、それが原因で妊娠できなかった。という状態を改善するんです。

治療をやめて、ストレスが和らいだ途端に妊娠してしまう人もいるのだとか。

それくらい不妊ストレスは、妊娠に悪影響だと理解しましょう。

妊活中の旦那の両親や親戚との付き合い方はどうするべきか?

妊活中の女性なら、誰しもが抱える問題のひとつが、旦那さんのご両親や親戚との距離感の問題です。

悪気なく、挨拶代わりに「 赤ちゃんはまだ?」とか、「 ◯◯さんは、もう2人目だって・・」とか言ってくるものです。

相手にとっては何気ない言葉でも、妊活中の女性にとっては、ストレスの原因になる言葉。

他人なら無視すれば良いものの、旦那さんの親戚だとそう単純にはいきません。

そんな旦那さんの親戚の中でも最も厄介なのが、旦那さんのご両親。

どんなに面倒でも、厄介なことを言われても、ご両親の悪口を旦那さんに言っても聞き入れてくれませんし、愚痴でも言えば逆にこちらが責められるかも・・・。

と暗い顔をして、ぐっと我慢している人がほとんどでは?

適度な距離感を保ち、ストレスを溜めない。

旦那さんのご両親や親戚などから受けるストレスを溜めないようにするには、やはり適度な距離感が重要です。

暗い顔をしてぐっと我慢するのは、得策ではありません。

ある程度は関係性を割り切ってしまい、必要以上に近づかないこと、慶弔事でも用事が済んだら席を外すタイミングを探すのも大切。

陰口を言われても気にしないというのも大事です。

特に妊活中に、ちょっとしたことでもストレスに感じてしまう性格の人の場合には、一時的に割り切りを強くするのもありです。

親戚づきあいも大事なことですが、2人にとってはそれ以上に赤ちゃんのほうが大事なのでは?

優先順位を決めて、旦那さんにも事前に相談し、上手く立ち回るようにしましょう。

悩みを打ち明けるのは考えてから。

旦那さんのご両親や親戚に、妊活や妊娠に関する悩みを打ち明けるのも考えものです。

打ち明けることで、気持ち的にはラクになるかもしれません。

でもその後、おせっかい攻撃を受ける可能性があるから。

特に孫がほしいご両親にとっては、テレビや雑誌で見た◯◯が妊娠に良いとか、赤ちゃんができるとか・・・

そんな情報を見かける度に、プレゼントされたり、話題にのぼったりと逆にそれが不妊ストレスになるんです。

相手は親切でも、こちらはそうは受け取れない。

そんな歪んだ関係が続くと、お互いにメリットはありません。でもこれも旦那さんのご両親との関係では、ありがちなことなんです。

旦那の両親が不妊の原因

これが実は、不妊ストレスで多い原因のひとつなんです。

旦那さんのご両親だから、誰にも相談できずに、自分の中で溜め込んでしまいがち。

本人たちには言いにくい、旦那さんにも相談できない。

自分の胸にしまい込むしかない。

という悪循環にハマりがちなのが、この旦那さんのご両親からの様々なストレスなんです。

これを円滑に改善する方法は、旦那さん次第なんです。

旦那さんとしっかり話し合いを行なって、旦那さんから直接ご両親に話してもらうのいちばん。

世の中の多くの妊活中の女性が抱える問題なので、男性がこの部分を読んだら、自分はできているのか?奥さんは大丈夫なのかを考えてください。

これ本当に大事です。

旦那さんのご両親のプレッシャーに押しつぶされそうになって、誰にも言えずに苦しんでいる女性が本当に多いんです。

不妊ストレスになることを言われた時のおすすめの対処法は?

以前に比べると、 妊娠や出産に対する質問やその事自体を話題にすることが、マナー違反という認識が広がりつつある印象があります。

しかし、未だにそういったことを直接的に言ってくる人もいますし、TVや雑誌で特集が組まれることもあるので、素人でもそれっぽい知識を持つ人が増えています。

もちろん素人のアドバイスなので、妊活に100%役立つわけではありません。

でもアドバイスをする本人はそうは思っておらず、間違いなく、その方法やその食品が効果的だと考えています。

だから、あなたに本気で妊娠に関するアドバイスをするわけです。

ではどうするべきなのか?

ハッキリ「やめて欲しい」と伝える

これが最も簡単で、確実な解決方法です。

でもヒステリーの様に「もうやめて〜」という伝え方とかではありませんよ。

ちゃんと前置きをしてください。

「 私のためにアドバイスしてくれるのはうれしいんだけど・・・」とか、「 本当に心配してくれるのはありがたいんだけど・・」など。

こういう一言を伝えた上で、「今はその話しにふれられたくないので、そっとしておいて欲しい」というのがいちばんです。

殆どの人は、こちらがきっちり話をすることでわかってくれます。

それでもわからないような人とは、一定期間距離を置くのもひとつの方法です。

旦那さんには味方になってもらう

良かれと思ってアドバイスをしてくれる人や、何も考えずにズケズケと踏み込んでくる人。

妊活をして、赤ちゃんを欲しいと考えていると、普段よりも様々な状態の人に出会うことが増えますし、自分の心の余裕がなくなりがちです。

そんな妊活中の女性にとって大事なのは、「本人の心の状態と旦那さんとの信頼感」です。

この心の平穏を保てるのは、旦那さんの理解度なんです。

その為にも旦那さんには、心の悩みをしっかり打ち明けるようにしましょう。

感情的にならずに悩んでいることをしっかり説明すれば、必ず強い味方になってくれます。

そして旦那さんは、妊活中の奥さんをしっかり支えてあげてください。

妊活とは、夫婦二人三脚の問題です。

お互いに理解して信頼し合うことで、周りの雑音が気にならなくなったり、関係性が高まることが妊娠への近道だったりもします。

ぜひ、お互いにとって良いパートナーになりましょう。

旦那さんに、子供がほしいと思わせるには?

不妊ストレスの原因のひとつに、夫婦の温度差もあります。

奥さんは赤ちゃんが欲しいと思っていても、旦那さんはまだ子供が欲しくないという状態です。

その状態が続くと、奥さんの赤ちゃんが欲しいという気持ちが常に空回りをして、不妊ストレスになっていきます。

旦那さんが子供を欲しがらない理由は様々ですが、

  • 経済的に余裕がない
  • 今は2人の生活を楽しみたい
  • また父親になる自信がない

など、幾つかの考えられる理由があります。

なかには、一生子供は欲しくないという人もいますので、妊活をしようとか、赤ちゃんが欲しいと思った時には、旦那さん気持ちをしっかり確認しましょう。

旦那さんがまだ欲しいと思っていない

旦那さんがまだ赤ちゃんが欲しいと思っていなかったり、少し尻込みしている様な状態なら、あなたがすることはひとつ。

なぜ赤ちゃんが欲しいのかを、時間をかけてでもしっかり説明することです。

どれだけ時間がかかるのかを考えるのではなく、どうすればお互いの気持ちのズレを解消できるのかを考えましょう。

特に女性年齢が問題になる場合、高齢出産のリスクや赤ちゃんへの影響、不妊治療への不安などをしっかり説明することが大事。

この話し合いをすることは、自分の気持ちや考えの整理にもなります。

自分が赤ちゃんが欲しい理由が明確になることは、親になるための気持ちの準備や整理にもつながりますので、お互いにとってメリットがあること。

いずれにしても感情のぶつけ合いや押し付け合いではなく、理論的な話し合いが必要です。

こういった話し合いをしっかりせずに、感情だけで妊娠してしまい、家族関係が冷え込んでしまっていれば、何のために妊娠&出産したのか。

生まれてきた赤ちゃんもなぜ?と感じてしまうでしょう。

赤ちゃんが必要なのではなく、赤ちゃんを含めた幸せな家庭を築くのが目的のはず。

本来の目的は、ここでも見失うことがないようにしましょう。

不妊が原因で離婚することも

こういうこともあるんです。

妊娠や不妊治療に対する考え方が違うことをきっかけにして、夫婦関係が破綻して離婚してしまったり、旦那さんの無精子症が発覚し、精神的に追い詰めてしまう。

さて、あなたが望む妊娠とはそういった話でしょうか?

間違いなく、幸せな家族計画ですよね?

であれば、もし旦那さんとあなたの間に妊娠や妊活に対する温度の違いがあるなら、早い段階からしっかりうめておくのが必須。

それを放置して、片方の気持ちだけで突き進んでしまうとこういったことも起こりがちです。

妊娠や出産は、その瞬間の話ではありません。

そこから子供が成人するまでの20年間は、しっかりと子育てしないとダメなんです。

だから最初に、お互いの気持ちを理解しあうことは大切。

そこを理解して、お互いの気持ちを整理する良いタイミングだと考えて、しっかり話し合いを行いましょう。

不妊ストレスの対処法は?溜まったストレスは解消!

溜まったストレスに押しつぶされそうになった時に、何よりも心の支えになるのが、信頼している人からのアドバイスです。

お母さんや姉妹、旦那さん、友人、不妊治療で通院中の人なら、担当医師や担当カウンセラーなど、あなたの状態を理解した上で、相談に乗ってくれる人。

そんな人と話をするのが最も良いでしょう。

もし身近にそういう人がいないのであれば、同じ境遇にいる人と雑談をするだけでも、気持ちがぐっと軽くなるでしょう。

人に相談するほどではないと思っているなら、 インターネットの掲示板なども良いでしょう。

妊娠や妊活、不妊や不妊治療など、あなたと同じ悩みやストレスを持っている人の書き込みを見るだけでも効果的。

実際にどうやって対処してきたのかも書かれているでしょうし、同じ境遇の人がいるという事がわかるだけでも、元気づけられるかもしれません。

ストレスに押し潰される前に発散する

これは不妊ストレスだけの話ではありません。

誰でもある程度まではストレス耐性があり、耐えることができますが、その先で精神と体のバランスが乱れます。

そうなったらもう最後。

妊娠を考えているなら、ホルモンバランスも整えなければならないのに、自ら踏み外して乱すようなものです。

だから、余裕のあるうちにストレスを発散するんです。

旅行に出かけたり、外食してみたり、1日中好きなことをしたり、カラオケに行ったり・・・あなたにあったストレス発散法を実践してください。

なかには、ストレス発散に引っ越しをしたら環境が変わったこともあり、妊娠してしまった。なんて人もいます。

引っ越しは気軽にできることではありませんが、あなたが気付かないことがストレスの原因になっていることもあります。

健康で元気な赤ちゃんを産みたいなら、ストレスはできるだけ溜め込まない。

そのことを意識することが大事です。

ストレスとの上手な付き合い方とは

とは言っても、ストレスと無縁な生活を送るのは難しいでしょう。

であれば、上手な付き合い方を知っておけば良いんです。

周りを気にしない

これができればいちばん簡単かもしれませんが、なかなか難しい話です。

両親や親戚の期待を感じつつも、あまり気にしないという強い精神力を持つことが大切。

自分を見つめ直す

何もしない。何も考えない日を作って、自分自身を向き合ってみるのもよいです。

体が休まることで、心にもリラックス効果が期待できます。

頑張りすぎない

日本人は、つい頑張りがちです。

でも頑張っても答えが出ないときもある。自分を否定するのではなく、肯定してあげることで、良い効果が出ることも。

ストレスが原因で不妊症に。性機能障害とは?

不妊は、心と体のバランスが問題で起こることもあります。

不妊とは何も生殖機能や、体に問題があるから起こるというだけの話ではありません。

心の問題(特にストレス)が、原因になることも多いんです。

ストレスを感じると、大脳の神経細胞が刺激され、ホルモンバランスが乱れます。

オス化女子。

月経が止まったり、髭が生えたりするのは、完全にストレスが原因で起こっている体の変化です。

さらに、ストレスが原因で上手くセックスができない性機能障害がここ数年増えています。

以前は男性にしかなかった症状ですが、女性にも性機能障害で悩んでいる人が増えているんです、

男性の性機能障害

男性の性機能障害は、性交時に勃起できないEDや、勃起に問題がないのに射精できない射精障害があります。

これらの解決策は、夫婦で話し合ってセックスに集中できる環境作りをすることが大切です。

ED(勃起障害)

マスターベーションでは勃起するのに、セックスの時には勃起しない。あるいは勃起が持続しないことを ED(勃起障害)と呼びます。

心身の両面が原因になることが多いですが、殆どがストレスなどの心的要因。

夫婦で良く話し合い、不安感を払拭してからセックスに集中できる環境作りを行なうのが基本です。

バイアグラなどの勃起力を高める薬を使用するのもひとつの方法ですが、高血圧や胃薬との併用はできませんので、その点は注意が必要。

勃起障害がない男性がバイアグラを使用すると、勃起が収まらなくなることもありますので、仕様時には注意が必要です。

射精障害

射精障害には、早漏や遅漏、逆行性射精、膣内射精不能などの症状がありますが、不妊症の原因になるのは、 膣内射精不能です。

これはマスターベーションでは射精できるのに、膣内では射精できない症状のことです。

普段のマスターベーションの際に手のひらで強く握るなど誤った方法で行って言うことが原因。

正しいマスターベーションの方法を学んで、徐々に改善していくことが大切。

女性の性機能障害

EDの女性版である、 FSDに悩む女性が増えています。

女性はパートナーとの関係が悪化すると、セックスそのものに嫌悪感を抱くようになり、これが原因で大きな障害になります。

FSD(女性性機能障害)

FSDはEDよりも原因が心にある場合が多く、日々のストレスや性に対する教育や性的なトラウマが原因。

症状としては、性欲低下や性嫌悪症、性興奮障害や性交疼痛障害などがあります。

FSDの治療法には、バイアグラのような特効薬はなく、夫婦で受けるカウンセリングが最も効果が高いと考えられています。

ワギニスムスという性交時に膣が収縮してしまう症状の場合には、条件反射を無くすために小さなものから、徐々にサイズアップさせるのが効果的。

タンポン→自分の指→旦那の指→男性器という順ですが、プラスチック型の練習器具もあるので、医師に相談してみましょう。

FSDの症状とは?

性嫌悪症とは、性欲の低下や体を触れられることへの嫌悪感を示す症状のこと。

性交分障害とは、刺激を受けても興奮反応が起きず、膣が濡れない症状のこと。

性交疼痛症害には、 性交疼痛症とワギニスムスと非成功性的疼痛の3つの症状があります。

性交疼痛症とは、セックスの際に強い痛みが一定以上継続する症状のこと。

ワギニスムスとは、挿入時に膣が無条件に収縮を起こす症状のこと。

非成功性的疼痛とは、抱擁などのセックス以外の性的な刺激で性器に疼痛が生じる症状のこと。

不妊ストレスは夫婦でカウンセリングを受けるのも解決法!

心の悩みは、それぞれで解決するのもひとつの方法ですが、夫婦でカウンセリングを受けるもの良い解消法です。

なかなか妊娠できないとか、夫婦でお互いの意見が食い違うとか・・・妊活を行っていると様々な問題に直面することもあります。

時間をかけて話をしてもなかなか解決できなかったり、周りに相談する人がいないとか、そんな時はカウンセリングを受けるのも方法のひとつ。

一般的な心理カウンセラーでも良いですし、 不妊専門カウンセラーでもよいでしょう。

不妊治療病院や不妊相談所には、「不妊カウンセラー」が所属し、勤務していることもあります。

不妊治療の決定や、不妊治療の方針なども夫婦で相談しながら決めることができますので、お互いに納得した形で進められます。

体外受精カウンセラー」もいる。

体外受精カウンセラーとは、日本不妊カウンセリング学会が認定した体外受精のコーディネーターです。

最近では、妊活をサポートするカウンセラーの数が増えつつありますので、ふたりだけ抱え込まずに、カウンセラーの協力も得ながら、上手く乗り越えていきましょう。

不妊ストレスも一般的なストレスも、大きな違いはありません。

自分一人で抱え込まずに、しっかり話し合いをしたり、発散したり・・・

解決法はいくらでもありますので、悩みすぎて取り返しのつかない状態になる前に、しっかり解消して、妊活に集中できるようにしていきましょう。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

Vラインの脱毛が不妊の原因や、妊娠に影響が出ることはあるの?

Vラインの脱毛が不妊の原因や、妊娠に影響が出ることはあるのかというこが気になっている人も多いと思います。 アンダーヘアがないと産婦人科…

電気毛布は妊活中に使うべき?妊娠や電磁波の影響や基礎体温は?

電気毛布は妊活中に使うべきなのか、それとも使わない方が良いのか?気になっていませんか。 電気毛布を使うことで電磁波の影響を受け、基礎体…

カフェイン摂取が妊活に与える影響と流産との気になる関係は?

妊活中のカフェイン摂取は、女性だけはなく男性にとっても良くない影響が出ることがあるようです。 実際にどのような関係性があるのか?特に気…

ポテトチップスは不妊の原因、妊活中なら間食で避けたいポテチ!

妊活中なら男性も女性もスナック菓子のポテトチップスを間食に食べると、不妊の原因になるのを知っていますか? ポテチが問題なのは、単にハイ…

ピルが妊活に効果的って本当?副作用や妊娠率に悪影響がないの?

過去に生理不順や避妊を目的にして、ピルを服用したことがある女性の妊娠率が高くなるという噂がありますが、本当なのでしょうか? 実際にピル…

うつぶせが妊娠しやすい?子宮後屈の人は妊活中の体位が大事!

妊活中の性行為後に、うつぶせで過ごすと妊娠しやすいというのは本当でしょうか。 子宮後屈の人は、性行為後にうつぶせで過ごすことが大事な理…