妊活中の性行為後に、うつぶせで過ごすと妊娠しやすいというのは本当でしょうか。

子宮後屈の人は、性行為後にうつぶせで過ごすことが大事な理由とは?

気になる子宮の向きと、うつぶせの関係や妊娠に対する影響を解説します。

うつぶせが妊娠しやすいのは全員ではない!

これは最初に理解して欲しいことですが、全員にうつぶせが効果的なわけではないんです。

この点を誤解してしまうと、妊娠力を低下させることになりますので、最初にお伝えしておきます。

性行為中の体位や性行為後のうつぶせ寝が推奨されるのは、「子宮後屈」の場合のみ。

正常な位置に子宮がある人の場合、うつぶせは逆効果ですので、まずは子宮後屈かどうかを知ることが大切です。

子宮後屈とはどんな状態なのか?

子宮後屈とは、一般的な子宮の入り口と形がお腹の方に向いて倒れているのに対し、子宮の入口も傾斜も背中側にある状態のことで、10人に1〜2人いると言われています。

子宮後屈の傾きには個人差があり、少し傾いている状態の人や、完全に背中の方を向いている人などその状況が大きく変わります。

しかし子宮後屈に関しては、痛みなどの自覚症状もなく、現在では特に治療の必要がない症状だと考えられているので、気づかない人も多いんです。

子宮後屈の原因と気になる症状とは?

子宮後屈になる原因は主に2つだと考えられています。

  • 先天性の遺伝による子宮後屈
  • 後天性の疾患による子宮後屈

母親や家系に子宮後屈の人がいる場合、先天的に子宮後屈の状態で生まれてきますので、そういった子宮後屈であれば、特に妊娠以外に影響が出ることはありません。

後天性の疾患による子宮後屈はやや問題。

子宮内膜症や骨盤内の炎症がきっかけで、子宮が背中側の臓器や骨盤壁に張り付いてしまい、子宮後屈の状態になっています。

疾患性の子宮後屈の場合、生理痛や排便痛、性交痛などの症状が出ることもありますので、いずれかの症状で悩んでいる場合には、子宮後屈かどうか検査してみると良いと思います。

子宮後屈かどうか、簡単な検査でわかる

子宮後屈かどうかは、内診か超音波によるエコー検査でわかります。

内診で検査した際には、癒着の有無も判断することができるので、症状の改善にも役立ちます。

超音波のエコー検査なら、直接膣内に指が入ることもありませんので、そういったことに抵抗がある人でも気軽に子宮後屈かどうかを知ることができます。

癒着が強い事がわかった場合には、原因を特定する検査を追加することもあります。

子宮後屈が不妊の原因になるのか?

子宮後屈自体は不妊の原因とは断定されていませんが、疾患性の子宮後屈の場合、その症状が不妊症の原因になることもあります。

子宮内膜症や骨盤内膜炎をきっかけに起こる子宮後屈の場合は、治療を優先することもありますので、状況に応じて変わると考えるべきでしょう。

先天性の子宮後屈も、精子が子宮内部に入りにくかったり、受精卵が落ちてしまい着床するのに時間がかかり、着床力が低下することも懸念されます。

しかし子宮後屈でも妊娠できている人はいますので、悲観的に考える必要はないでしょう。

子宮後屈ならうつぶせ寝で妊娠しやすくなる!

子宮後屈の人の子宮口と子宮前のくぼみの形状が、うつぶせになることで妊娠しやすい状態になるんです。

子宮後屈の人の子宮口の前のくぼみは、実は仰向けだと精子が溜まった状態でも子宮口に触れることがないんです。

だから性行為中や性行為後にうつぶせになることで、その状態を改善し、子宮口に精子が触れる状態にする必要があります。

ちなみに、子宮後屈の場合には、性行為後に10〜30分ほどうつぶせの状態で過ごすとより効果的だと言われています。

そんなに・・・と思うかもしれませんが、それをしないと精子が子宮内に到達しにくいので、受精も妊娠もできない。

そう考えると、子宮後屈のチェックと旦那さんやパートナーへの説明と理解を求めることの重要性もわかると思います。

子宮後屈は出産で治ることもある!

先天性の子宮後屈の場合、妊娠&出産で子宮後屈の状態が改善されるということも多いんです。

だから、妊娠&出産も問題ないですし、第2子の妊娠時には、うつぶせの必要がなくなるかも。

ただ癒着が強く後屈が酷い場合には、帝王切開でないと出産できないこともあります。

いずれにしても、妊活前に検査したり、妊娠中のエコー検査などを通じて、産婦人科医と相談しておくと良いでしょう。

どんな姿勢が妊娠しやすいのか?そのことを知るためにも、妊活中や妊娠を考えている人は、一度子宮の向きや形状について、知っておくのも大切なことかもしれません。

そうすることで、妊娠力を高めることにもつながりますので、自己判断で考えずに専門家の意見にも耳を傾けましょう。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

栄養ドリンクは妊活に効果的ではなく不妊の原因になるって本当?

妊活中に栄養ドリンクを飲むと、元気が出て妊活に効果的ではなく、不妊の原因になる可能性があるんです。 実際に栄養ドリンクを飲むことで起こ…

貧血が不妊の原因、フェリチン不足は妊娠できないって本当なの?

貧血が潜在的な不妊の原因だということを知っていますか、特に鉄分欠乏症の女性は妊活前に症状の改善を行うべきなんです。 貧血と言っても、ヘ…

ミロは妊娠力が回復し妊活に役立つ飲み物?意外な効果とは?

ココア味のミロが、妊娠力が回復して妊活に役立つ飲み物だと言われていますが、本当なのでしょうか? 麦芽飲料のミロを妊活中の女性が飲むこと…

妊活に疲れた。生理後のストレス解消は妊娠力の向上に役立つ?

妊活を頑張れば頑張るほど、生理が来たりすると、妊活に疲れたと感じることがありますよね? 実は多くの女性が妊活疲れを経験し、それを乗り越…

アロマや精油の効果が妊活にオススメ、不妊の原因を改善するの?

精油オイルを使ったアロマテラピーやの効果で、不妊の原因を改善して妊娠力のアップに役立つ効果が期待できます。 実際にどのような効果がアロ…

2日に一回と3日おき、妊活で妊娠しやすいセックスの頻度は?

妊活で妊娠しやすいセックスの頻度は、2日に一回でしょうか、それとも3日おきの方が良いのか。 実際にタイミング法で排卵日を挟んで行う、セ…