Vラインの脱毛が不妊の原因や、妊娠に影響が出ることはあるのかというこが気になっている人も多いと思います。

アンダーヘアがないと産婦人科の診察時に恥ずかしいと思う人もいますが、実はVラインの脱毛をサロンでする人が増えていますので、そこまで珍しいことではありません。

実際にVラインの脱毛が妊活中でも問題がないのか、妊娠に悪影響を与えないのかなど、ビキニラインの脱毛について紹介します。

Vラインの永久脱毛を行っても、不妊の原因にはならない!

Vラインだけではなく、最近は多くのエステサロンでVIO脱毛を検討・実際に行っている人が増えています。

そんなあなたに最初にお伝えしたいことは、一般的な光脱毛やレーザー脱毛でVラインの処理を行っても、妊娠力に影響を与えることはないということ。

基本的に光脱毛やレーザー脱毛が影響を与えるのは肌の表面部分のみで、そこにある色素に反応して脱毛効果を実感できます。

もし肌表面だけではなく、内臓や骨にまで影響があるのであれば、妊娠どころか日常生活にも悪影響が出ます。

普通に皮膚の下には、毛細血管や動脈や静脈などもありますが、全く影響を受けていませんよね?

子宮や卵巣などの臓器は、体の深部にあるので、下腹部に光脱毛やレーザー脱毛をしても、そこまで影響を及ぼすことはありません。

だからVIO脱毛をしたことが原因で不妊になるということはありませんし、逆にVラインやVIO脱毛をしておくと、妊娠&出産時には非常に役立つ効果も期待できるんです。

妊活中や不妊治療中のVラインの脱毛は悪影響なのか?

最初にお伝えしたいのは、ほとんどの光脱毛やレーザー脱毛を行っているエステサロンでは、妊娠中の脱毛はすべて中止になっているということ。

逆にそれ以外の状況であれば、Vラインは生理期間を除いて脱毛を行うことができます。

ワキ脱毛やヒザ下、ヒジ下などだけではない、VラインもVIO脱毛も全く問題ありません。

そういった点から考えても、妊活中でも不妊治療中でも、Vラインの脱毛を行うことはまったく問題がありません。

だから妊活中でも不妊治療中でも、妊娠が確定するまでサロンで脱毛を行い、一旦休止するというのが良いでしょう。

その為にも脱毛サロンを選ぶ際には、事前に無料で休止できるサロンを選んでおくと授乳が終わってから再開できますので、非常に安心ですし、損はありません。

エステサロンの中には、手数料がかかったり、休止期間が決まっている場所もありますので、そういったサロンを選ばないようにしましょう。

立ち会い出産を望むなら、足やVラインの脱毛は必須!

旦那さんに立ち会い出産をしてもらいたいと考えているあなたにアドバイスをすると、妊娠してどんどんお腹が大きくなると、脱毛することが難しくなります。

臨月のタイミングで破裂しそうに大きくなったお腹で、ヒザ下の脱毛は本当に無理です。

Vラインどころか、ヒザ下がすね毛ボーボー状態で立ち会い出産に望むとか、あまり考えたくない話ですよね?

でも実際に多くの妊婦さんが産後の後悔に、脱毛しておけばよかった・・・というものが多いのも実際の話。

カミソリやシェーバーで自分で脱毛しているのなら、Vラインではなくヒザ下だけでも永久脱毛しておくと妊娠時に面倒なことがひとつ減りますので、それだけでもストレスから開放されますよ。

VIO脱毛は産婦人科や不妊治療外来で恥ずかしい思いをする?

VIO脱毛でも、全てツルツルにする人もいれば、きれいなデザイン脱毛をする人もいたり、人それぞれです。

実際にどこまで処理するのかにもよりますが、日本人女性の間でもVIO脱毛が一般的になってきたこともあり、産婦人科でも特に違和感なく通院できます。

実際に産婦人科のナースの友達にも聞いてみましたが、最近は処理している人が増えているし、ナースさんからしても、VIO脱毛している人は、衛生面でもおすすめだと感じているのだとか。

だからあなたが心配するほど、珍しいことでもなく、逆にボーボー過ぎる方がナースはびっくりするのだとか。

確かにVIO脱毛をしていると、生理の時にも経血が絡みつかず、衛生的だし、処理が簡単という話も聞きますので、そう言われると納得できます。

VIO脱毛は恥ずかしいことではなく、身だしなみのひとつだと考えておいて問題なさそうですね。

妊娠中にVライン脱毛や全身脱毛ができない理由とは?

これはエステサロン側のリスク回避と妊婦さん独特の理由があります。

エステサロン側のリスク回避というのは、光脱毛やレーザー脱毛は肌の表面にしか影響がないことがわかっているものの、万が一胎児に何かあった際に訴えられかねないというリスク回避。

エステサロン側に落ち度がなくとも、人の感情は簡単ではなく、何かしらの理由を見つけようとすることもあり、どのエステサロンでも妊婦さんへの脱毛の施術は行っていないようです。

妊婦さん側の理由には、

  • 妊娠中の脱毛は、脱毛効果が弱まる
  • 妊娠中の脱毛は、肌トラブルが起こりやすくなる
  • 妊娠中の脱毛は、毛を太くしたり硬くする可能性がある
  • 妊娠中の脱毛は、毛の量が増えやすい

妊婦さんが脱毛をしても、脱毛効果を実感しにくいだけではなく、逆に毛を濃くしてしまう可能性があるので、妊娠中は脱毛を行わないサロンが多いんです。

妊活中の女性におすすめのVラインやVIO脱毛のエステサロンは?

VラインやVIO脱毛が不妊の原因にならないこと、妊娠前に脱毛を行っておくことのメリットなどもわかったと思います。

でも実際にどのエステサロンがおすすめなの?と疑問に思う人もいらっしゃると思うので、どこがおすすめなのかを簡単に紹介したいと思います。

妊活中や不妊治療中ということで、妊娠を前提に考えておくことがエステサロン選びの基本。

特にどのような点に気をつけてサロン選びを行えばよいのかを簡単に紹介します。

妊活中や不妊治療中の脱毛サロン選びの基本とは?

いつ妊娠しても良いというとが前提条件になりますので、

  • 休止や再開に関する手続き
  • 休止期間中の脱毛費用の支払い
  • 脱毛再開時期の基準が明確か
  • 休止後でも保証が受けられるか
  • 脱毛費用が打倒な価格か
  • 脱毛サロンの施術技術は高いか
  • 脱毛サロンへの通院回数はどの程度か
  • 予約は取りやすい脱毛サロンか

これらの基準を踏まえると、私がおすすめするのは、1位シースリー、2位ミュゼプラチナムという順番。

シースリーが妊活中の女性のVライン脱毛におすすめの理由とは?

シースリーが1位なのは、脱毛期間が短く、そして永久保証制度があることで、休止期間終了後、いつでも脱毛を再開できるところ。

しかも完全個室対応なので、プライバシーも保護されているし、何よりも上質な空間で全身脱毛を行うことができる点です。

全国29の都府県にしかありませんが、それでも予約が取りやすい脱毛サロンとして非常に人気ですし、何よりも支払い体系が明確なので、安心して支払うことができます。

最近ありがちな安売りを元にした脱毛サロンではないので、脱毛難民のような状態になる危険性もなく、安心して脱毛に通うことが可能。

しかも休止や再開は手間なく、普通に通院を自分で予約すればOKなので、非常に簡単です。

ただ支払いの部分だけをしっかり理解する必要があります。

  • フラットシースリー
  • スキップシースリーA
  • スキップシースリーB

という分割払いの場合には、途中で支払いを中止することができませんので、妊娠前に全額払えるか?もしくは妊娠しても支払い続けられるかだけ確認しましょう。

最初に一括払いで支払った場合には、あなたの都合でいくらでも予約を変更できますので、支払いタームに関する部分だけチェックが必要です。

それが以外のポイントを踏まえると、やはり妊娠しても安心ですし、妊娠後に毛が濃くなっても永久保証なので、いつでも処理してもらうことができますので、非常に安心です。

妊活で忙しい女性にも、他の機械よりも短期間で施術が終わるので、時間的な部分でもメリットが。




妊活中のVライン脱毛に最もおすすめなシースリーの情報をチェックする

ミュゼプラチナムが妊活中の女性のVライン脱毛におすすめの理由とは?

ミュゼプラチナムが2位なのは、休止や産後の再開がしやすくて、期限もないところや、部位ごとのメニューが充実している点。

しかもエステサロンには珍しい解約に関する全額返金保証制度もあるので、妊娠を機に脱毛自体を止めたいと思っても安心して対応してもらえるところ。

ただ返金内容は申込みを行うコースによって、若干変わります。

  • 回数制のコース→施術を終えた回数分を差し引いた料金のみ返金
  • 美容脱毛完了コース→契約から1年以内の解約のみ全額返金

という規定になっていますので、美容脱毛完了コースで1年以上経過している場合には、返金してもらえないので、休会手続きが必要です。

ミュゼプラチナムの休会手続きは、電話1本で完了しますので、妊娠が発覚したら、ミュゼプラチナムコンシェルジュデスク(0120-965-489)まで連絡しましょう。

もし解約を希望する際には、契約店舗に行く必要がありますので、そこで手続きをしなければなりません。

このような規定がありますので、妊活中や不妊治療中でミュゼプラチナムで脱毛をする際には、美容脱毛完了コースで契約するのがおすすめ。




妊活中のVライン脱毛におすすめのミュゼプラチナムの情報をチェックする

出産後にエステサロンで脱毛を再開できる条件とは?

最後にどのような条件を満たせば、産後の脱毛を再開できるのか?ということについて紹介します。

シースリーの場合は、

  • 出産・授乳終了後
  • 生理が順調に来ていること

ミュゼプラチナムの場合は、

  • 出産・授乳終了後(母乳が完全に出なくなっている)
  • 生理が2回以上順調に来ていること

概ね大きな違いはありませんので、授乳と生理だけを基準に考えておけばよいでしょう。

妊娠や出産を経ることで、女性はホルモンバランスの変化の影響で、体毛が薄くなったり濃くなったりと・・・様々な変化をしますが、通常時のホルモンバランスに戻ればまた元通りです。

若干、毛足が長くなることはありますが、妊娠中期〜後期にかけて抜け落ちた毛もまた生えてきますので、脱毛と無縁になることはできません。

いずれにしても、VラインやVIO脱毛が原因で不妊になることはありませんし、脱毛しておくことで妊娠中のストレスや手間が減ることは間違いありませんので、私の経験上、悩むくらいなら脱毛してしまった方が良いと思いますよ。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

甘酒が妊活に効果的、飲む点滴は女性の妊娠力のアップに役立つ!

飲む点滴と言われる甘酒を妊活に役立てると、本当に効果的に妊娠力がアップします。 実際にどんな甘酒が良いのか、酒粕と米麹のノンアルコール…

L-カルニチンが妊活に効果を発揮、男女共に不妊症を解消する?

L-カルニチンをサプリメント等で補充すると、妊活に役立つ効果を発揮すると言われています。 L-カルニチンは男女共に不妊症を解消したり、…

バランスボールで妊活。妊娠力が高まる運動方法を紹介します!

バランスボールを使ったストレッチや骨盤矯正が、妊活に役立つ効果があるのを知っていますか? 妊娠力が高まると話題のバランスボールエクササ…

妊活中の排卵日に頭痛薬を飲んでも大丈夫、胎児への影響は?

妊活中の排卵日に市販の頭痛薬や風邪薬を飲んでも大丈夫なのでしょうか? 着床に影響が出て妊娠できないとか、胎児に影響が出たりしないのか気…

妊活ノイローゼは不妊の危険。ストレス発散法を考え実行しよう!

妊活中にストレスを溜めすぎると、ノイローゼ気味になったり、精神的なバランスが乱れがちに。 そんな状態では、女性の妊娠力が低下し、妊活を…

コレステロールも妊活に必要、妊娠体質を目指すなら大切だった。

妊活中に妊娠体質を目指しているのなら、コレステロールの摂取も必要だということを理解していますか。 悪玉コレステロールと言えば、健康に悪…