菌活で善玉菌を摂取して、腸内環境を改善すると妊活にも良い効果があるって本当でしょうか。

妊娠と腸内環境の関係がなぜ大切なのかを、体質改善の観点からも紹介。

不妊症に悩んでいるなら、積極的に善玉菌が優勢な腸内環境に改善しましょう。

菌活で腸内環境を改善することが妊活に役立つ理由は?

数年前に菌活がブームになったこともあり、腸内環境を改善する菌活が健康管理に重要な影響を与えることを知っている人も多いですが、実は妊活にも役立つんです。

菌活で目指すのは、悪玉菌優位の腸内環境を善玉菌優位の状態に改善して、腸内環境を良い状態に保つこと。

腸内環境は腸内フローラとも呼ばれ、美容や健康に非常に重要な影響を与えています。

特に腸内環境が悪化すると、食べたものを消化したり吸収したりする能力が低下し、どれだけ健康的でバランスの良い食生活を送っても意味が無いんです。

人間は食べることが大事なのではなく、食べ物を消化吸収することで、はじめて栄養として活用することができるようになります。

だから、腸内環境を正常化することは、健康面でも重要で、妊娠力にも重要な影響を与えるわけです。

腸内環境が悪化するとどんなことが起こるのか?

あまり考えたくない話ですが、悪玉菌優位の腸内環境では、悪玉菌が活発に活動し、腸内にある食べかすを腐敗させ、有毒ガスや有害物質を生み出します。

腸内で増えた有毒ガスや有害物質は、腸壁から吸収され、血液の流れに乗って全身を駆け巡ります。

食べかすが腐敗することで生まれたものといえば、イメージしやすいのは生ゴミ。

生ゴミから発生した有毒ガスや有害物質が全身を駆け巡っているとか、絶対に健康に良いはずはないですよね?

逆に善玉菌優位の状態だと、発酵が起こります。

発行と腐敗。同じ原料でも出来上がって来るもののイメージは完全に真逆。

だから悪玉菌優位の腸内環境ではなく、善玉菌優位の状態に改善することが大事です。

善玉菌を増やす菌活には、発酵食品がおすすめ

菌活を行う際に最もおすすめなのが、発酵食品を食べる頻度を増やすというもの。

菌活におすすめの食材には、

  • 納豆
  • ぬか漬け
  • 味噌
  • ヨーグルト
  • チーズ
  • キムチ
  • きのこ

などがあります。

日本人が昔から食べてきたような食品が多いので、菌活自体はさほど難しいことではありません。

ただ食品から摂取した多くの乳酸菌は、体内の温度や胃液の影響で、ほとんどが死滅してしまいますので、その点は理解が必要です。

でも死滅したビフィズス菌や乳酸菌でも、腸内にいる善玉菌の餌にはなりますので、全く効果がないということにはなりません。

腸内環境の改善が妊娠に大切な理由とは?

腸内環境を改善して、栄養の消化吸収率を高めるだけが、妊活に役立つ効果ではありません。

正常な腸内環境は、妊娠するために必要だったり、実際に出産時にも良い効果を与えてくれることがわかっています。

実際にどのようなメリットがあるのかを紹介します。

腸内環境が免疫力の正常化や強化に役立つ

免疫力を正常化させることは、健康管理の上でも非常に大切なこと。

実は人間の免疫力の7割ほどを生産しているのが、腸なんです。

腸内環境によって、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の強さが変わり、その結果、免疫力の正常化や強化にも役立ちます。

妊活中の女性にとって、免疫力の低下や暴走は妊娠を妨げる要因。

実は免疫機能が乱れることで、精子や受精卵を異物と認識して、排除してしまうリスクが高まります。

精子を排除すると受精出来ませんし、受精卵を排除すると着床&妊娠できなくなります。

そういったことが起こらないように、免疫機能を正常化しておくことが必須。

免疫系の暴走が、不妊の原因やリスクになるのであれば、早めに改善しておきたいところです。

腸内環境がセロトニンの生成に影響し、ストレスが変わる

セロトニンという物質を知っていますか?

セロトニンは神経伝達物質のひとつで、セロトニンが不足することで人間は不安を感じたり、精神的に不安定な状態になり、ストレス耐性が低下します。

そんなストレスにも影響するセロトニンですが、実は腸内で90%以上も産生されています。

腸内環境が悪化することで、全身のセロトニン量が減少し、ストレス耐性が低下。

善玉菌優位の腸内環境では、セロトニンがしっかり生成されますので、妊活中のストレスを感じにくくなりますし、多少のストレスは気にならなくなります。

腸内環境の改善は、うつ病にも良い影響があることもわかっていますので、セロトニンの分泌量を減少させないためにも、善玉菌を増やすことは大切。

腸内環境が妊婦に多い便秘の改善に役立つ

妊活に成功し、妊娠すると女性の体質が変わることも多く、そのひとつに便秘がちになるという事があります。

妊娠前には、便秘になったことがなく、毎日快調にトイレに行っていた人でも、ホルモンバランスの変化で便秘に。

黄体ホルモンが増えることで、腸のぜん動運動が抑制され、赤ちゃんの成長に合わせ腸が圧迫されます。

運動不足なども重なって、妊娠中期に便秘がちになる人が多いんです。

そんな時でも腸内環境が正常であれば、便秘になりにくかったり、便秘になってもそこまで悪化せずに済みますので、腸内環境は意識すべき。

妊娠中は出来る限り、下剤や市販薬を使わない方が良いので、水分をしっかり摂取したり、食品などから乳酸菌やビフィズス菌を補って、腸内環境を意識しましょう。

腸内細菌は出産時のママからのプレゼント

お母さんの体内にいる際の赤ちゃんの腸内細菌は、実はなにもいない無菌状態。

それが出産時に産道に鼻や口をこすりつけて出てくることで、細菌に感染し、腸内細菌として定着するようになります。

だから、どんな腸内細菌をプレゼントしてあげられるのかは、非常に重要な話です。

生まれた瞬間から悪玉菌ばかりよりも、良質な善玉菌をプレゼントしてあげたいですよね?

その意味でも、しっかりと善玉菌優位の腸内環境を整えておくことが大切です。

善玉菌を優位にするには、なによりも継続が大事!

菌活で腸内環境を改善することが、妊活でも非常にメリットが多いことがわかったと思います。

もうひとつ大事なことを伝えておいくと、腸内細菌を良い状態に保つには、継続が大切。

サプリメントなどで腸内細菌を腸に送り届けても、そのほとんどが数日で便と一緒に排泄されてしまいます。

だから一時的に取り組むのではなく、継続して腸内環境を意識した生活を送ることが基本。

善玉菌を意識して摂取し続けることが、腸内環境を根本から改善することになり、妊娠しやすい体質に変化していきます。

腸内環境が改善すれば、美容も健康も同時に手に入れることができますので、産後の育児にもプラス効果が。

ぜひしっかりと考えて取り組んでみてください。

あなたの妊娠力も高まり、良い腸内細菌を赤ちゃんに渡すこともできるようになりますよ。


>>もしかして、妊活の情報収集だけしていませんか?<<

情報収集も妊活には重要な事ですが、妊娠力がそれですぐに高まるのかは別の話。

妊娠力が高まる方法や、妊娠に必要な情報だけをさらに厳選紹介!



私の妊活で役立った妊活向きのサプリメントをだけを紹介しています。

短期間で妊活を成功させたいなら、第1位の情報を今すぐチェック!

 

妊活するなら、葉酸サプリメントを摂取するのは基本だけど、何が良いの?と悩んでいるのなら・・

香りもよく、豊富な葉酸をしっかり摂取でき、妊娠初期でも飲み続けられた、はぐくみ葉酸がおすすめ。

【私も愛用した葉酸サプリメント】はぐくみ葉酸の詳細を今すぐチェック!

レモンの葉酸だから、柑橘系の香りで一番の飲みやすさが魅力! 妊活中→妊娠中→産後の体調管理にまで活用することができますよ!

関連記事

ミロは妊娠力が回復し妊活に役立つ飲み物?意外な効果とは?

ココア味のミロが、妊娠力が回復して妊活に役立つ飲み物だと言われていますが、本当なのでしょうか? 麦芽飲料のミロを妊活中の女性が飲むこと…

ペパーミントは妊活に役立つハーブ?活用方法とその効果を紹介。

ペパーミントは妊活に役立つハーブだと言われていますが、実際にどのような効果や効能が期待できるものでしょうか? ペパーミントの基本的な情…

妊活中の病院デビューのタイミングは?妊娠希望なら早めが基本!

妊活中に病院デビューをすべきタイミングは、いつ頃なのでしょうか。 不妊に悩んでいるなら、2年が目途と言いますが、本当にそうなのでしょう…

葉酸サプリメントの選び方と効果。妊娠初期の摂取でリスク軽減!

妊娠中や妊活中の女性には、葉酸サプリメントの摂取が基本だと言われる理由は? 葉酸サプリメントを妊娠初期に摂取することで、どのような効果…

不妊ストレスが原因で妊娠できない。役立つ解消法でその影響を排除!

不妊ストレスが原因で妊娠できなかったり、生殖機能(男性も女性も)にも影響が出てしまうんです。 そんな不妊ストレスは溜め込まないで、解消…

ポテトチップスは不妊の原因、妊活中なら間食で避けたいポテチ!

妊活中なら男性も女性もスナック菓子のポテトチップスを間食に食べると、不妊の原因になるのを知っていますか? ポテチが問題なのは、単にハイ…